麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,672/9,235
  • フォロー 1,003 フォロワー 1,509 ツイート 86,313
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2014年09月
«< 前のページ123のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2014年09月03日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月3日

早坂吝「○○○○○○○○殺人事件」読了。アウトドアが趣味のブログを通じて知り合った公務員の沖らは仮面の男・黒沼が所有する孤島で毎年オフ会を行っていた。だが一行が孤島に着いた翌朝、参加者の二人が失踪し、続いて殺人事件が発生。更には意図不明の密室が……。第50回メフィスト賞受賞作。

タグ:

posted at 21:49:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月3日

爆笑w 間違いなくメフィスト賞でしか読めないタイプの作品である。一応本作はタイトル当てを趣向としているが、それはあくまでオマケに過ぎない。中身はれっきとした本格ミステリであり、そこにメフィスト賞でしか使えない、酷い一発ネタ(褒め言葉)をぶちこまれているのだ。

タグ:

posted at 21:50:14

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月3日

とはいえ、ネタだけしかない作品というわけではなく、意外にも本格として丁寧に作り込まれている。例えばフーダニットに絡めてメインの仕掛けを明かしてみせる手際も見事だし、合間合間で作者による挑発が入るのも実に効果的。また仕掛けに付随した小ネタでも追い打ちとばかりに笑わせてくれる。

タグ:

posted at 21:50:33

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月3日

本作は久々にメフィスト賞らしい作品であると同時に、バカミス愛好家に胸を張ってお勧めできるバカミスの秀作である。

タグ:

posted at 21:50:57

2014年09月04日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月4日

中山七里「アポロンの嘲笑」読了。東日本大震災から五日目に起きた殺人事件。被害者は原発作業員の金城純一で被疑者の加瀬邦彦は口論の末、純一を刺したのだという。その後、邦彦は警察に移送されるが、その途中で起きた余震に乗じて逃走。彼にはどうしても行かなければいけない場所があった。

タグ:

posted at 21:32:43

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月4日

震災と原発をテーマにした社会派サスペンス物。一応真相はラストまで伏せられているものの、出てくるキーワードがあからさまなので非常に分かりやすいし、ストーリーの展開にしてもびっくりするほど捻りがない。

タグ:

posted at 21:32:59

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月4日

しかしながら作者の持ち味であるリーダビリティの高さと盛り上げの上手さで読ませる作品に仕上げているのは流石といったところだろう。些かご都合主義的な部分も含め、ハリウッド映画的な作品である。

タグ:

posted at 21:33:09

2014年09月05日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月5日

周木律「伽藍堂の殺人」読了。宗教施設として使われた二つの館が佇む島――伽藍島。その島にリーマン予想の解法を求め、天才・善知鳥神や放浪の数学者・十和田只人らが招待されるが講演会直後、二人の招待客が姿を消し死体となって発見される。だが、その死体は瞬間移動したとしか思われず……?

タグ:

posted at 21:05:27

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月5日

見取り図が最大のヒントなのは相変わらずだが、今回はトリックがいつも以上に大がかりなので読者の中には気に入る人もいるかもしれない。しかしながら全体的にそれをやる必然性が弱く、肝心の動機にしても「はあ」としか言いようのない数学ネタで終わってしまうのがかなりアレ。

タグ:

posted at 21:05:36

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月5日

数学ネタをやるなとは言わないが、やるなら加藤元浩の「Q.E.D.」シリーズのようにもう少し上手くミステリと絡ませてほしいと思う。

タグ:

posted at 21:05:57

2014年09月07日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月7日

笹沢左保「真昼に別れるのはいや」読了。妻子を立て続けに亡くして以来、元気のなかった兄・春彦が社長令嬢と付き合い始めたのも束の間、奥多摩で謎の死を遂げる。警察は自殺と断定したが、妹の多美子は不審を抱いたTVプロデューサーの富田と共に謎の解明に乗り出す。

タグ:

posted at 19:46:47

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月7日

本作には風変わりなアリバイが出てくるが、どちらかというとメインはホワイダニットの方だろう。解説によると本作はタブーとされる本格推理と恋愛の両立に挑戦したとのことだが、その恋愛要素が真の動機の絶妙なミスディレクションになっているのが素晴らしい。

タグ:

posted at 19:47:00

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月7日

加えて真相が判明して初めて登場人物の設定にも意味があったことに気付かされるのも○。ラストシーンも実に忘れ難い佳作である。

タグ:

posted at 19:47:10

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月7日

西村京太郎「死者はまだ眠れない」読了。多摩川の河川敷で発見された男の死体。だが発見者が警察と共に戻ってみると死体は消失していた。続いて夫婦喧嘩の末に妻を殺したと夫が自首した事件でもまた現場から死体が消えてしまっていた。更に第三の消失が……。連続する死体消失の謎に十津川警部が挑む。

タグ:

posted at 20:24:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月7日

次々と死体が消えるという魅力的な謎もさることながら、展開も実に掴み所がなく、事件の不気味さに拍車をかけてくれるのがいい。但し肝心の真相の方はかなりトンデモな部類で、結末の付け方も含め、どう反応していいか分からず戸惑ってしまう。

タグ:

posted at 20:24:36

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月7日

言うなれば、この作者らしいスケールの大きい発想があさっての方向に発揮された怪作である。

タグ:

posted at 20:25:00

2014年09月10日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月10日

折原一「侵入者 自称小説家」読了。自称小説家の塚田慎也はある時、迷宮入りが囁かれる一家四人殺害事件の調査を遺族から依頼される。その過程で以前ルポを書いた未解決の資産家夫婦殺人事件との共通点に気付いた塚田はやがて遺族をキャストに事件現場で再現劇を行い犯人をあぶり出すことを思い付く。

タグ:

posted at 00:22:14

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月10日

自称小説家がある事件の真相に迫るという内容にまたかと思わなくはないが(爆)、未解決の事件の犯人を再現劇であぶり出すという展開はやはり魅力的であり、そこに至るまでの過程でも百舌の早にえ、謎めいた車椅子の老人、殺人ピエロといったガジェットで不気味さを演出しているのは○。

タグ:

posted at 00:22:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月10日

とはいえ、そうした盛り上げの上手さに対し明かされる真相が見合っているかというとかなり疑問。正直予測の範疇に留まってしまった感が否めないが、最初から過度な期待をせずに読めばそれなりに楽しめる作品である。

タグ:

posted at 00:23:24

2014年09月11日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月11日

仁科裕貴「神なき世界のトーメンター」読了。時は中世、身体に刻まれた烙印によって主従が決まる世界。死刑囚の王女・アリシアを救った拷問官・ジグは彼女と共にカムラ公爵の許へ身を隠したのも束の間、公爵邸講堂でのローシュタインの回廊の実験中に起きた不可解な殺人事件に巻き込まれてしまう。

タグ:

posted at 00:00:54

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月11日

死刑囚の王女と優しき拷問官のコンビが探偵役を務めるファンタジーミステリ。密室状況の建物でのローシュタインの回廊の実験中に起きた殺人という謎は非常に魅力的だが、読み終わってみると物語とローシュタインの回廊に繋がりがあまりないのが難。

タグ:

posted at 00:01:35

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月11日

また殺害動機を納得させるほど犯人の人物像が描けていないのも気になる。とはいえ犯人があるものを隠蔽する方法はいい意味で唖然とするものだし、動機に関わるある要素と世界観設定を結び付けた点は好印象。この先化ける可能性は充分にあるので、是非続編を出してほしいと思う。

タグ:

posted at 00:01:48

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月11日

天祢涼「都知事探偵・漆原翔太郎」読了。天然系イケメン都知事とお堅いサムライ秘書の前に次々と現れる難事件。テロ組織・アイスクリーム党による都議会襲撃、ゆるキャラ殺害事件、美人王女のダイヤ盗難……支持率が急落する都知事と秘書が真実を明らかにする時、東京の、そして日本の政治が変わる!?

タグ:

posted at 00:35:15

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月11日

「セシューズ・ハイ 議員探偵・漆原翔太郎」の続編。前作でも連作形式ならではの鮮やかな仕掛けと怒濤の伏線回収を見せてくれたが、それは本作でも健在。いや、むしろ個々の事件のミステリ度が上がった分、本作の方が完成度は上かもしれない。

タグ:

posted at 00:35:27

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月11日

特にアイスクリーム党による都議会襲撃事件を描いた「襲撃」はミステリとしての無駄のなさが素晴らしい。また伏線の技巧においても更に研きがかかっており、無茶なものも含めた伏線探しがかなり熱いことになっている。伏線フェチ必読の秀作であると同時に現時点での作者の最高傑作と言っていいだろう。

タグ:

posted at 00:35:42

2014年09月14日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月14日

尾崎魔弓「リングから見えた殺意」読了。美貌の悪役レスラー・鬼剣魔矢は試合途中にいつも試合を見に来ている銀行支店長が同じ服と髪型をしているものの別人であることに気付いた。翌日、魔矢は支店長が殺人事件の容疑者として疑われていることを知る。替え玉はアリバイ工作なのか?

タグ:

posted at 23:56:54

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月14日

現役女子プロレスラーによるプロレス・ミステリ。まず最初に断っておくと内容紹介にある替え玉云々は綺麗さっぱり忘れてしまっても何の問題もない。むしろ本作のメインは殺人事件のハウダニット――トイレで局部丸出しの状態で死んでいた中年男の死因当ての方である。

タグ:

posted at 23:57:30

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月14日

尤もそのトリックに関しては本作を読んでいれば大半の読者が察しがつくと思われるが、改めて文章で説明されるとあまりにもバカ過ぎる光景に失笑を禁じ得ない。故にどう頑張っても推薦者のいう「哀愁に満ちた結末」には程遠いのがかなりアレ。

タグ:

posted at 23:57:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月14日

ちなみにミステリ的にはアンフェアな二時間サスペンスといった印象で、途中にアリバイトリックらしきものも出てくるが一瞬でなかったことになるのがある意味凄い。加えて何時何分どこで何をしたかイチイチ細かく説明してくれる日記調の文体もダメさに拍車をかけている。あくまでダメミス愛好家向けで。

タグ:

posted at 23:58:23

2014年09月15日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月15日

笹沢左保「夕暮れ」読了。男二人と女一人のヤクザ三人組が借金取立てのために車を強奪した。ところがその中にあったバッグから切断された男の右腕を見付けてしまったことから警察に追われる羽目に。組織からも見放された三人は、知り合いの元刑事でタクシードライバーの夜明日出夫に助けを求める。

タグ:

posted at 18:02:51

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月15日

元警官のタクシードライバー・夜明日出夫が探偵役を務めるシリーズの四作目。本作は少ない手掛かりからいかに真相に辿り着くかに重点が置かれており、定番ではあるものの右腕が切断された理由に迫る夜明の推理が実に鮮やかで○。

タグ:

posted at 18:03:09

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年9月15日

但しそれ以降になると謎解きがただの雑学総動員になってしまうのが残念。ミステリ的には物足りないところもあるが、キャラや展開の面白さで読ませてくれる作品である。

タグ:

posted at 18:03:32

«< 前のページ123のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました