麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,745/9,307
  • フォロー 1,006 フォロワー 1,518 ツイート 86,865
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2018年05月28日
並び順 : 新→古 | 古→新

2018年05月28日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

18年5月28日

早坂吝「探偵AIのリアル・ディープラーニング」読了。人工知能の研究者だった父が密室で謎の死を遂げた。探偵と犯人、双子のAIを遺して――。高校生の息子・輔(たすく)は探偵のAI・相以(あい)と共に犯人のAI・以相(いあ)を奪い悪用するテロリスト集団と本格推理対決をすることになる。

タグ:

posted at 22:27:43

麻里邑圭人 @mysteryEQ

18年5月28日

探偵と犯人、双子のAIの対決を主軸にした全五話構成の連作ミステリ。といっても物語としてはシリーズ化を視野にいれているためかあくまで前哨戦に過ぎない印象だが、それでも個々の事件は全編ハズレなしと言うべきハイレベルな出来で満足度はかなり高い。

タグ:

posted at 22:27:59

麻里邑圭人 @mysteryEQ

18年5月28日

例えば密室放火殺人の謎を扱った第一話はオリジナリティのあるトリックとシンプルながら切れ味のあるロジックもさることながら本格ミステリではお馴染みのあのテーマと人工知能の絡め方が面白いし、シマウマが殺人事件の凶器(!)となる第二話は予想外のところからくる異形のロジックが素晴らしい。

タグ:

posted at 22:28:30

麻里邑圭人 @mysteryEQ

18年5月28日

また学園で怪事件が連続する第三話は所謂不気味の谷現象の活かし方とこの設定ならではの意表を突いた動機で唸らされてくれし、かと思えば主人公の母親の死の謎に迫る第四話ではまさかの島田荘司的謎の提示と解決で唖然とさせてくれる。

タグ:

posted at 22:28:53

麻里邑圭人 @mysteryEQ

18年5月28日

そして極めつけは監禁された探偵コンビにある問題が突き付けられる第五話で連作ならではの仕掛けとロジックの融合が実に秀逸。その後日談に本格好きがニヤリとする要素があるのも○で、これは是非とも続編が読んでみたいと思うと同時に作者の作品では最も人に勧めやすい(?)傑作と言っていいだろう。

タグ:

posted at 22:29:03

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました