Twitter APIの仕様変更のため、「いいね」の新規取得を終了いたしました

麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 9,797/10,375
  • フォロー 1,028 フォロワー 1,647 ツイート 91,937
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2023年06月
«< 前のページ123のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2023年06月01日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月1日

ミシェル・ビュッシ「恐るべき太陽」読了。南太平洋仏領ポリネシアのヒバオア島に人気ベストセラー作家と彼の熱烈なファンでもある作家志望の女性五人が〈創作アトリエ〉のために集まった。だが作家は失踪、彼女らは意味深なメッセージを残して次々と死体となって発見される。最後に残るのは誰なのか?

タグ:

posted at 11:46:39

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月1日

南の島に集まった人気作家と作家志望の五人の女が次々と他殺体で発見される、クリスティーの「そして誰もいなくなった」を彷彿とさせる長編ミステリ。まず最初に断っておくと本作には「そして誰もいなくなった」のネタバレがあるため未読の方は注意されたい。

タグ:

posted at 11:46:40

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月1日

また本作はお世辞にも読みやすい作品とは言い難く、独特な語り口に加え別々の登場人物による日記や私小説、捜査行が挿入される複雑な構成がそれに拍車をかけていて、自分は読み終わるのに(翻訳物が得意ではないのもあるが)一週間以上かかってしまった。

タグ:

posted at 11:46:40

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月1日

しかしだからといって本作がダメと言うわけでは決してなく、むしろ読み終わってみるとそれらの要因が本作の仕掛けの成立に大いに貢献しているのが分かるだけに評価に困ってしまう。更にオチとしても綺麗に繋がるだけでなく犯人に対する痛烈な皮肉にもなっている点が素晴らしい。

タグ:

posted at 11:46:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月1日

思い返してみると違和感が至るところにあったはずなのに何故か気付くことができなかったのが実に悔しい。本作は読み始めこそ微妙かもしれないが、後半になればなるほど評価が上がっていく、堪え忍ぶ系本格ミステリの秀作である。

タグ:

posted at 11:46:42

2023年06月02日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月2日

中町信「山陰路ツアー殺人事件」読了。宿泊先のホテルで地震に遭遇した九人の男女のうち一人が何者かに殺害された。一年後、追悼旅行が企画され、推理作家で素人探偵の氏家周一郎に事件解明の依頼が舞い込む。追悼旅行に参加して真相を探る氏家だったが、そんな彼を嘲笑うかのように新たな殺人が……。

タグ:

posted at 23:38:06

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月2日

中町作品ではお馴染みの氏家周一郎が探偵役を務める、何人殺されようがなぜか中止にならない恐怖の(?)殺人バスツアーシリーズの一作。事件の構図に関しては「散々引っ張ってこれ……?」と思ってしまうような脱力感が否めないものだが、いざその場面を想像するとちょっと笑ってしまう。

タグ:

posted at 23:38:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月2日

とはいえ過去の事件を絡めたミスディレクションは相変わらずこなれており、特に答えそのものと言っていいある大胆すぎる手掛かりは○。本作ならではのこれといった仕掛けこそないものの、過度な期待をしなければそれなりに楽しめる作品である。

タグ:

posted at 23:38:08

2023年06月06日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月6日

三津田信三「歩く亡者 怪民研に於ける記録と推理」読了。逢魔が時に歩く亡者、度々出現する首無女、檻の中で腹を裂かれた子供と縮む家、目貼り密室で起きた首絞め事件……刀城言耶が講師を務める「怪異民俗学研究室」に出入りする大学生の瞳星愛と若き作家・天弓馬人が怪異譚に潜む謎を解き明かす。

タグ:

posted at 21:37:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月6日

三津田作品ではお馴染みの名探偵・刀城言耶の怖がりな作家の助手と、怪談を語る女子大生が謎解きに挑む連作ミステリ。刀城言耶シリーズの番外編的位置付けの本作は謎の面白さこそあるものの、ミステリとして本家の短編集と同じクオリティーを求めるとさすがに肩透かし感が否めないだろう。

タグ:

posted at 21:37:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月6日

どちらかというとファンサービスの要素が強く三津田作品を結構読んでいるとあの作品やこの作品との思わぬ繋がりに思わずニヤリとなるに違いない。そしてその集大成が最終話であり、ここで明かされるある事実を知るとなぜ本作がこういう形で出されたのかファンならば納得すること請け合いの作品である。

タグ:

posted at 21:37:47

2023年06月07日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月7日

倉知淳「恋する殺人者」読了。大好きな従姉・真帆子の事故死に不審を抱く大学生・高文は数少ない女友達でフリーターの来宮と共に真相を探っていく。担当刑事・鷲津にあしらわれながら捜査を進める高文だが、彼が協力を依頼した人がなぜか次々と殺されていく。一体、何がどうなっているのか?

タグ:

posted at 09:54:34

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月7日

従姉の死の真相に迫ろうとする大学生の高文と彼に恋する殺人者のモノローグが交錯する長編ミステリ。正直言えばシンプルすぎるプロットと帯の文句「ラブコメミステリと思いきや、本格ミステリの大傑作!」のせいで本格ミステリを読み慣れている人間であればすぐに真相に気付くかもしれない。

タグ:

posted at 09:54:34

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月7日

だがたとえ真相に気付いてしまったとしても評価が下がらないのが本作の凄いところで、むしろ主人公がどこで真相に気付いたのかその推理の過程で張り巡らされた伏線の妙は勿論のこと、ある隠されていた事実であっと驚かされることだろう。本作は真相よりも推理の過程に感心させられる佳作である。

タグ:

posted at 09:54:35

2023年06月08日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月8日

大山誠一郎「仮面幻双曲(文庫版)」読了。整形手術を受けて顔を変えた双子の兄・武彦が現社長の文彦を殺そうとしている。先代社長夫人から依頼を受けた私立探偵の川宮兄妹は文彦の命を守るべく琵琶湖のほとりに建つ巨大な洋館で寝ずの番にあたるが翌朝その文彦が自室で殺されているのが発見されて――。

タグ:

posted at 11:40:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月8日

双子を巡る殺人事件の謎に探偵兄妹が挑む、作者唯一の長編ミステリ。自身のことを「短編作家」と称する作者だけにメインのネタは短編を思わせるシンプルなものながらもその大胆な使い方がまず秀逸。尤もそこは単行本版の時からの長所ではあるが残念ながら単行本版はそれ以外の部分で粗が多かった。

タグ:

posted at 11:40:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月8日

しかしながら今回の文庫版ではその粗がだいぶ改善されており(その辺の詳細は解説で言及されている)、特に第二の事件に至ってはほぼ新作と言ってもいいくらい手が入れられ、全てがひっくり返る驚きの構図にきちんと説得力が伴っているのがいい。

タグ:

posted at 11:40:03

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月8日

単行本版でも充分力作ではあったが、今回の文庫版はそこから更に磨き上げられた結果、傑作レベルにまで生まれ変わったと言っても決して過言ではないだろう。

タグ:

posted at 11:40:03

2023年06月10日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月10日

「赤の女王は7度殺す」観了。ゴシックホラー色濃厚な赤の女王の伝説が絡んだ連続殺人を描いたジャッロ物。とにかく殺人鬼・赤の女王のビジュアルインパクトが鮮烈で彼女が凶器を振りかざしながら駆けてくる場面は八つ墓村の田治見要蔵を彷彿とさせる。アルジェントがお気に入りという話も納得の作品。

タグ:

posted at 00:05:37

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月10日

「ザ・ラスト・ウェーブ」観了。アボリジニの殺人事件を担当することになった弁護士が異常な体験に見舞われるオカルトミステリ。「ピクニックatハンギング・ロック」と同じ監督だけあって空気感は近いものがあり事件の真相よりもやがて訪れる結末を暗示させる不穏な天変地異の演出が見所の作品である。

タグ:

posted at 11:16:21

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月10日

「M3GAN/ミーガン」観了。お友達AI人形の暴走を描いたホラー映画。チャイルド・プレイ+ターミネーターとは言い得て妙。前半のいい話パートがやや長いものの、これがあるからこそ後半の暴走パートが光っている。個人的にはミーガンのスタイリッシュな殺害シーンがもっと観たいので続編に期待したい。

タグ:

posted at 23:10:36

2023年06月13日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月13日

中町信「密室の訪問者」読了。義弟の正巳が一柳と電話でやり取りしている最中に殺された。現場は目と鼻の先の離れ家で一柳たちが駆けつけた時、完璧な密室状態にも拘わらず犯人の姿はなかった。捜査が進むにつれ堂ケ島での交通事故が事件の鍵になることが分かるがその関係者が次々と殺され出して……。

タグ:

posted at 22:02:01

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月13日

堂ケ島での交通事故に端を発する連続殺人を描いた長編ミステリ。タイトルに象徴される密室の謎もさることながらそれ以上にやたらと目につくのが美味しそうに焼き鳥を食べている描写であり、カバー裏の作者の言葉「うまい焼き鳥があるんだよ、ホントにうまいんだから」にも納得がいく(?)ことだろう。

タグ:

posted at 22:02:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月13日

しかしながらただの焼き鳥ステマ小説というわけでは勿論なくいつもの中町マジックもとい騙しの技巧は健在で、お馴染みのプロローグだけでなく大胆にも○○すらでっち上げて読者をミスディレクションしてみせた点には脱帽と言わざるを得ない。

タグ:

posted at 22:02:03

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月13日

些か偶然が過ぎる部分もあるが、それを支えるダイイング・メッセージの小技も効いているし、何より読者を騙すためにはここまでするという作者の心意気を買いたくなる佳作である。

タグ:

posted at 22:02:03

2023年06月15日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月15日

中町信「女性編集者殺人事件」読了。ストライキ中の社内で女性編集者が何者かに殴られ写真にSの血文字を残して息を引き取った。所轄署の星村警部はSのイニシャルをもつ社内の人物を当面の容疑者として捜査を開始するも第二の殺人がまたも社内で発生してしまう。Sの血文字は一体何を意味するのか?

タグ:

posted at 20:28:47

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月15日

被害者の女性編集者が死に際に残したSの血文字を巡る長編ミステリ。二転三転するダイイング・メッセージの解釈は悪くないものの、最終的に明らかになる真犯人の正体に読者が自力で辿り着くことができないのが難。

タグ:

posted at 20:28:48

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月15日

どちらかというとその後のアリバイ崩しの方が見所があるように思うがページ数の関係かかなり駆け足なのが勿体ないし、更に動機に関しても書きようによっては面白くできたはずなのに駆け足すぎて台無しになってしまっている。本作は改稿した割に色々と残念な作品である。

タグ:

posted at 20:28:48

2023年06月17日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月17日

「怪奇な恋の物語」観了。かつて色情狂の令嬢が無残な死を遂げた屋敷に住むことになった画家が見る悪夢。どこまでが現実でどこまでが幻想なのか。その境界を危うくする映像と音楽が素晴らしく、幽霊譚であると同時にドグラ・マグラ的趣きがある。結末は衝撃的だが、この一連の物語には相応しいだろう。

タグ:

posted at 02:07:35

麻里邑圭人 @mysteryEQ

6月17日

「忌怪島」観了。土俗ホラーとメタバースの融合。この世とあの世の新たな表現としては面白かったものの、ホラー演出面の目新しさは特になく、加えて語る部分が多すぎたせいか全体的に怖さが薄れてしまった気も。また終盤の復讐劇を中途半端に阻止してしまったせいでどうにも消化不良感が否めなかった。

タグ:

posted at 14:48:33

«< 前のページ123のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました