麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,750/9,312
  • フォロー 1,006 フォロワー 1,519 ツイート 86,874
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2012年02月03日
並び順 : 新→古 | 古→新

2012年02月03日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

12年2月3日

海渡英祐「突込んだ首」読了。スパイ物から犯人探しまでバラエティ豊かな八つのミステリ短編が収録された本作は、作者の自選傑作短編集だけあって完成度の高い作品が揃っている。そんな中から自分がベストを選ぶとするなら「告白の輪舞」と「天国の活人」になるだろう。

タグ:

posted at 19:42:57

麻里邑圭人 @mysteryEQ

12年2月3日

前者は作者が嵐の山荘という古典的なスタイルをあえて試みた作品で一度否定された仮説を意外な切り口からひっくり返してみせる点が実に秀逸。あとがきの作者の言葉(「昔風の探偵小説を安易に書くことは大いに疑問を覚える。やはり新しいスタイルを創造しなければならない」)にも非常に共感を覚える。

タグ:

posted at 19:43:20

麻里邑圭人 @mysteryEQ

12年2月3日

後者は天国を舞台にデュパン、ホームズ、明智、ブラウン神父といった往年の名探偵たちの中から犯人を見付け出す異色作で作者が推理作家協会の新年会で行われる「犯人当て」用に書き下ろしただけあってなかなか凝った内容となっている。設定の盲点を上手く活かした異世界本格の秀作と言っていいだろう。

タグ:

posted at 19:43:50

麻里邑圭人 @mysteryEQ

12年2月3日

次点は初めから終わりまで一度もベッドから降りない官能ミステリ「ベッドの上のルフラン」で、ラストは綾辻行人の某作品を彷彿とさせるものがある。基本的にハズレはないので、海渡英祐入門編として読んでみるのもいいかもしれない。

タグ:

posted at 19:44:45

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました