麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,828/9,390
  • フォロー 1,004 フォロワー 1,532 ツイート 87,339
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2017年10月23日
並び順 : 新→古 | 古→新

2017年10月23日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年10月23日

酒井田寛太郎「ジャナ研の憂鬱な事件簿2」読了。警備体制が完璧だったはずのライブ会場へ侵入したストーカー、自慢の姉の許に届いた奇妙な手紙の意図、そして演劇『キマイラの短い夢』を巡る騒動に隠されたもう一つの真相……ジャナ研所属の工藤啓介が新たに遭遇した三つの事件の真相とは?

タグ:

posted at 10:41:33

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年10月23日

海新高校ジャーナリズム研究会――通称ジャナ研に所属する工藤啓介が日常の謎を解き明かす連作ミステリシリーズの二作目。前作では明かされなかった啓介の過去――『キマイラの短い夢』事件に触れた本作は前作に比べて一話少なくなっているものの、その分テーマがより明確になっているのは○。

タグ:

posted at 10:41:39

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年10月23日

ミステリとしては全編謎解きが浮き彫りになる登場人物の暗部が秀逸だが、中でも特に推すとするならやはり第二話の「手紙」だろう。奇妙な手紙を巡る多重推理形式の本作は、説得力のある三つの推理にそれぞれ残る矛盾がある気付きと結び付いて明らかになる真相と反転する人物像の後味の悪さが実に絶妙。

タグ:

posted at 10:41:51

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年10月23日

探偵役が自分の過去と対峙する第三話「キマイラの短い夢」も物語の掉尾を飾るに相応しいもので、前作が気に入った読者なら問題なく楽しめる良作と言っていいだろう。

タグ:

posted at 10:42:08

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年10月23日

宇佐美まこと「角の生えた帽子」読了。運命の残酷さ、悲劇を描いた「悪魔の帽子」、植物に取りつかれた男を描いた「花うつけ」、主人公が犬嫌いになった理由が明かされる衝撃のラスト「犬嫌い」、松山が舞台の正統派ゴーストストーリーの「城山界隈奇譚」など、謎と恐怖の物語全九編を収録。

タグ:

posted at 22:42:19

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年10月23日

怪談アンソロジーなどに掲載された五編に書下ろしの四編を新たに加えた怪奇幻想短編集。これまでこの作者の作品は長編しか読んだことがなかったが、怪談短編でデビューしただけあって、やはり短編の方が読み応えがあるように感じた。

タグ:

posted at 22:42:44

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年10月23日

収録作はどれも濃厚な物語世界で甲乙つけがたいが、強いて言えばミステリ的伏線の面白さがある「みどりの吐息」や、あるものを使った殺人計画に奇想が見出だせる「花うつけ」あたりが良かった(あと構成という点では最後に救いのある「湿原の女神」を持ってきた点も○)。

タグ:

posted at 22:43:06

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました