麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,750/9,312
  • フォロー 1,006 フォロワー 1,520 ツイート 86,921
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2013年06月16日
並び順 : 新→古 | 古→新

2013年06月16日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

13年6月16日

井沢元彦「五つの首」読了。将軍・足利義昭を織田家に招くため腐心する信長の許に首狩人と名乗る者から五つの首なし人形が届く。程なくして岐阜城下で瓜商人の首なし死体が発見され、残された白木の札には「一番首頂戴」の文字が――。一方、織田家に向かう義昭には、暗殺者の魔の手が忍び寄っていた。

タグ:

posted at 12:28:10

麻里邑圭人 @mysteryEQ

13年6月16日

織田信長が探偵役を務めるシリーズの二作目。「策略の首」もそうだが、このシリーズの長編は首切りテーマとコンゲームの融合が非常に秀逸であり、それを違和感なく成立させるために戦国時代という舞台を持ってきた作者の判断には脱帽と言わざるを得ない。

タグ:

posted at 12:28:37

麻里邑圭人 @mysteryEQ

13年6月16日

本作に関して作者は「短編(シリーズ一作目は短編集)と違って一段と困難な試みだった」と語っているが、確かに将軍暗殺計画と連続首切り殺人が同時に展開する本作の凝った構成をみると、その苦労が窺われる。

タグ:

posted at 12:28:59

麻里邑圭人 @mysteryEQ

13年6月16日

尤も丁寧に伏線を張りすぎたせいで真相が分かりやすいきらいはあるが、それを差し引いても、本作はプロットと語りの巧さで充分お釣りがくる秀作である。

タグ:

posted at 12:29:34

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました