麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 9,070/9,632
  • フォロー 1,012 フォロワー 1,552 ツイート 88,258
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ
«< 前のページ1234567のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2022年05月16日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

21時間前

「ルチオ・フルチの恐怖! 黒猫」観了。ポーの「黒猫」をフルチが大胆にアレンジ……というかオカルト老人が黒猫を操って(!)連続殺人を引き起こす時点でほとんどフルチのオリジナルのような気がする。とはいえフルチらしい連続殺人の残虐描写と恐怖とは程遠い黒猫の可愛らしさが見所の作品である。

タグ:

posted at 00:25:08

2022年05月15日(日)

2022年05月14日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月14日

「シン・ウルトラマン」観了。初代ウルトラマンの庵野流新解釈。シン・ゴジラ同様、現実世界にウルトラマンがいたらどうなるかをシミュレーションしつつもサム・ライミを思わせる意外性に満ちていて実に楽しかった(ただ終盤のアレは賛否分かれそうだが)。あと個人的には対メフィラス戦の劇伴が最高。 pic.twitter.com/P983ZFOYag

タグ:

posted at 20:32:23

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月14日

「バブル」観了。一言でいえばSF設定の人魚姫の話。恐らく一番やりたかったのはパルクールアクションでありそれの味付けとして人魚姫を持ってきたのだろうがいかんせんやりたいことと設定に物語としての必然性がない為にただの雰囲気映画になってしまっているのが難。とはいえアクションは流石の出来。

タグ:

posted at 16:11:13

2022年05月13日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月13日

構成に凝るのもいいが、これならまだ連作ミステリとして見せた方が良かったのではないかと思ってしまった。とはいえ前述したように謎によっては観覧車を活かした前作のようなロジカルな謎解きが楽しめる作品である。

タグ:

posted at 11:16:24

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月13日

加えて六つの密室劇それぞれに用意された謎のクオリティーにばらつきがあり、中には明らかに数合わせで入れられたと思しきものもあるのが難。また読者をミスディレクションさせようとするあまり解決シーンの一部がかなり読みにくくなってしまっているのも気になる。

タグ:

posted at 11:14:48

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月13日

「幽霊たちの不在証明」で第18回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞した作者の二作目は止まった観覧車に閉じ込められた乗客たちによる六つの密室劇を描いた長編ミステリ。正直ミステリを読み慣れた人であれば、この構成から作者がやろうとしている仕掛けはある程度読めてしまうことだろう。

タグ:

posted at 11:14:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月13日

朝永理人「観覧車は謎を乗せて」読了。自分を殺した犯人の脱出法を考えてほしいという幽霊、観覧車から標的を狙撃してほしいと依頼された殺し屋、爆弾と共に乗せられ解除コードを当ててみせるよう強制された男――不意に停止した観覧車とゴンドラ内に閉じ込められた六組の乗客たちの運命は?

タグ:

posted at 11:12:27

2022年05月12日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月12日

その一方でキャラクター小説としてのヒロインの見せ場に頁を割きすぎたせいか重要な伏線が後半に集中しすぎているきらいがあるものの、それを差し引いてもファンタジーミステリの面白さはきっちり味わわせてくれる良作である。

タグ:

posted at 21:03:50

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月12日

そして、その動機を際立たせるためにミステリではお馴染みのある錯誤を織り交ぜ、更にミスディレクションも盛り込んでいるのは○。また事件とは別に意外な事実を幾つか用意し、終盤でそれを畳み掛けることで印象的な解決シーンを演出している点もいい。

タグ:

posted at 21:03:23

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月12日

賭博師として嘘を見抜く能力に長けたヒロインが二年前に大教会内部で起きた神子候補殺人事件の真相に迫るファンタジーミステリ。どこか作者の代表作「薬屋のひとりごと」の西洋ファンタジー版的な趣がある本作だが特に秀逸なのはシンプルながらもこの世界ならではの動機を巧く作り上げている点だろう。

タグ:

posted at 21:02:49

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月12日

日向夏「聖女に嘘は通じない」読了。神官見習いのクロエには洞察力と記憶力を武器にカード賭博で荒稼ぎするという裏の顔があった。ある日彼女の能力を見込んで聖騎士エラルドがある依頼を持ちかけてくる。それは神子候補として大教会に潜入し二年前の殺人事件の犯人を見付けてほしいというものだった。

タグ:

posted at 21:02:09

2022年05月11日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月11日

そしてエピローグでは本作の続きを読みたいと思わせる余韻を残すところがまた絶妙で、総じてキャラミスとホラーのバランス配分に優れた佳作と言っていいだろう。

タグ:

posted at 21:46:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月11日

また連作としての仕掛けの方も抜かりなく、トリを飾る第四話の早い段階でそれを明かし読者をあっと言わせた後に、ミステリ寄りだった第一話とは対照的にホラー展開でじっくり読ませてくれるのがいい。

タグ:

posted at 21:46:17

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月11日

中でも完成度が高いのは記憶を失くしたサラリーマンの霊が巻き込まれた殺人事件の謎を解き明かす第一話で、事件を巡るある種の不可能状況をあっさりと解き明かすインチキ霊媒師の名探偵ぶりも見応えがあるが、それ以上に前述した幽霊の特徴を活かした最後の一撃が実に秀逸。

タグ:

posted at 21:45:50

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月11日

インチキ霊媒師が遭遇した霊たちの秘密を明らかにしていく全四話構成の連作ホラーミステリ。本作はインチキ霊媒師と毒舌美人助手の掛け合いも楽しいが、何よりも特筆すべきはどの話も幽霊の特徴を巧くミステリに落とし込んでいる点だろう。

タグ:

posted at 21:45:22

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月11日

阿泉来堂「贋物霊媒師 櫛備十三のうろんな除霊譚」読了。“今世紀最強の霊媒師"と謳われる霊媒師・櫛備十三には実は肝心の霊を“祓う"力がない。今日も助手の美幸に叱られながら、持ち前の洞察力とハッタリを駆使して、心霊現象の問題解決に奔走するが、事態は毎回思わぬ方向に転んでいき――。

タグ:

posted at 21:44:53

2022年05月10日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月10日

とはいえ本作は一貫して御影冴華の物語であり、謎は彼女の内面に迫るきっかけとして機能しているに過ぎない。謎が謎を呼ぶ展開の後に待ち受ける真相は必ずしも意外性があるわけではないがそれでも謎の転がし方は見るべき所があるし何より前作同様この設定ならではの青春物をきちんと描いた良作である。

タグ:

posted at 21:02:43

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月10日

しかしながら中盤から浮上するある謎を機に物語は前作と同じくミステリの雰囲気を纏い始める。もっともその謎にしても最初はさほど魅力的には感じないかもしれないが、真相に迫るために主人公が取った行動によってそれが一転、更に不可解極まりない謎へと変貌を遂げてしまう展開が非常に面白い。

タグ:

posted at 21:02:26

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月10日

顔に触れた人間の意中の相手が分かる能力を持つ主人公が恋の相談役として活躍するシリーズの二作目。前作は異常な惚れ癖に悩まされるヒロインの、好きになる人間の法則性に迫っていく過程にミステリとしての読み所があったのに対し、本作は前半だけ読むと普通の恋愛相談物になったように思えるだろう。

タグ:

posted at 21:02:05

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月10日

丸深まろやか「天使は炭酸しか飲まない2」読了。告白できない人間の背中を押す天使として暗躍する明石伊緒の許に規格外の美少女・御影冴華の依頼が持ち込まれる。既に彼女に恋する男子からの相談を受けていた伊緒は悩んだ末に二つの相談を掛け持ちすることに。だが御影には何か事情があるようで――。

タグ:

posted at 21:01:38

2022年04月30日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月30日

また「愛と見分けがつかない」「卵胎生」はミステリと怪談のブレンドが絶妙だし「果てなき世界の果て」はコロナ禍という状況と現代テクノロジーを巧く結び付けた仕掛けであっと驚かせてくれる。その一方で純粋な怪談としても、表題作から始まり「母の自画像」で終わる夢の余韻が忘れ難い傑作集である。

タグ:

posted at 16:43:35

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月30日

特にそれが顕著なのは水族館を訪れる私が雨の日に起きたある事故を回想する「水族」で、水族館の何気ない描写が浮き彫りにする事故の真相とそれを機に見えていた世界が一変する仕掛けは、ホラーミステリのアンソロジー「魍魎回廊」に採用されるだけのことはある逸品である。

タグ:

posted at 16:42:42

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月30日

「るんびにの子供」「角の生えた帽子」に続くバラエティーに富んだ怪談短編集。元々怪談短編でデビューした作家だけあって今回もまた作者の本領が遺憾なく発揮されているが、特筆すべきは今の作者が手掛けているもう一つのジャンルであるミステリが色濃く反映された話も幾つか見受けられる点だろうか。

タグ:

posted at 16:41:43

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月30日

宇佐美まこと「夢伝い」読了。孤独を愛する人気作家・猿橋ヒデヲが突然の断筆宣言。担当編集者の増元は一人、猿橋の住む地方へ向かった。作家を脅かすものを探しに――。表題作の他、昭和から現代までを舞台に日常に潜む怪異や心理の歪みから生まれる怪奇を描いた全十一編を収録。

タグ:

posted at 16:41:14

2022年04月29日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月29日

そして収録作中最も力が入っているのがトリを飾る第五話で、探偵自身の事件とも言うべき内容もさることながら、犯人を追い詰める決め手と物語としての演出が巧く噛み合っているのがいい。正直一長一短はあるが全編ハウダニット物という趣向自体は昨今では珍しい作品集である。

タグ:

posted at 18:18:27

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月29日

しかも不可能犯罪の他に用意された謎にしても見せ方はいいのに肝心の真相が他愛ないものばかりなので悪い意味でギャップ感を覚えてしまうのも気になる。とはいえ中にはおっと思わせる部分もあり、例えば第二話は怪奇現象自体の真相こそ他愛ないもののその調査が不可能犯罪を見破る決め手となる点は○。

タグ:

posted at 18:17:54

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月29日

辻占で失せ物を探し当てる六角法衣店の店主六角聡明が駆け出しカメラマンの安見直行と共に五つの不可能犯罪を解き明かす連作ミステリ。本作は現代のガジェットを用いた全編ハウダニット物であることを売りにしているがこの現在のガジェットが時に特殊知識に依存し過ぎているように見えてしまうのが難。

タグ:

posted at 18:17:20

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月29日

床品美帆「431秒後の殺人 京都辻占探偵六角」読了。写真を撮る楽しみを教えてくれた恩人の不可解な事故死。離婚話で揉めていた彼の妻は死亡時刻にはタクシーに乗っていた。駆け出しカメラマンの直行は恩人の死亡事故を他殺と証明するため祖母の助言によって六角法衣店を訪れる。表題作含む五編収録。

タグ:

posted at 18:17:01

2022年04月28日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月28日

個人的なベストを挙げるならトリを飾る「買勉の書記」で時代設定の活かし方もさることながら、これまでに語られた事件の応用編になっているのもいい。次点は「血文字の謎」でシンプルなダイイング・メッセージの真相と特殊な殺人の状況が巧くリンクしている点が○。

タグ:

posted at 22:19:49

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月28日

その理由として作者が生粋のシャーロキアンだからというのも勿論あるのかもしれないが、それ以上に当時の香港の事情に精通していなければ、ここまで原典に忠実な再現は成し得なかったことだろう。と同時にその時代設定がミステリ部分にも活かされている点が○。

タグ:

posted at 22:19:22

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月28日

香港版ホームズとも言うべき全六話構成のホームズパスティーシュ作品集。血文字の謎、親王府の醜聞、買勉の書記といった収録作のタイトルからもわかる通り本作は基本的にホームズ作品を清朝末期の香港に置き換えたものだが、ただ置き換えたのではなくそれらが違和感なく溶け込んでいる点がまず秀逸。

タグ:

posted at 22:18:37

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月28日

莫理斯「辮髪のシャーロック・ホームズ 神探福邇の事件簿」読了。血文字の謎、親王府の醜聞、黄色い顔のねじれた男、買勉の書記……清朝末期・国際色豊かな英国統治下の香港を舞台に、阿片をくゆらし胡琴を奏でる辮髪の探偵福邇(フー・アル)が借間人の医師華笙(ホア・ション)と共に難事件に挑む。

タグ:

posted at 22:17:29

«< 前のページ1234567のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

» More...

Recent

Archive

» More...

タグの編集

art artistsontwitter mermay mermay2022

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました