麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,758/9,320
  • フォロー 1,007 フォロワー 1,518 ツイート 86,955
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2021年04月22日
並び順 : 新→古 | 古→新

2021年04月22日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月22日

また作中に登場するおかず屋の憎めないキャラも○で、彼の存在が陰惨な事件の救いになっている部分も少なからずあるだろう。総じて作者のストーリーテラーぶりと、奇怪な謎に相応しい真相が堪能できる作品集である。

タグ:

posted at 20:25:16

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月22日

そして収録作中ベストを挙げるなら「トランプ台上の首」で、タイトル通りの強烈なシチュエーションもさることながら、捜査が進むにつれ謎が解けていくどころか逆に増えていく展開と、終盤で金田一が犯人の名を告げた途端、謎と思われた出来事が一転して絶妙な伏線になる点が素晴らしい。

タグ:

posted at 20:25:00

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月22日

また何気にある人物に犯人の正体を気付かせないよう、あえてあのような設定にした点も巧い。一方「鴉」は人間消失のトリックこそ他愛ないものだが、むしろドロドロの事件の背景の方に見るべきものがある。

タグ:

posted at 20:24:39

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月22日

名探偵・金田一耕助がかつて解けなかった因縁の事件を扱った表題作含む三編を収録した中編集。表題作と「鴉」は人間消失の謎が出てくる点で共通しているものの、表題作はどちらかというと陰険な毒殺トリックとそれが象徴する凶悪な犯人像の方が印象に残るだろう。

タグ:

posted at 20:24:19

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月22日

横溝正史「幽霊座」読了。かつて人気随一の若手歌舞伎俳優が芝居中に失踪した芝居小屋でまたしても惨劇が起こる表題作の他、美しい人妻を残して密室から消失した夫と逆さ吊りにされた鴉の死体の謎を扱った「鴉」と生首のみを残し胴体を隠すという犯人の不可解な行動に迫る「トランプ台上の首」を収録。

タグ:

posted at 20:24:01

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました