麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,762/9,324
  • フォロー 1,007 フォロワー 1,517 ツイート 86,970
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
«< 前のページ12のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2017年09月20日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月20日

市川憂人「ブルーローズは眠らない」読了。両親の虐待に耐えかね逃亡した少年が保護された屋敷で見た化け物の影と連続殺人。一方、不可能と言われた青いバラを作出した人物が二人も現れた矢先に、バラの蔓で覆われた密室状態の温室で切断された首と血文字、縛られた生存者が発見されて――。

タグ:

posted at 00:55:22

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月20日

デビュー作「ジェリーフィッシュは凍らない」に続くシリーズの二作目。手記と主人公コンビの捜査が交互に描かれる構成は前作と同様だが、次々と畳み掛ける謎の魅力と詰め込まれたトリックの量は前作を遥かに上回っていると言っていいだろう。

タグ:

posted at 00:55:57

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月20日

尤も詰め込まれたトリックの中には巧く機能していないものもあるが、これだけの量のトリックを三百頁ほどの頁数で破綻なく成立させている手腕には思わず唸らされる。またお馴染みのネタを隠し通すハッタリの巧さもあり、全編通して読者を徹底的に騙してやるという作者の気迫が伝わってくる傑作である。

タグ:

posted at 00:56:10

2017年09月25日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月25日

新庄節美「名探偵チビー 虹色プールの謎」読了。市民プールがある夜、虹色に染められた。誰が何のために? 一方パックン夫人の邸宅では同じ夜に宝石盗難事件が起きていた。名探偵の子ネズミ・チビーと助手の子ネコ・ニャットは威張り屋のケッコー警部に邪魔されながらも二つの事件の謎を追っていく。

タグ:

posted at 23:39:06

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月25日

名探偵チビーシリーズの二作目。前作同様、ジュブナイルものにしては珍しい読者への挑戦付きの良くできたパズラーで、動物の特徴を活かした犯行計画もさることながら、タイトルにもなっている魅力的な謎が別の側面から鮮やかに解かれる点が秀逸。

タグ:

posted at 23:40:01

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月25日

動物の特徴と言えば犯人を捕まえる場面でも存分に活かされており、意外性を期待するとやや物足りないかもしれないが、堅実な論理と説得力の高い真相で魅せてくれる良作である。

タグ:

posted at 23:40:38

2017年09月27日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月27日

円居挽「逆転裁判 時間旅行者の逆転」読了。2016年10月、弁護士・成歩堂龍一の助手・真宵が連れてきた依頼人・尾根紡優子は2001年に起きた事件から逃れるためタイムトラベルしたと告げる。やがて明らかになる優子が被告とされた15年前の密室殺人。時空を超え、成歩堂が手にする真実とは?

タグ:

posted at 01:02:25

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月27日

ゲーム「逆転裁判」シリーズの十五周年記念企画として書かれたオリジナルノベライズ作品。もともと法廷ミステリを得意とする作者だけに今回のノベライズは適任かと思いきや、どうも二次創作は苦手なのかキャラの書き方が終始こなれていない印象が付きまとう。

タグ:

posted at 01:02:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月27日

そのため本来なら逆転裁判ファンにとって熱いはずのシチュエーションもいまいち盛り上がりに欠けるのが残念。一方ミステリとしてみると有栖川有栖の某作を彷彿とさせる異形の論理は面白いが、それ以外のネタは些か小粒感が否めず物足りなさを覚える。

タグ:

posted at 01:03:11

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月27日

とはいえ版元の都合で盛り込まれたと思われるSF設定を巧くミステリとして活かしている点はさすがと言ったところであり、逆転裁判を知らないミステリ読者にも問題なくお勧めできる作品である。

タグ:

posted at 01:03:27

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月27日

月原渉「使用人探偵シズカ 横濱異人館殺人事件」読了。嵐に閉ざされた異人館で「名残の会」と称する奇妙な宴が始まった。館の主は謎めいた絵を所蔵する氷神公一。招かれたのは画家に縁のある六人の男女。やがて次々と縊り殺されていく招待客たち。そして絵の下層には、何故か死んだ者が描かれていた。

タグ:

posted at 22:46:37

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月27日

死人の唇をした無感情の使用人が探偵役の長編ミステリ。本作の見所は何と言っても見立てにとことん拘った内容であり、見立て物ならではのお約束は勿論のこと、そこから更に一歩踏み込んで犯人の見立ての意図を先読みし犯行を阻止しようという探偵側とその裏をかいて挑発する犯人側の攻防が実に秀逸。

タグ:

posted at 22:46:53

麻里邑圭人 @mysteryEQ

17年9月27日

尤も犯人の正体に関してはある偽装工作のおかげで見えやすいきらいはあるものの、そこで終わることなく更にその先に見立てを活かしたフーダニットを用意した点は○。加えて人を人とも思わない(誉め言葉)あるトリックが好印象であり総じてシリーズの一作目としては申し分ない良作と言っていいだろう。

タグ:

posted at 22:47:55

«< 前のページ12のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました