麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,828/9,390
  • フォロー 1,004 フォロワー 1,532 ツイート 87,339
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2017年10月19日
並び順 : 新→古 | 古→新

2017年10月19日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年10月19日

貴志祐介「ミステリークロック」読了。世界でも希少な時計が集められた山荘の晩餐会。主催者の女流作家の怪死は「完璧な事故」で終わるはずだった。そう、居合わせた防犯コンサルタント・榎本径が異議を唱えなければ……。表題作含む、斜め上を行くトリックに彩られた四つの事件を収録。

タグ:

posted at 23:50:38

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年10月19日

防犯探偵シリーズの四作目となる連作ミステリ。今時珍しい密室トリックに拘った内容は前作「鍵のかかった部屋」と同様だが、本作では更にそれを追求した結果、かなりの特殊知識が要求されるトリックばかりになっているのは賛否が大きく分かれるところだろう。

タグ:

posted at 23:51:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年10月19日

しかしながらその作り込みは半端ではなく正直ここまで徹底的にやってくれると圧巻の一言に尽きる。中でも凄まじいのは長編と言っても差し支えのない長さの表題作で作中のミステリ作家が語る「これから(のトリック)は、複数のトリックのコンビネーションで勝負」というのを見事に実践してみせている。

タグ:

posted at 23:51:43

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年10月19日

その複数のトリックが具体的には何なのかはここでは伏せるが、緻密にして複雑な仕掛けと大胆なミスディレクション、そしてそれをやってのけた犯人を追い詰める皮肉かつ鮮やかなオチには脱帽と言わざるを得ない。

タグ:

posted at 23:52:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年10月19日

またシリーズの見所の一つである仮説のビルド&スクラップに関してはワトソン役である純子のトンデモ推理に拍車がかかっており、読んでいる途中何度も笑わせてもらったw ある意味、本作のまだ見ぬ密室トリックを追求する姿勢は21世紀本格に通じるものがあるかもしれない。

タグ:

posted at 23:52:22

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました