麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,745/9,307
  • フォロー 1,006 フォロワー 1,518 ツイート 86,865
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2018年11月30日
並び順 : 新→古 | 古→新

2018年11月30日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

18年11月30日

伊吹亜門「刀と傘」読了。維新志士の怪死、密室状況で発見される刺殺体、処刑直前に監獄舎で毒殺された囚人、奇妙な暗殺事件、そして再び監獄舎で起こる殺人――幕末から明治初頭の動乱期の陰で生まれた不可解な五つの謎を通して、若き尾張藩士・鹿野師光と後に初代司法卿となる江藤新平の物語を描く。

タグ:

posted at 07:58:15

麻里邑圭人 @mysteryEQ

18年11月30日

第十二回ミステリーズ!新人賞受賞作「監獄舎の殺人」含む時代ミステリの連作。法月綸太郎「死刑囚パズル」などでお馴染みの謎に明治という時代だからこそ成立する動機と政治劇を絡めた「監獄舎の殺人」も良いが、ベストを選ぶならやはり最初の一編「佐賀から来た男」になるだろう。

タグ:

posted at 07:58:35

麻里邑圭人 @mysteryEQ

18年11月30日

オーソドックスな犯人当てと思わせてからの意外な構図とそこから見えてくる被害者や犯人の心情が秀逸で、この時代の小道具の使い方もいい。しかしながらその二編以外の短編になると事件そのものよりも史実や連作としての物語に関わる企みに比重が置かれた内容になっていて、やや物足りなさがある。

タグ:

posted at 07:58:52

麻里邑圭人 @mysteryEQ

18年11月30日

また受賞作から四年かけて完成させたせいか短編によって人物描写にばらつきがあり、例えば最初の二編を読んだ後に三編目の一番古い受賞作を読むと違和感があるのが気になる。とはいえ時代ミステリとしては高いレベルを維持している作品である。

タグ:

posted at 07:59:38

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました