麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,828/9,390
  • フォロー 1,004 フォロワー 1,531 ツイート 87,330
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2020年05月28日
並び順 : 新→古 | 古→新

2020年05月28日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年5月28日

辻真先「たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説」読了。昭和24年、名古屋市内の新制高校三年生になった風早勝利は所属する推理小説研究会と映画研究会の合同一泊旅行の旅先で密室殺人に巻き込まれる。更に夏休み最終日の台風が襲来した夜、廃墟でバラバラ殺人に遭遇。二つの事件の繋がりとは?

タグ:

posted at 20:11:58

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年5月28日

「深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説」に引き続き那珂一兵が探偵役を務める“昭和ミステリ”シリーズの二作目。前作が「探偵小説」だったのに対し本作では「推理小説」となっているのには勿論ちゃんと意味があるのだが、それ以上に読者の胸を打つのはたかが殺人じゃないかという奇妙なタイトルだろう。

タグ:

posted at 20:12:21

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年5月28日

そこに込められた意味には戦争経験者である作者にしか書けない凄まじさがあり、それが犯人の叫びを通して読者の心に深く突き刺さることになる。だからこそ、最後に明かされるこの作者らしいある趣向が一層泣かせるのだ。この心憎いばかりの計算は正に大ベテランしか成し得ない技巧と言っていいだろう。

タグ:

posted at 20:12:44

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年5月28日

加えて本作は本格ミステリとしてもかなり練り込まれており、特に第二の殺人における死体を解体した理由や第一の殺人のある些細な手がかりから犯人が絞り込まれる過程が秀逸。本作は作者初の読者への挑戦状もとい質問状が入っているところからも作者の意気込みのほどが窺える傑作である。

タグ:

posted at 20:13:36

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました