麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,750/9,312
  • フォロー 1,006 フォロワー 1,519 ツイート 86,874
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2021年08月20日
並び順 : 新→古 | 古→新

2021年08月20日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

8月20日

「バトル・インフェルノ」観了。ヤラセの悪魔祓い配信中に現れた本物の悪魔とニセ神父の60分1本勝負。悪魔祓いに必要な悪魔の名前とその狙いを探り出すまでの過程はホラー映画ながらコンゲームのような面白さがあり緊迫した密室劇からのスケールの大きなオチがある種の爽快感を齎してくれるだろう。

タグ:

posted at 21:09:47

麻里邑圭人 @mysteryEQ

8月20日

その他「羽衣の鬼女」に比べると一歩劣るものの「影法師」は良い意味で無茶苦茶な展開が、「スプリガン」は犯人が監視している状況だからこそ成立する仕掛けが、「降霊屋敷」は事件が終わった後の大立ち回りとある人物の正体を示す漫画ならではの伏線が、「妖刀屍丸」は犯人の過去に纏わる外連味が○。

タグ:

posted at 17:51:49

麻里邑圭人 @mysteryEQ

8月20日

奇怪な不可能犯罪にJC探偵の写楽炎と後輩の空手くんが挑むミステリ漫画シリーズの四作目。「羽衣の鬼女」のみ既読ながらやはり収録作の中でも頭一つ抜き出ており、足跡なき殺人の新機軸ともいうべき前代未聞のトリックを打ち出しつつもそれを違和感なく成立させる事件の背景の作り込みが素晴らしい。

タグ:

posted at 17:51:30

麻里邑圭人 @mysteryEQ

8月20日

根本尚「怪奇探偵 ・写楽炎」4巻読了。次々と人を襲う正体も動機も不明の怪人の恐怖「影法師」、おぞましい羽衣伝説に見立てたような足跡なき殺人「羽衣の鬼女」、密室から消えた呪いの宝石「スプリガン」、降霊会の夜に続発する不可解な現象「降霊屋敷」、血を流す刀の謎「妖刀屍丸」の五編を収録。

タグ:

posted at 17:51:14

麻里邑圭人 @mysteryEQ

8月20日

深水黎一郎「名画小説」読了。名画をテーマにした全13編の掌編集。さらりと芸術探偵物も混じっているのが何気に嬉しい。ベストは「父の再婚」でオチの名画が話に深みを与えているのがいい。その他「六人姉妹」がホラー的に、「祖母綠の少女II」が「I」のギャップと相俟ってミステリ的に良かった。

タグ:

posted at 17:07:19

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました