麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,667/9,229
  • フォロー 1,003 フォロワー 1,509 ツイート 86,261
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2015年02月
«< 前のページ12のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2015年02月01日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月1日

伽古屋圭市「からくり探偵・百栗柿三郎」読了。人造人間による殺人、連続して発見されるバラバラ死体、幻術士に弟子入りした息子捜し、惨劇の場から消えた少女……大正時代の浅草で起きた四つの不可解な事件に、発明家の柿三郎が機械式の招き猫・お玉さんと女中の千代の二人(?)と共に挑む。

タグ:

posted at 17:45:21

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月1日

大正時代を舞台にした全四話構成の連作ミステリにして今年度の本格ミステリのダークホース。前作「帝都探偵謎解け乙女」も連作の仕掛けに見るべきところのある作品だったが、本作では更に連作の仕掛けだけではなく個々の事件もきちんと作り込まれていてかなり好感が持てる。

タグ:

posted at 17:46:09

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月1日

人造人間による殺人を扱った第一話は何故犯人が人造人間の仕業に見せかけたのかという理由もさることながら二転三転する一筋縄ではいかない謎解きが秀逸。続く第二話も何故犯人は死体をバラバラにしたのかというホワイダニットを扱っているが、こちらは技巧の一話と異なり奇想であっと言わせてくれる。

タグ:

posted at 17:46:37

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月1日

しかもただ驚かせるだけではなく、それと同時に浮き彫りになる犯人の心情がまた切ないのもいい。個人的にはバラバラ殺人物の新たな収穫として推したい傑作である。そして第三話、第四話は真相が分かりやすいきらいはあるものの、伏線の張り方に巧さがある。

タグ:

posted at 17:47:09

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月1日

特に連作の掉尾を飾る第四話は真相が分かってしまってもある人物の正体を突き止める論理や探偵活動の理由に見るべきところがあり、最後に凝らされた趣向も定番ながら清々しい読後感に一役買っているのが○。発明家という設定も無理なく活かされている本作はキャラミスと本格の配分が絶妙な秀作である。

タグ:

posted at 17:47:46

2015年02月04日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月4日

早坂吝「虹の歯ブラシ 上木らいち発散」読了。高校生で名探偵の上木らいちには曜日ごとにらいちの許を訪れる援交の固定客がいる。殺人現場に残された12枚の死体のカラーコピー、密室で腕を切断され殺された教祖、盲点をつくストーカー撃退法……固定客に纏わる事件の数々を解決した先に待つものは?

タグ:

posted at 22:11:21

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月4日

「○○○○○○○○殺人事件」で第50回メフィスト賞を受賞した作者の二作目は、前作に引き続き愛すべきビッチ探偵・上木らいちが活躍する連作ミステリ。前作も相当なエロバカミスだったが、本作では更にそれに磨きがかかっているのだから恐れ入る。

タグ:

posted at 22:11:55

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月4日

全編思い付いたとしてもこんなネタで書かねえよ!と言いたくなる内容のオンパレードで、しかもそれを使って見事に本格ミステリとして仕上げているのが素晴らしい。それが一番よく発揮されているのが「青は海とマニキュアの色」で、詰め込まれた仕掛けのくだらなさと騙しの技巧には唖然とさせられる。

タグ:

posted at 22:12:19

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月4日

そして連作の掉尾を飾る「赤は上木らいち自身の色」にいたっては「お前は麻耶か!」と言いたくなる色々な意味で凄い趣向が炸裂、読者は感心と脱力が同時に味わえるという稀有な体験をすることになる。本作はエロなくして本格ミステリの発展は有り得ないことを思い知らせてくれる(!)怪作である。

タグ:

posted at 22:13:01

2015年02月07日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月7日

夏樹静子「星の証言」読了。娘の婚約者を泥棒と間違えて殺した男、強姦犯が名乗り出た直後に別の犯人が現れる奇妙な状況、法廷での証言拒否に隠された企みなど七つの事件に、イソ弁の朝吹里矢子がボスの藪原や司法試験浪人の志朗らの協力を得ながら果敢に取り組んでいく連作ミステリ。

タグ:

posted at 21:22:18

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月7日

正当防衛、親告罪、不作為犯といった法律的テーマを取り上げ、事件を通じて分かりやすく見せていく本作は一見するとガチガチの司法ミステリのように思えるが、さに非ず。それらのテーマを巧く本格ミステリとして料理している点に好感が持てる。

タグ:

posted at 21:23:21

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月7日

しかしながら収録作の幾つかはある程度ミステリを読み慣れているとテーマや設定から真相が容易に読めてしまうのが難だが、中には「相続欠落の秘密」のようにパターンの捻り方が絶妙なものもあるので油断ならない。また真相が読めてしまっても手掛かりの見せ方などに巧さが感じられる作品である。

タグ:

posted at 21:23:50

2015年02月08日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月8日

本岡類「奈良「ささやきの小道」殺人」読了。奈良で鹿恐怖症の老人が鹿に襲われてショック死した。警視庁独立捜査班の高月は老人の莫大な遺産目当ての犯行ではないかと見て捜査を開始するが、手掛かりは杳として掴めない。そんな中、関係者の一人が殺されるが、容疑者には鉄壁のアリバイがあった。

タグ:

posted at 15:25:00

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月8日

本作で使われた一部のトリックについて、作者は「一度〝その地でなければ成立しない〟大仕掛けなトリックを書いてみたいと思っていました」と語っているが、確かにこのトリックは奈良でしか実現できないものだろう。しかしながら、それが面白いかどうかはまた別の話である。

タグ:

posted at 15:25:26

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月8日

むしろ本作はもう一つのアリバイトリックの方に見るべきところがあり、原理としては非常に単純ながら伏線の張り方がユニークで、しかもそれが何気にミスディレクションも兼ねている点が巧い。作者の意気込みはこの際無視して(!)アリバイ物として楽しんだ方が吉な作品である。

タグ:

posted at 15:25:43

2015年02月10日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月10日

野崎まど「独創短編シリーズ2 野崎まど劇場(笑)」読了。図ありイラストあり、挙げ句はQRコードすら載った奇文珍文目白押しの短編集第二弾。電撃文庫マガジン連載分、ボツ原稿、書き下ろしに加え、あとがき、巻末広告、カバー裏(!)までフルに活かした全25編収録。

タグ:

posted at 10:11:43

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月10日

独創短編シリーズの二作目。前回よりもギャグの切れ味が増しており、初っぱなの「白い虚塔」からして「小説家になろう」ならぬ「お医者さんになろう」で手術動画をあげてランキングを競うという内容が酷すぎる(誉め言葉)。

タグ:

posted at 10:12:11

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月10日

斬新という点ではカフェの看板を使った「Cafe Bleuetは元気です」やQRコードを使った「人生RありゃQもあるさ」もなかなか(但し後者に関しては小林泰三の短編に前例がある)。

タグ:

posted at 10:12:26

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月10日

また恒例のボツネタ集は前回よりもボツになった理由がはっきり分かるものが多いが、個人的にはブラックユーモアが際立つ「まごのてコレクション」は嫌いではない。中には何故か早川書房のボツ原稿が混じっていて思わず笑ってしまったw

タグ:

posted at 10:12:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月10日

ベストは迷うところだが深水黎一郎「言霊たちの夜」の某短編を思わせる「全年齢官能小説 人妻悦料理~媚猫弄り地獄~」か、電子書籍とニコニコ動画を合体させた(!)「ワイワイ書籍」あたりだろうか。巻末の「電撃文庫館人間消失事件」もメタメタな感じがいい意味で「増加博士と目減卿」っぽくて○。

タグ:

posted at 10:12:59

2015年02月11日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月11日

乙野四方字「ラテラル ~水平思考推理の天使~」読了。リモコンを踏んで叫んだ女、買ったばかりの水を捨てる男、勝つことを諦めた少女、信号の横断歩道を渡る女……クラスメイトの少女・すすめの秘密に迫るべく、謎を解くことが生きがいの少年・論は『天使』が生み出す謎の【状況】の【解明】に挑む。

タグ:

posted at 13:29:26

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月11日

「ミニッツ」の作者の久々のオリジナル新作は、『ウミガメのスープ』を題材にした新感覚『推理ゲーム小説』。少ない手掛かりから論理の積み重ねによって真相に辿り着くその過程は『九マイルは遠すぎる』的な面白さがあり、特に第二問のキチガイぶりと第四問のアンフェアすれすれの発想が秀逸。

タグ:

posted at 13:29:42

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月11日

だがその反面、本筋の物語が凡庸なのが残念で、できるなら話を無難に纏めることより最後まで意外性重視でいってほしかった。とはいえ、作者の作品の中では一番題材を巧く料理していたように思うので、次回作もこの路線を希望したい。

タグ:

posted at 13:30:00

2015年02月12日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月12日

藤雪夫/藤桂子「獅子座」読了。幼い二人の娘を残して、女がクリスマスの夜に失踪してから三十年後、埼玉県隈ヶ谷署に殺人現場を目撃したという匿名の手紙が届く。それを裏付けるように間もなく消費者金融の支店長の他殺体が見付かり、彼が使っていた貸金庫から一枚の暗号紙片が……。

タグ:

posted at 16:35:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月12日

父と娘による合作長編。本作には暗号やアリバイトリックなどが詰め込まれているものの、正直それらの印象は薄く、どちらかというと物語の悲劇性が強く胸に残る。とはいえミステリとしてみるなら暗号の解明と同時に判明する事件の構図が第一のアリバイトリックの重要な手掛かりになっている構造が秀逸。

タグ:

posted at 16:35:18

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月12日

派手なトリックを期待すると肩透かしを覚えるかもしれないが、事件を通して描かれる探偵役の悲哀には一読の価値がある作品と言えるだろう。

タグ:

posted at 16:36:09

2015年02月14日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月14日

中町信「草津・冬景色の女客」読了。羽生五郎の妻・照美が半年前に起きた転落死に纏わる手紙を残して死んでいるのが発見された。だがその手紙からは真相に言及した部分が欠如していた。事件の解明を依頼された作家探偵・氏家周一郎は関係者たちによる温泉ツアーに参加するが、そこで新たな死者が……。

タグ:

posted at 14:16:36

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月14日

本作は作者の作品をある程度読んでいると「あれ、この作品、もしかして前も読んだことがある……?」と思わず錯覚してしまうくらいテンプレの設定と展開だが、トリックだけは小粒ながらも相変わらず抜け目ないのが心憎い。

タグ:

posted at 14:17:09

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月14日

特に秀逸なのは冒頭のアンフェアすれすれのある一文で、これのおかげでダイイング・メッセージがあからさまだったにも拘わらず、まんまと騙されてしまった。もっとも事件の構図自体は「またこれか」というものなので、中町作品を続けて読んでいるとすぐに気付いてしまう可能性大。

タグ:

posted at 14:17:33

麻里邑圭人 @mysteryEQ

15年2月14日

なので「しばらく中町を読んでいない」、もしくは「中町を読んだことがない」人が読むと適度に驚かされる作品である。

タグ:

posted at 14:17:43

«< 前のページ12のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました