麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,762/9,324
  • フォロー 1,007 フォロワー 1,517 ツイート 86,970
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2021年03月01日
並び順 : 新→古 | 古→新

2021年03月01日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

3月1日

浅倉秋成「六人の嘘つきな大学生」読了。IT企業「スピラリンクス」新卒採用の最終選考に残った六人の就活生。親交を深めたのも束の間、一通のメールを機に仲間だった筈の六人は一転、一つの席を奪い合うライバルになった。だが内定を賭けた議論が進む中、六人分の告発文が発見されて事態は一変する。

タグ:

posted at 22:06:51

麻里邑圭人 @mysteryEQ

3月1日

六人の就活生が新卒採用の最終選考の場で告発文の犯人探しと内定を賭けたディスカッションを同時に行うことになる長編ミステリ。本作の粗筋と表紙からどことなく石持浅海っぽいと思うミステリ読みは少なからずいると思われるが、個人的観点から言えばその印象は半分正しい。

タグ:

posted at 22:08:58

麻里邑圭人 @mysteryEQ

3月1日

本作の前半部は事件が起こった過去と、「犯人」の死後に何者かが関係者たちから事件の話を聞く現代パートの二つで構成されているが、事件の進行と連動して現代パートで「犯人」ではない生き残っている関係者が一人ずつ明かされていく展開は実にスリリングかつ意外性に満ちている。

タグ:

posted at 22:10:40

麻里邑圭人 @mysteryEQ

3月1日

そして、その構成の中に巧みに隠された伏線から導かれるロジックは思いの外シンプルながら意表を突いたものになっており、犯人の正体と共に明かされる動機からは紛れもなく「教室が、ひとりになるまで」の作者らしさが感じられるだろう。……だが、本作の真骨頂は実はここからなのだ。

タグ:

posted at 22:11:12

麻里邑圭人 @mysteryEQ

3月1日

正直ここで終わっても充分ミステリとしては良くできているのだが、作者はそれでよしとせず一見蛇足とも思える部分を描くことで本作を見事に傑作へと押し上げてみせる。しかもそこには作者の異名である「伏線の狙撃手」ならではの物語としての伏線の巧さが遺憾なく発揮されているのだから堪らない。

タグ:

posted at 22:11:42

麻里邑圭人 @mysteryEQ

3月1日

言うなれば本作は「教室が、ひとりになるまで」の更にその先を押し進めたことで、ミステリとしてもさることながら小説としても一皮むけた傑作である。

タグ:

posted at 22:12:06

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました