麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,667/9,229
  • フォロー 1,003 フォロワー 1,509 ツイート 86,261
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2014年02月
«< 前のページ123のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2014年02月01日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月1日

土屋隆夫「穴の牙」読了。この物語に、たとえ彼や彼女が登場しようとも、背後の主役は“穴”である。ある日、突然に、われわれの日常生活をおそう不条理な陥穽は、いたるところで、ひそかに牙をといでいる――。平穏な日常にあいた落とし穴に嵌まった人々を描いた全七話構成の連作ミステリ。

タグ:

posted at 14:15:52

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月1日

平穏な日常からの転落という趣向そのものは珍しくないが、各話の冒頭に「穴の独白」を付けることにより、主役を人物ではなく穴の方にした発想自体は面白い。しかしながらオチが計算されたものではなく、よくある、もしくは取って付けた感が否めないものばかりなのが残念。

タグ:

posted at 14:16:55

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月1日

また作中で起きる事件の中には真相が不明なものもあり、読んでいてかなりモヤモヤする。とはいえ、リーダビリティは高いので、細かいところは気にせず読むのが吉な作品である。

タグ:

posted at 14:17:07

2014年02月02日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月2日

海渡英祐「パドックの残影」読了。競馬新聞記者の栗本が、大レースを中心に競馬界の一年間で遭遇した不可解な事件の数々を解き明かす連作ミステリ。連続毒殺事件にダイイング・メッセージの謎を絡めたフーダニット「出馬表は語る」、不倫相手の夫の死が衝撃的な結末に繋がる「大穴の秋」など五編収録。

タグ:

posted at 20:08:54

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月2日

収録作五編のうちミステリとしてお勧めできるのは前述した「出馬表は語る」「大穴の秋」の二編で、前者は毒殺トリックに雑さを感じる反面、競馬ミステリであることを活かした絞り込みが秀逸。一方、後者は事件の真相が読めたと思わせておいて更に一捻り加えた、この作者らしい皮肉なオチが素晴らしい。

タグ:

posted at 20:09:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月2日

その他「気まぐれの馬」は特殊知識に依存し過ぎ、「極秘情報」「灰色の賭け」はトリックが小粒すぎと難点はあるものの、いずれも競馬ミステリならではのネタを扱っているのが興味深い。ベストを挙げるなら「大穴の秋」。

タグ:

posted at 20:09:21

2014年02月05日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月5日

周木律「五覚堂の殺人」読了。超越者に導かれ東北山中の館〈五覚堂〉に足を運んだ放浪の数学者・十和田只人。そこで彼はビデオテープに記録された〈五覚堂〉連続密室殺人事件の一部始終を見せられることになる。だが彼のいる〈五覚堂〉には惨劇の痕跡が一切なく消失した事件の解を彼は探すことに――。

タグ:

posted at 21:55:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月5日

三度目の正直ならず。これまで作者が発表した二作品はいずれも既視感あるトリックを使った初心者向けミステリだったが、それは本作もまた変わらない。いや、むしろこれまで以上に手掛かりがあからさまで、ぶっちゃけ読者を騙す気があるのかと本気で疑いたくなってしまった。

タグ:

posted at 21:56:12

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月5日

例えば密室トリック一つとっても、ただでさえ見取り図で察しがつきやすいのに序盤から大ヒントを与えてくれる超親切設計である。また過去の事件の真相や館の秘密の一部にしても隠す気がないとしか思えない書き方で真相当てならぬヒント当て(沢山あるヒントを全部見付け出せるか)の様相を示している。

タグ:

posted at 21:56:26

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月5日

そんな状態なので折角フーダニットに凝らされたある仕掛けも見事に不発で終わってしまっているし、最終的な真相も数学に興味がないとだから何? の一言で片付いてしまう。加えて某超越者が何をしたいのかさっぱり分からないし、トリックのためのトリックであるのも個人的にはかなりマイナス。

タグ:

posted at 21:56:37

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月5日

数学ネタやフェアプレイに拘るのはいいが、それよりも先にトリックの必然性とオリジナリティ、そして手掛かりの出し方にも拘ってほしいと切に願う次第である。

タグ:

posted at 21:57:09

2014年02月07日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月7日

井沢元彦「猿丸幻視行」読了。明治四十二年夏、特殊な薬で折口信夫と意識を同化した現在の学生・香坂明は百人一首にも採用されている猿丸大夫の歌が実は暗号だったという衝撃的事実を知る。やがて暗号解読に成功した信夫は宇治山中の猿丸村へと招かれるが、そこで奇怪な事件に巻き込まれることに……。

タグ:

posted at 23:09:49

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月7日

あの「占星術殺人事件」をおさえて第二十一回江戸川乱歩賞を受賞した、作者のデビュー作。本作が最も秀逸なのは実在する和歌を暗号として綺麗に読み解いてしまった点であり、これに関しては素直に凄いと思うものの、暗号音痴(!)な自分としてはむしろSF展開と後半の殺人事件の方を面白く読んだ。

タグ:

posted at 23:10:18

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月7日

もっともSF展開はあくまで歴史ミステリとしての要請であるため物語にはあまり絡んでこないし、殺人事件にしてもトリック的には必ずしも優れているわけではないが、両者の最後に待つ哀愁感はなかなかのもの。暗号物が苦手だと少々つらいが、それだけに留まらない魅力を秘めた作品である。

タグ:

posted at 23:10:27

2014年02月08日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月8日

今邑彩「七人の中にいる」読了。ペンション「春風」のオーナー・晶子には二十一年前のクリスマスイヴに起きた医者一家虐殺事件に加担した過去があった。そんな晶子のもとにあの事件の真相を知る人物から復讐予告が届く。果たして復讐者はクリスマスイヴを控え「春風」に集った七人の客の中にいるのか?

タグ:

posted at 19:55:27

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月8日

もともと今邑彩はサスペンスを得意とする作家だが、本作でもそれは健在で、設定を巧みに活かし、次から次へと登場人物たちを容疑者に仕立てあげては、何気ないシーンでヒロインを脅かしていく様はもはや熟練の域に達している。

タグ:

posted at 19:55:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月8日

文庫版あとがきによると本作は本格ミステリではなくサスペンスに分類されるらしいが、個人的には脅迫状に隠されたある伏線に最も唸らされた。とはいえ復讐者の正体に関しては展開上ほとんどの読者が途中で分かってしまいそうだが、それを差し引いても伏線とプロットで楽しませてくれる良作である。

タグ:

posted at 19:56:12

2014年02月09日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月9日

今邑彩「「死霊」殺人事件」読了。妻を保険金目当てに殺害しようとしていた男が数日後、密室状態の自宅で友人と一緒に死んでいるのが発見され、二階には何故か泥まみれの妻の死体がベッドに寝かされていた。更に男は息を引き取る間際、電話で「死体が生き返った」と言い残していることが分かり……。

タグ:

posted at 18:08:09

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月9日

貴島刑事が探偵役を務めるシリーズの三作目。本作が面白いのは、プロローグで描かれる犯罪計画の一部が同時に巧妙なミスディレクションにもなっている点であり、それが死体が殺人を犯したとしか思えない不可解な状況設定と結び付いて一筋縄ではいかない強固な謎を作り出している。

タグ:

posted at 18:08:20

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月9日

そしてこのシリーズではお馴染みの、隠されていたもう一つの真相に関しては、一見無茶に思えるものの、それまでの伏線の積み重ねが絶妙にフォローしている点が秀逸。幾つか蛇足的な部分もなくはないが、それらが気にならなくなるほどのものが盛り込まれている秀作である。

タグ:

posted at 18:08:53

2014年02月11日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月11日

今邑彩「少女Aの殺人」読了。深夜放送の人気DJ・新谷可南の許に「F女学院の少女A」と名乗る人物から手紙が届く。その内容は養父からの性的虐待に悩む少女が殺人を示唆するショッキングなものだった。可南が調べたところ家庭環境が該当する生徒は三人。やがてそのうちの一人の養父が殺されて……。

タグ:

posted at 18:39:51

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月11日

凝った構成で魅せる良作。章が終わるごとに挿入される少女のモノローグがいい感じでサスペンスを盛り上げると同時に巧いミスディレクションとなっており、真相を知った後に読み返してみると、その伏線がかなり早い段階からさりげなく張られていたことに驚かされる。

タグ:

posted at 18:40:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月11日

しかしながら少女の正体が明らかになって以降は、てっきりアリバイ崩しがメインになるかと思いきやそんなこともなく、ただ一方的に犯人が追い詰められていくだけの展開になってしまっているのが残念。個人的にそこはもう少し捻ってほしかった。

タグ:

posted at 18:40:31

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月11日

夏樹静子「第三の女」読了。雷鳴とどろく晩秋のフランスのホテルで出会った男女。運命に導かれるようにお互いの殺したい相手を打ち明けた二人は、その夜ベッドを共にしつつも別れてしまう。やがて帰国した男を待っていたのは、自分の殺したい相手があの女に毒殺されたという事実だった。

タグ:

posted at 18:40:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月11日

交換殺人に男女の運命的な出逢いを絡めた秀作。基本的に男側の視点で物語が進行するため倒叙ミステリ的な趣があり、完璧に思えた犯罪計画が崩れていく様も見応えはあるものの、それ以上に最後に明かされる真相が素晴らしい。

タグ:

posted at 18:40:55

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月11日

この真相は一見無茶なように思えるが、随所に盛り込まれた工夫とロマンティシズム溢れる演出でそれを見事にカバーしている点に作者の力量のほどが窺える。本作は、ほとんど綱渡りとしか思えないこの真相を作者がどう成立させるかが見所の作品である。

タグ:

posted at 18:41:14

2014年02月12日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月12日

夏樹静子「天使が消えていく」読了。台風が九州を縦断した夜、博多のホテルで宿泊客の男が絞殺され、その後ホテルの経営者も青酸カリ入りの牛乳で毒殺される。一方、婦人誌記者の亜紀子は心臓に障害を持つ赤ん坊のために奔走する。結果、赤ん坊は手術を受け助かるが、その母親の態度には不信感が……。

タグ:

posted at 23:42:01

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月12日

無関係にみえる二つの物語が平行して進んでいく本作の構成に対し、大抵の読者がどうせそれらが最終的に一つに繋がるんだろうと考えるに違いない。確かにその通りなのだけど、それはあくまで本作の真相を効果的に見せる演出の一環に過ぎない。

タグ:

posted at 23:43:27

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月12日

見所は何といっても終盤で明かされる構図の反転であり、それを知った後に読み返してみると、随所に作者の細かい配慮が見てとれることだろう。一部苦しい点もなくはないが、タイトルの意味がしみてくる読後感がそれを綺麗に帳消しにしてくれる、良作である。

タグ:

posted at 23:43:57

2014年02月14日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月14日

夏樹静子「そして誰かいなくなった」読了。豪華クルーザー『インディアナ号』に五人の客が招待された。だが招待者は姿を見せないばかりか夜には五人の罪を告発する内容のテープまで流れる。そして、それを境に一人、また一人と乗客が殺されていく。それはあたかもクリスティの有名なあの作品のように。

タグ:

posted at 22:06:22

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月14日

タイトルから察しがつくように「そして誰もいなくなった」のオマージュ作品。本作が秀逸なのはモータークルーザーという舞台を活かしたクローズドサークルを構築している点であり、本家の孤島とはまた一味違ったサスペンスストーリーが楽しめる。

タグ:

posted at 22:06:35

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年2月14日

そして真相に至り、読者は本作がもう一つ有名な古典ミステリを元にしていることに気付かされる。もっとも真相だけみれば苦しい部分もなくはないが、二重のオマージュを取り入れることでそれをうまくカバーした良作である。

タグ:

posted at 22:06:52

«< 前のページ123のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました