麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 9,418/9,982
  • フォロー 1,026 フォロワー 1,591 ツイート 89,956
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2021年12月30日
並び順 : 新→古 | 古→新

2021年12月30日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

21年12月30日

倉野憲比古「弔い月の下にて」読了。かつて隠れキリシタンの島民が大量死したという曰く付きの
島・弔月島。軽い気持ちで島にやってきた大学院生の夷戸ら三人はそこに建つ淆亂館(ばべるかん)の使用人たちに拉致され、館に軟禁される。そしてその夜、館の主人と思しき顔のない死体が発見されて――。

タグ:

posted at 21:18:47

麻里邑圭人 @mysteryEQ

21年12月30日

前作「墓地裏の家」から十年ぶりとなる三作目の長編ミステリ。本作もまた探偵小説とB級ホラー映画をこよなく愛する作者らしい作品となっており中盤までの展開はオーソドックスなクローズド・サークル物の本格ミステリ風だが、それ以降は異端信仰、異常心理学に彩られた怪奇趣味が濃厚になっていく。

タグ:

posted at 21:19:49

麻里邑圭人 @mysteryEQ

21年12月30日

「本作は変格探偵小説なのか? はたまた異形の本格なのか?」とは本作に寄せられた著者のことばだが、昨今の多様化した現代国内本格からしてみると本作は問題なく本格ミステリにカテゴライズされる作品であると思う。

タグ:

posted at 21:20:28

麻里邑圭人 @mysteryEQ

21年12月30日

例えば某国内作家Nを思わせるアレ系知識を活かしたトリック(特にメイン)は充分バカミスとして許容範囲だし、最後のオチにしても某古典ミステリを引き合いに出すまでもなく極めてよくあるものだ。むしろ前述したバカミスネタに対し最後のオチの方が弱く感じてしまうのが難と言えるかもしれない。

タグ:

posted at 21:20:44

麻里邑圭人 @mysteryEQ

21年12月30日

とはいえ色々と物足りなかった前作に比べるときちんとインパクトのあるネタが用意され、かつそれをいかにして成立させるかという点で苦心の跡が窺える怪奇本格ミステリの良作である。

タグ:

posted at 21:20:58

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました