麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,762/9,324
  • フォロー 1,007 フォロワー 1,517 ツイート 86,970
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2020年06月05日
並び順 : 新→古 | 古→新

2020年06月05日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年6月5日

玩具堂「子ひつじは迷わない うつるひつじが4ひき」読了。「迷わない子ひつじの会」の面々が泊まり込みアルバイトでやってきたのは「万鏡館」という名前とは裏腹に一切鏡がなく、中も外も全て白と黒で統一された奇妙な館だった。館の主人である美少女・芳花が鏡を見ることを禁じる理由とは?

タグ:

posted at 21:02:25

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年6月5日

「子ひつじは迷わない」シリーズ四作目にして初の長編である本作はこれまで扱ってきた日常の謎とは打って変わって、まさかの館ミステリに。しかしながら同時に目次に並ぶ「ねじの回転」や「閉じた本」といった章題からも分かる通り、怪奇小説としての側面も持ち合わせている。

タグ:

posted at 21:03:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年6月5日

本作のあとがきで作者は「昭和初期くらいの夢幻と怪しい理屈がごっちゃになったような奇想小説が好き」と語っているが本作は正にそれを体現したような内容になっており、ある奇想を成立させるために構築された舞台設定や幻惑的な演出、様々な蘊蓄はさながら京極夏彦の百鬼夜行シリーズを思わせる。

タグ:

posted at 21:03:19

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年6月5日

その一方で解決の仕方はこのシリーズならではのものであり、そこに作者の考える探偵役の在り方が透けて見えるようで興味深い。本作はシリーズの異色作にして、ある種の怪奇ミステリとしても楽しめる秀作である。

タグ:

posted at 21:03:44

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました