麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,762/9,324
  • フォロー 1,007 フォロワー 1,517 ツイート 86,970
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2011年05月07日
並び順 : 新→古 | 古→新

2011年05月07日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月7日

谺健二「星の牢獄」読了。地球の文明調査にやって来た異星人のイレム・ロウは、ある奇妙な殺人事件に遭遇する。イレムの目の前で証明写真のブースに入った少女が一瞬のうちに消え失せ、代わりに別人の刺殺体が転がっていたのだ。自分にかけられた容疑を晴らすため、イレムは事件の捜査に乗り出す。

タグ:

posted at 21:03:42

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月7日

異星人が主役という異色な設定の本作は序盤から中盤にかけて二件の不可解な殺人事件が発生するが、作中でも言及されているようにそれは前哨戦に過ぎない。むしろ本番は舞台が私設天文台に移って以降に起こる、クローズド・サークル状況下での連続殺人からである。

タグ:

posted at 21:04:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月7日

とはいえ連続殺人の真相自体は特に見るべきところはない。ではどこが本作の見所なのか? ……それは、何故このような設定を使う必要があったのかという部分に外ならない。そして、それが明らかになると同時に、手掛かりがあまりにもあからさまな形で示されていたことに気付き、いたく感心した。

タグ:

posted at 21:05:43

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月7日

本作はSF設定を上手く使った本格ミステリの秀作である。本格としての完成度で言うなら個人的には「赫い月照」よりも本作の方を評価したい。

タグ:

posted at 21:09:36

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました