麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,667/9,229
  • フォロー 1,003 フォロワー 1,509 ツイート 86,261
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2011年03月
«< 前のページ123のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2011年03月02日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月2日

梶龍雄「蝶々、死体にとまれ」読了。大学の学園祭のさなか、女子大生の死体が昆虫同好会の展示室で発見され、密室と化した部屋からは高価な蝶の標本が消えていた。更にこの蝶を巡って次々と起こる怪事件。果たしてこの事件の真相とは。そして作者が語る「動機のトリック」とは何なのか?

タグ:

posted at 14:13:06

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月2日

まず本作について作者はこう語っている。「推理小説では、犯行や罪の隠匿がトリックを作ることが多いが、犯行の動機がトリックを作ることもある……と、こう書いたら、中身を読む前にここを読んだ方には、ヒントの与え過ぎだろうか? それでも読者は見破れまいという自信があるのだが……(後略)」

タグ:

posted at 14:14:24

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月2日

この言葉からも分かる通り、本作のメインは動機にある。それさえ分かってしまえば謎のほぼ九割は解けたも同然と言っていいだろう。しかしながら作者が自信を持つだけあって、この問題を解くことはなかなか容易ではない。我こそはと思う人には是非とも挑戦して頂きたい、ホワイダニット物の秀作である。

タグ:

posted at 14:15:56

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月2日

小林泰三「忌憶」読了。タイトルにある通り「記憶」をテーマにした三編が収録されたホラー連作集。何をやってもうまくいかないダメ男が幼い頃よく見たという奇妙な夢「奇憶」、腹話術の人形に自分の体を乗っ取られた男の奮闘「器憶」、記憶障害になった男がメモしているノートに隠された秘密「危憶」。

タグ:

posted at 18:24:09

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月2日

このうち個人的なベストは「器憶」だが「危憶」のある矛盾点に関して推理する流れがミステリっぽいのも○。「奇憶」はとにかく「ダメだこいつ、早く何とかしないと」と思わせるキャラ描写が秀逸だった。「セピア色の凄惨」を読んだ時も思ったが小林泰三はこの手のキャラを描くのが抜群に上手いと思う。

タグ:

posted at 18:25:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月2日

尾崎諒馬「思案せり我が暗号」読了。一言でいえば、暗号に始まり暗号に終わる小説。ここまで暗号にこだわった作家は近年では倉阪鬼一郎くらいだろう。個人的に最も面白かったのは作中作である「ワルツ 思案せり我が暗号」で、これに関しての感想は作者自身が本文P229で的確に言い表している。

タグ:

posted at 22:14:48

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月2日

「//小説の中の私『鹿野信吾』と一緒になって暗号の解読を楽しんでしまうんだ。そうすると最後の『尾崎凌駕』の遺書にハッとさせられるんだよ。//正直言って参ったよ。これが『本格推理小説』かどうかという疑問もあるが、それこそ、新しい『本格推理小説』に対する模索は感じられる//」

タグ:

posted at 22:15:42

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月2日

だが、その一方で本作は欠点も多く、例えば暗号講義から始まる蘊蓄にあそこまでページを割く必要があったのか甚だ疑問ではあるし、最後の試みもお世辞にも成功しているとは言い難い。(ちなみに最後の試みに関しては何となく大谷羊太郎の「殺意の演奏」を思い出した)

タグ:

posted at 22:16:33

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月2日

正直、暗号部分以外は厳しいところも多々あるものの、そこかしこに本格ミステリに対する作者の並々ならぬ情熱が感じられる意欲作ではあると思う。

タグ:

posted at 22:18:00

2011年03月04日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月4日

東野圭吾「麒麟の翼」読了。ある寒い夜、日本橋の欄干に凭れかかっていた男の胸にナイフが刺さっているのを巡査が発見、直ちに病院に搬送されたものの、間もなく死亡が確認された。それから一時間後、今度は被害者の免許証と財布を所持していた男がトラックに撥ねられたという情報が入る――。

タグ:

posted at 20:37:50

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月4日

帯には「加賀シリーズ最高傑作」。そして、それを保証する自信に満ちた作者の言葉……だが、残念ながら本作は自分にとっての「加賀シリーズ最高傑作」にはならなかった。別に悪い作品ではないと思うのだけど、どうにもあまりミステリを読んだ感じがしないのだ。

タグ:

posted at 20:39:17

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月4日

あえて本作を例えるならミステリ形式の人間ドラマ。ただ同じ路線の「赤い指」や「新参者」の時はまだミステリを読んだという実感があったのにどうしてこうなった……。とりあえず本作が加賀シリーズ中最もミステリ度が低い作品なのは間違いない。因みに自分の「加賀シリーズ最高傑作」は「悪意」です。

タグ:

posted at 20:41:55

2011年03月06日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月6日

静月遠火「ボクらのキセキ」読了。女子高生の有亜の許にかかってきた未来の恋人と名乗る男からの電話。男は自分と絶対付き合ってはいけないと言いもし付き合ったら起こるであろう未来の予言をする。実はそれは隣の高校に通う久則がかけた悪戯電話だったのだが数日後予言通りの事が本当に起こり始める。

タグ:

posted at 11:13:25

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月6日

始まりこそ作者のデビュー作である「パララバ」と似ているが、SF要素のあった「パララバ」とは異なり、こちらは完全に現実に則した物語となっている。何故、予言通りのことが起きるのか? その理由はなんてことはないものだが、落としどころとしては妥当なところだと思う。

タグ:

posted at 11:14:58

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月6日

ミステリとしての醍醐味を求めると些か物足りないかもしれないが、物語的にはそこそこ楽しめた作品だった。ライトな恋愛ミステリが好きな人であれば、もしかしたら気に入るのかもしれない。

タグ:

posted at 11:15:46

2011年03月07日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月7日

北山猛邦「私たちが星座を盗んだ理由」読了。一見、ミステリとは思えない物語。だが、ラストでそれは見事に反転し、ミステリとしての本性が明らかになる……そんな五つの短編が収録された本作は、久々に「これぞ北山猛邦」と胸を張って言える出来に仕上がっている。

タグ:

posted at 21:50:03

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月7日

書き下ろしは表題作と「終の童話」の二編だが、個人的には表題作よりも「終の童話」の方を推したいと思う。この短編は「少年検閲官」同様、トリックのために一つの世界を作り上げた「異世界本格」であり、そこでしか成立し得ない異形の論理が素晴らしい。

タグ:

posted at 21:51:19

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月7日

他にも麻耶雄嵩を思わせる「妖精の学校」やラスト一行にその手のミステリ好きは狂喜する「恋煩い」など見逃せない短編が目白押しな本作は、間違いなく今年を代表する本格と言っていいだろう。

タグ:

posted at 21:52:16

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月7日

小泉喜美子「暗いクラブで逢おう」読了。まず本作のあとがきで作者は次のように語っている。「ミステリとは、もっと余裕のある、しゃれた小説分野なのです。花や香水のようにして選んで、そして楽しむものなのです」――本作はそんな作者のミステリ観がよく表れたミステリ短編集である。

タグ:

posted at 22:01:25

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月7日

収録作は基本的に謎解きの醍醐味よりもミステリの洒落た雰囲気を味わうことに重点が置かれているが、中には思わぬサプライズが仕掛けられたものもあるので油断ならない。「故郷の緑の……」は「弁護側の証人」を書いた作者らしい「やられる」ミステリとしてお勧めしたい一編である。

タグ:

posted at 22:02:21

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月7日

ちなみに個人的なベストは「酒と薔薇と拳銃」。「故郷の緑の……」の意外性ある作品も捨て難いが、本作のコンセプトである「洒落た雰囲気を味わう」という意味ではこの短編がもっとも相応しいような気がする。

タグ:

posted at 22:03:09

2011年03月08日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月8日

加賀美雅之「縛り首の塔の館」読了。本作は加賀美作品ではお馴染みの「人狩り紳士」ことパリ警視庁の予審判事、シャルル・ベルトランが五つの不可能犯罪に挑むミステリ連作集である。本作について良い言い方をすれば「古きよき本格」ということになるのだろう。

タグ:

posted at 21:35:06

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月8日

だが、残念ながら自分は本作を読んで、ただの「古臭い本格」としか感じなかった。例えば本作の収録作の幾つかは手垢のついたトリックを使っているが、別にそれを悪いと言うつもりは毛頭ない。何故なら手垢のついたトリックでも見せ方一つ変えただけで見違えるくらいの効果を発揮する場合があるからだ。

タグ:

posted at 21:36:28

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月8日

だが本作の場合その見せ方すらも手垢まみれなのがいただけない。他にも無神経とも言える文章の誤りや、あからさますぎる手掛かりの出し方にはゲンナリ。あと「白魔の囁き」のトリックについて作者は『「バカミス」と受け取られかねませんが』と語っているが、こういうのはバカミスとは言わないと思う。

タグ:

posted at 21:37:48

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月8日

あえて言うなら、ただのご都合主義であり、個人的にはこれをトリックと言ってしまうのはどうかとさえ思う。色々辛辣なことを言ってしまったが、デビュー作から追い掛けている作者だけに次回こそは頑張ってもらいたい。

タグ:

posted at 21:38:58

2011年03月09日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月9日

小泉喜美子「またたかない星」読了。本作のジャンル名を見ると「青春本格ミステリー」となっているが、実際は「女は帯も謎もとく」のようにミステリーあり、リドル・ストーリーあり、ホラーありといったバリエーションに富んだ短編集に仕上がっている。

タグ:

posted at 18:32:58

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月9日

収録作のうち最もミステリ度が高い「犯人のお気に入り」はアレ系の先駆けとも言うべき作品だが、その内容は今読んでも全く古さを感じさせない。また「殺人者と踊れば」も実にこの作者らしい仕掛けでアッと驚かせてくれる。多分赤川次郎の黒い作品が好きな人であれば本作も気に入るのではないだろうか。

タグ:

posted at 18:33:45

2011年03月13日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月13日

小島正樹/島田荘司「天に還る舟」読了。「火刑都市」事件の捜査を終えた中村は休暇で訪れた埼玉県秩父市である事件に遭遇する。鉄橋から男の首吊り死体と黒い舟がぶら下がっていたというその奇妙な事件は自殺として処理されていたが不審を抱いた中村は独自に調べ始める。その直後、第二の事件が……。

タグ:

posted at 18:37:30

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月13日

本作は小島正樹と島田荘司の共作ということになっているが、自分が読んだ印象では小島正樹によるところが大きいように思った。例えば本作で使われたトリックはどれも大掛かりだが、島荘作品特有の豪快さはあまり感じられない。文章にしてもイマイチ淡々としている。

タグ:

posted at 18:38:36

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月13日

とはいえ、第一の殺人のトリックはよくできていると思う。また中村刑事の他にもあの人を登場させるなど所々に島荘ファンに対するサービスが用意されているのも嬉しい。そして小島作品ではお馴染みの海老原浩一も探偵役として活躍しているので、小島作品が好きであれば読んでみてもいいかもしれない。

タグ:

posted at 18:39:46

«< 前のページ123のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました