麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 9,445/10,009
  • フォロー 1,024 フォロワー 1,595 ツイート 90,026
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2021年11月30日
並び順 : 新→古 | 古→新

2021年11月30日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

21年11月30日

笛吹太郎「コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎」読了。昨日行った居酒屋が消えた?引き出しのお金が四万七千円も増えていた?誰も死んでいないのに姉が四方八方に喪中はがきを送りつけていた?ミステリ談義の集まりにゲストをお呼びして毎回カフェでゆるゆると行う推理合戦の行方やいかに?

タグ:

posted at 11:27:06

麻里邑圭人 @mysteryEQ

21年11月30日

荻窪のカフェを舞台に出版業界のミステリ愛好家達が黒後家形式で事件の謎を解き明かす連作ミステリ。肩の力を抜いて楽しめるというコンセプト通り一編一編が短くさくっと纏められており雰囲気は全体的にユーモラス、いい意味で軽い文体と各編に添えられたあとがきも雰囲気作りに一役買っていて好印象。

タグ:

posted at 11:27:26

麻里邑圭人 @mysteryEQ

21年11月30日

一方ミステリとしてみても各編謎が凝っており、たとえ真相が微妙だったとしても伏線の張り方が巧いのでそれほどガッカリした気分にならないのがいい。ベストを挙げるならアレルギーの原因となったナッツがどこから現れたのか、その謎を巡る第二話でクリスティっぽい仕掛けと微笑ましくなる後味が○。

タグ:

posted at 11:27:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

21年11月30日

次点は誰も亡くなっていないのに出された喪中はがきの謎を扱った第五話で、謎の面白さもさることながら真相も盲点をついていていい。話の展開が些か型にはまりすぎたきらいはあるが、この手のミステリが好きな人なら間違いなく楽しめる良作である。

タグ:

posted at 11:27:59

麻里邑圭人 @mysteryEQ

21年11月30日

ちなみに第二話を読んで、最近読んだミステリに時と場所などお構いなくバリバリとナッツを食べる探偵役が出てきたのを思い出した。

タグ:

posted at 11:28:32

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました