麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,396/8,957
  • フォロー 995 フォロワー 1,470 ツイート 84,855
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2020年06月18日
並び順 : 新→古 | 古→新

2020年06月18日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年6月18日

小林一星「シュレーディンガーの猫探し」読了。とある事件をきっかけに訪れた洋館。そこで探偵嫌いの僕は迷宮落としの魔女と出会った。三十六重密室事件。瞬間移動と同時存在。有り得ない盗難事件――世界を神秘で埋め尽くしたいと語る魔女は事件を迷宮入りにすべく探偵たちと対決することになる。

タグ:

posted at 21:36:52

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年6月18日

第14回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作。謎は解かれない方が美しい――とは時折見かける主張だが、その謎の神秘性を守るために探偵よりも先に真相に辿り着き、それを基にした工作によって探偵の推理を潰すという本作の設定はある意味現代本格の多様性が生み出した一つの形と言えるだろう。

タグ:

posted at 21:40:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年6月18日

その魅力的な設定もさることながら「平成最多の密室構築」「令和最短のアリバイ崩し」といった目次に並ぶ章題にはワクワクさせられるが、その反面、肝心の真相(と思われる仮説)は悪い意味でこじんまりとしており、そこに期待するとかなり肩透かしを覚えるかもしれない。

タグ:

posted at 21:41:36

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年6月18日

それを作者が意図的にやっているのかどうかは定かではないが少なくとも本作は本格ミステリというより本格ミステリ的構造を楽しむ作品とみるべきだろう。なお本作は最後の最後でちゃぶ台返し的展開を用意しており、それが続編でどう活かされるか次第で本作に対する評価はまた変わる可能性を秘めている。

タグ:

posted at 21:43:21

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました