麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,396/8,957
  • フォロー 995 フォロワー 1,470 ツイート 84,855
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2020年12月30日
並び順 : 新→古 | 古→新

2020年12月30日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年12月30日

浅倉秋成「失恋の準備をお願いします」読了。告白を断るため魔法使いだと嘘をついてしまった女子高生。フリたい私とめげない彼。モテすぎて困る男子高生。盗み癖のある女の子に恋する小学生。ブラック企業を辞めたいサラリーマン……一つの町で繰り広げられる五つの恋と嘘はやがて大事件を引き起こす。

タグ:

posted at 16:28:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年12月30日

「失恋覚悟のラウンドアバウト」を文庫化&改題した恋愛群像劇連作。恋愛を題材にしていると言っても恋愛小説のようなロマンチックな内容ではなくどちらかと言えば○ャグマンガ日和のような不条理ギャグ物のノリであり、もしこのタイトルに惹かれて本作を手に取ったとしたらかなり困惑するに違いない。

タグ:

posted at 16:28:57

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年12月30日

更に言えば本作は冒頭で「ラウンドアバウト」というキーワードを出し、それを最終話「失恋覚悟のラウンドアバウト」で回収するという構成となっているため、正直この改題は分かっていないと言わざるを得ないのが難。

タグ:

posted at 16:29:22

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年12月30日

とはいえ各話はよく練られたドタバタ喜劇として楽しいし「伏線の狙撃手」という作者の異名(帯ではなぜか「伏線の魔法使い」に変わっていたけれど)に相応しく、ここぞというポイントで伏線が効果を発揮し、登場人物たちの隠された関係性が浮かび上がる点は○。

タグ:

posted at 16:29:42

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年12月30日

前述した「ラウンドアバウト」というキーワードが最終話「失恋覚悟のラウンドアバウト」で回収されるという構成は残念ながら改題のせいで些か損なわれてしまった感はあるものの、それを差し引いても作者が張り巡らせた伏線が最終話でどう繋がっていくのか、その回収劇は見るべき価値があるだろう。

タグ:

posted at 16:30:15

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年12月30日

田代裕彦他「ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン」読了。幾つかのルールが書かれた「クラスのみんなのための学級日誌」と題されたノートが引き起こす不思議な現象の数々。一方「ネコノート(仮)」と仮称されるリレー小説の執筆に関わった作家陣は現実と虚構が交錯した事件に巻き込まれていく。

タグ:

posted at 17:51:18

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年12月30日

今はなき富士見ミステリー文庫の作家陣・新井輝、築地俊彦、水城正太郎、師走トオル、田代裕彦、吉田茄矢、あざの耕平によって執筆されたリレー小説。リレー小説といっても第4話までは担当作家がかなり好き勝手に書いており、その纏める気が一切ない内容に読んでいる方としては不安になることだろう。

タグ:

posted at 17:52:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年12月30日

しかしながら第5話担当の田代裕彦で状況は一変。それまで誰もまともに活用しようとしなかった(!)ノートのルールと物語の展開を論理的に整理し、矛盾点からリレー小説の方向性を決定づけるある事実を導き出すという本格ミステリの書き手らしい離れ業をやってのけて、読者を唖然とさせてくれる。

タグ:

posted at 17:53:05

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年12月30日

正直田代裕彦がいなかったらこのリレー小説は空中分解していたといっても過言ではなく、間違いなくMVPクラスのファインプレーである。だがそこまでやったにも拘わらずオチは寒いまでのただの内輪ネタであり、それを見て個人的には富士見ミステリー文庫が没落したのもさもありなんと思ってしまった。

タグ:

posted at 17:53:27

麻里邑圭人 @mysteryEQ

20年12月30日

リレー小説としては色々と問題があるものの(そもそも担当作家が自分の作品のキャラクターを必ず登場させなければいけないという縛りもキツい)、とりあえず第5話の凄さだけでも読んでほしい作品である。

タグ:

posted at 17:53:40

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました