麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,762/9,324
  • フォロー 1,007 フォロワー 1,517 ツイート 86,970
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2012年11月01日
並び順 : 新→古 | 古→新

2012年11月01日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

12年11月1日

長沢樹「夏服パースペクティヴ」読了。新進気鋭の女性作家・真壁梓が行うビデオクリップ制作のスタッフとして撮影合宿に参加することになった私立都筑台高校の映研部長・遊佐渉はそこで現実と虚構が入り交じった美少女クロスボウ連続殺人事件に巻き込まれることになる。果たして殺人劇の行方は……。

タグ:

posted at 00:04:38

麻里邑圭人 @mysteryEQ

12年11月1日

「消失グラデーション」で横溝賞を受賞した作者の二作目である本作は、密室に推理劇、クローズドサークル、そして首切りまで盛り込んだ前作以上に本格度の高い作品に仕上がっている。

タグ:

posted at 00:05:30

麻里邑圭人 @mysteryEQ

12年11月1日

前作でも思ったことだが、この作者の持ち味はミスディレクションの巧さであり、それは本作にも遺憾なく発揮されている。特にそれが顕著なのは第一の事件(?)であり、ネタだけ取り出せば手垢のついたトリックでもこういう見せ方があるのかと至極、感心した。

タグ:

posted at 00:06:18

麻里邑圭人 @mysteryEQ

12年11月1日

メインの仕掛けに関しては、文章だけだとピンとこない部分があるのが難点ではあるものの、緻密な伏線がそれを見事に補っている。本作は前作以上に技巧的な作品であると共に、作者の本格ミステリ作家としての資質を知る上で見逃せない作品である。

タグ:

posted at 00:06:54

麻里邑圭人 @mysteryEQ

12年11月1日

円居挽「今出川ルヴォワール」読了。京都・河原町今出川にある大恩寺で起きた密室殺人事件の容疑者とされ、私的裁判「双龍会」にかけられることになった龍樹家の若き龍師・御堂達也。だが、それは壮絶な騙し合いのゲーム「権々会」への序章に過ぎなかった――。

タグ:

posted at 22:24:11

麻里邑圭人 @mysteryEQ

12年11月1日

ミステリだと思って読んでたらギャンブル小説だった。何を言ってるのか分からないと思うが(以下略)。言うなれば本作は円居版「カイジ」であり、「鳳」というゲームを使った騙し合いがメインになる。故に「丸太町」のような「双龍会」でのロジックの応酬を期待すると些か肩透かしを覚えるだろう。

タグ:

posted at 22:24:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

12年11月1日

しかしながら、そんな騙し合いの中にもギャンブル小説では決して出てこないようなミステリ的仕掛けを盛り込むなど見るべきところはある。また家系図に纏わるアレはどこか清涼院流水を彷彿とさせて思わず苦笑。

タグ:

posted at 22:25:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

12年11月1日

良くも悪くもシリーズファンであれば楽しめる内容には仕上がっているが、個人的には「丸太町」のようなどんでん返しの連続をもう一度楽しみたかった。

タグ:

posted at 22:25:30

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました