麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,750/9,312
  • フォロー 1,006 フォロワー 1,519 ツイート 86,874
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2011年01月01日
並び順 : 新→古 | 古→新

2011年01月01日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年1月1日

草野唯雄「死霊鉱山」読了。冬山の登山中に猛吹雪に遭った男女五名は命からがら廃坑になった鉱山事務所に避難する。早速暖をとるべく燃やせるものを求めて坑道に入った彼らはそこで進路を遮断する禁柵を見付けるが背に腹は変えられぬとこれを破ってしまう。そしてそれを機に一人ずつ殺されていき……。

タグ:

posted at 11:30:08

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年1月1日

本作は一応クローズド・サークル物に当たるだろう。廃坑に伝わる血生臭い歴史が語られた後に起こる、不可能況下での殺人事件。メンバーの一人が密室で額に矢が刺さった死体となって発見されたのだ。その後も不可解な殺人は連続し、話は否が応でも盛り上がっていく。

タグ:

posted at 11:31:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年1月1日

そして最終的に生存者は二人だけとなり、さあ犯人はどっちだ?そしてその犯行方法は?という所で物語は「ええー!?」という結末を迎える。アレ系の幕引きをやりたかったにしてもこれは幾らなんでも強引過ぎ、というか色々消化不良のものが多すぎる。本作は読了後悶々とすること請け合いの作品である。

タグ:

posted at 11:33:10

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年1月1日

田代裕彦「セカイのスキマ」読了。麻我部中央英森学園に入学した小澤哲はひょんなことから迷い込んだオカルト同好会「四つ辻の会」は一部から妖怪退治の専門として知られていた。たまたま哲がいる時に「四つ辻の会」にやって来た少女は悲痛な声でこう訴えかける。「ザシキワラシを退治して下さい!」

タグ:

posted at 17:03:26

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年1月1日

本作を読んで思い出すのは、京極夏彦の「百鬼夜行」シリーズだ。ザシキワラシを巡る事件に対し、主人公が行う謎解きは正に「憑き物落とし」そのものと言っていいだろう。さりげなく語られた事実の一つ一つが重大な伏線となって真相という絵を描いていく様子はミステリとして極めて秀逸である。

タグ:

posted at 17:04:47

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年1月1日

しかしながら本作はそれで幕を下ろすことなく次第にラノベ的な展開へと発展していく。もしかしたら一部のミステリ読者はそこにミステリとラノベの違いを見出だし興ざめするかもしれない。ただ本作の場合ミステリとしての部分にちゃんと意味を持たせているので個人的にはこれはこれでアリなように思う。

タグ:

posted at 17:05:53

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました