麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 7,908/8,420
  • フォロー 981 フォロワー 1,444 ツイート 82,247
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ
«< 前のページ1234567のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2020年11月20日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月20日

そしてトリを飾る「穏やかで暖かい場所」は作品の方向性から何となく真相が透けて見えてしまうものの、現場の不可解な状況からのロジックの積み重ねは緻密であり、連作の纏めとしても申し分ない。何より最後まで読み終わるとタイトルはこれしかないと思うこと請け合いの傑作である。

タグ:

posted at 12:07:52

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月20日

しかしながらベストを挙げるならドキュメンタリー映画の不可解な改竄を扱った「ワンラウンド・カフェ」でさりげない伏線の巧さとタイトルに隠された意味から明らかになるホワイダニットのどす黒さとそれに付随したある気付きから明らかになる御堂の衝撃的な秘密が堪らない。

タグ:

posted at 12:07:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月20日

ミステリとしてみると第一話にあたる「不正と憂鬱」は登場人物の役割の説明回という趣が強いものの話の展開に見るべきところあり。どちらかというとミステリの本領発揮は続く「ゴースト イン ザ ロッカールーム」からで修の推理を御堂がどうひっくり返し、人間の隠れた裏側を暴いてみせるかは必見。

タグ:

posted at 12:07:15

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月20日

修は着想こそ鋭いがどこまでも純粋なのに対し御堂は徹底して人の裏側を見抜こうとする。そのため最初こそ修の推理はあと一歩というところで真相に及ばず御堂にフォローされる形で終わるが、話が進むにつれ修の成長と共に事件の真相は勿論、仲間たちの隠された一面をも見通せるようになる構成が秀逸。

タグ:

posted at 12:06:34

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月20日

「ジャナ研の憂鬱な事件簿」シリーズの作者による四話構成の青春ミステリ連作。本作の探偵役はひょんなことから部活連絡会の仕事を引き受けることになった水と油というべき関係の二人の高校生・御堂慎司と蔵元修が務めているが、面白いのは二人の性格の違いが推理にもかなり反映されている点だろう。

タグ:

posted at 12:05:10

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月20日

酒井田寛太郎「放課後の嘘つきたち」読了。日本史のテストのカンニング疑惑、陸上部の幽霊騒動、ドキュメンタリー映画の不可解な改竄……英印高校部活連絡会に所属する文武両道、容姿端麗で一見完璧な三人の高校生たちが校内で起きる事件の謎を解くうち、封印してきた己の過去と向き合うことに――。

タグ:

posted at 12:04:25

2020年11月17日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月17日

渡辺静「魔女に捧げるトリック」1巻読了。魔女狩り真っ只中の中世に転生した天才マジシャンの主人公がマジックを駆使して魔女の烙印を押された者を助けていく話。ネタの組み合わせとしては悪くないし話のテンポも○。魔女革命という大風呂敷と今後出てくるであろう大掛かりなマジックに期待したい。

タグ:

posted at 09:13:57

2020年11月14日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月14日

ラストもいい意味でお約束を踏まえており、現代的設定でゴシック物を書いたらこうなるという見本的作品と言っていいだろう。

タグ:

posted at 18:14:40

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月14日

そして、それ故に本作もまたゴシック・ロマンス要素を孕んでおり、展開は王道的ながらどんでん返しも巧く決まっている。但し真相を踏まえると一部アンフェアではないかという記述もあるが、ある場面からそれが嘘の証言だと察せなくはないので個人的にはギリギリありと判断したい。

タグ:

posted at 18:13:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月14日

現代の切り裂きジャックを彷彿とさせる連続猟奇殺人の真相を探るため「柘榴館」と呼ばれる不気味な洋館にヒロインが潜り込む長編ミステリ。状況はやや異なるが、逆境に敢然と立ち向かうヒロインのキャラ造形や一部の設定が作者のデビュー作「花園の迷宮」を思わせる。

タグ:

posted at 18:13:22

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月14日

山崎洋子「柘榴館」読了。港町・横浜で風俗嬢が内臓を引き出されただけでなく子宮を切り刻まれる連続猟奇殺人が発生した。事件を目撃したショックで正気を失ってしまった同棲相手の透のわずかな言葉を手掛かりに風俗穣の森岡沙季は裕福な医師一家が住む「柘榴館」に介護士を装って乗り込んで行く。

タグ:

posted at 18:13:03

2020年11月12日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月12日

一部不自然なシーンもあるが、それを差し引いても二重三重に考え抜かれた作者の企みと最後に明かされる犯人の心情に慄然とすること請け合いの傑作である。

タグ:

posted at 23:23:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月12日

ある気付きから途中で明かされる事実も充分意外性があるためにそこで思考停止に陥ってしまいがちだが、実は更にその先に驚愕の事実が待っており、何気ないやり取りに隠された本当の意味が分かった瞬間の衝撃はかなりのものと言っていいだろう。

タグ:

posted at 23:23:25

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月12日

一度始まったら何人殺されようが絶対中止にならない恐怖の殺人ツアー(!)はいつもながら、今回はそれに誘拐物の面白さも加わっているのがまず新鮮。だが特筆すべきは何といっても徐々に真相に近付いていく過程が絶妙なミスディレクションになっている点だろう。

タグ:

posted at 23:23:01

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月12日

中町作品ではお馴染みの推理作家・氏家周一郎が活躍する長編ミステリ。中町作品というと思わせ振りなプロローグから始まるイメージがあるが本作に限ってはなぜかそれがないので戸惑う人もいるかもしれない。しかしながらそれがなくても本作は作者らしい騙しの技巧が活かされた作品であると断言できる。

タグ:

posted at 23:22:26

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月12日

中町信「四国周遊殺人連鎖」読了。「四国ハイライト三日間」に参加した推理作家の氏家周一郎はそこで高校時代のクラスメート・谷塚と再会。だが彼が参加したのは誘拐された娘の身代金の受け渡しのためだった。指定場所に身代金を持っていった谷塚だったが犯人は現れず何故か添乗員が殺される事態に――。

タグ:

posted at 23:21:45

2020年11月10日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月10日

そして同時にそれが主人公に「秋玻」と「春珂」のどちらかを選ばなければいけない時が近付いていることを思い知らせる絶妙な演出としても機能しているのが○。しかしながら一方でこのまま普通には終わらせないという作者の意思を感じさせる最後の思わせ振りな展開もあり、次巻が非常に楽しみになった。

タグ:

posted at 22:27:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月10日

二重人格の少女と僕の恋愛模様を描いたシリーズの五作目。今回のメインは高校二年生の最後にクラスのみんなで何かやりたいという春珂の提案で企画されたクラス会もとい解散会であり、これまでの物語で起こった出来事をクラスメイトたちと共に読者も振り返れるような作りになっているのがいい。

タグ:

posted at 22:26:49

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月10日

岬鷺宮「三角の距離は限りないゼロ6」読了。一人の中にいる二人の少女「秋玻」と「春珂」の入れ替わりの時間が日を追うごとに短くなっていく。そんな中、企画したクラス会で秋玻と春珂は自分たちの二重人格が終わろうとしている事実を明かす。そして僕もまた二人のうちどちらを選ぶかを迫られていた。

タグ:

posted at 22:26:17

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月10日

主人公を巡る日和と絵莉の関係もさることながら、日和の「お願い」の変化、気になる新キャラの登場などが今後の物語にどう関わっていくのか、引き続き3巻にも期待したい。

タグ:

posted at 10:08:25

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月10日

そして、その一方で日和の「お願い」にも拘わらず世界はますます混沌と化し終わりへ向かって加速していく。物語の展開としては前作よりも進んでいないが、どちらかというと今回は終わりゆく世界と身近な恋愛劇の関係性をより明確にするための巻であり、故に最後のアレが次回以降際立っていくのだろう。

タグ:

posted at 10:08:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月10日

どんな「お願い」でも叶えられる少女・葉群日和と主人公によるセカイ系ラブストーリーシリーズの二作目。今回は前作ではいまいち影が薄かった主人公の幼なじみ・卜部絵莉の存在がクローズアップされ、それによって主人公と日和の関係が徐々にぎくしゃくしていく。

タグ:

posted at 10:07:50

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月10日

岬鷺宮「日和ちゃんのお願いは絶対2」読了。幼なじみの卜部絵莉。男勝りで気安くて、俺にとっては家族みたいな彼女とのつかの間の交流は、それでも日和の心に小さな影を落とし……聞いてしまえば誰も逆らえない日和の持つ「お願い」の力。それを使って誰かの心は変えられても、自分までは騙せない。

タグ:

posted at 10:07:30

2020年11月06日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月6日

とはいえ全てがダメというわけではなく例えば「遊園地に謎解きを」「次女の名前」「警告を受けたリーダー」の三編はいずれも作者らしい暗号物への拘りが窺えて○。しかしながら「警告を受けたリーダー」のある仕掛けに関して前作から間があきすぎているせいで微妙に滑ってしまっているのがやや残念か。

タグ:

posted at 23:36:52

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月6日

前作から実に八年ぶり(!)のカラット探偵事務所シリーズ三作目。本作もまたこれまでのシリーズ同様全編日常の謎を扱っておりその中で何とかバリエーションをつけようとした苦心の跡が見られるものの、肝心の謎が解かれてもいまいち面白みが感じられないものが収録作の半数以上を占めるのが難。

タグ:

posted at 23:36:23

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月6日

乾くるみ「カラット探偵事務所3」読了。父親の墓に人知れず花を供える怪しい墓参者の正体を追う「秘密は墓場まで」事件、「謎を〝作ってほしい″」という不思議な依頼に挑む「遊園地に謎解きを」事件など、日常に潜む些細な謎や奇妙な謎を「謎解き専門」を謳うカラット探偵事務所が解き明かす。

タグ:

posted at 23:35:33

2020年11月05日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月5日

そしてその真相もまた絶妙で、取材形式を活かした仕掛けであっと驚かせてからの謎解き――何気ない描写から浮き彫りになる隠された犯罪の構図の畳み掛けが実に素晴らしい。それでいて最後に待ち受ける物語のあり方には胸を打たれること必至の傑作である。

タグ:

posted at 23:53:55

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月5日

そのために本作では社会派のレッテルを貼られているが、実は本格ミステリとしても秀逸で朝比奈ハルの周りで不可解な死が連続している謎、彼女が刑務所に入ることになった動機なき殺人の謎など、物語の中に幾つもの魅力的な謎が散りばめられ、それが朝比奈ハルの神秘性に一役買っているのが○。

タグ:

posted at 23:53:18

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月5日

北浜の魔女と呼ばれた女・朝比奈ハルの人生を関係者への取材形式で綴る長編ミステリ。前作「Blue」では平成という時代を振り返る年代記という側面があったのに対し本作は朝比奈ハルの人生を通して昭和から平成、そしてコロナ禍の令和という時代を作者らしいシニカルかつ鋭い視点で描いていく。

タグ:

posted at 23:52:49

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11月5日

葉真中顕「そして、海の泡になる」読了。バブル期に史上最高額の負債を抱え、自己破産した朝比奈ハル。平成が終わる年、彼女はひっそりと獄死した。その生涯を小説に書こうと決めた"私"は生前の姿を知る関係者に聞き取りを始める。すると彼女の周りでは度々、不可解な死が起きていたことが分かり――。

タグ:

posted at 23:52:22

«< 前のページ1234567のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました