麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,750/9,312
  • フォロー 1,006 フォロワー 1,519 ツイート 86,874
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2011年03月19日
並び順 : 新→古 | 古→新

2011年03月19日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月19日

小島正樹「龍の寺の晒し首」読了。群馬県北部にある寒村首ノ原。その首ノ原の名家神月家の長女が結婚式の前夜に殺され切断された首は近くの寺に置かれていた。それを皮切りに次々と起こる奇怪な事件。ボートを漕ぐ首なし死体。さまよう生首。空を舞う龍……これらの謎に名探偵、海老原浩一はどう挑む?

タグ:

posted at 01:41:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月19日

トリックの乱れ打ちとも言える作風から「やりすぎミステリー」と称される作者の最新作。本作も今までの作品同様、これでもかと言わんばかりの謎が詰め込まれているが、何故か真相が明かされてもイマイチ驚きが薄い。

タグ:

posted at 01:41:59

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月19日

その理由は多分謎解きがあっさりし過ぎているからというのもあるが、それ以上に真相がどれもこちらの想像を大きく上回るものではなかったからだと思う。悪い作品ではないけれど今回は期待ハズレかなあ……と思っていたのだが、まさか最後の最後でしてやられるとは思ってもみなかった。

タグ:

posted at 01:47:10

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月19日

ちょっと伏線的に弱いかなという気がしないでもないが、この試みはなかなかのもの。個人的にはこれがあるのとないのとではだいぶ評価が変わってくるように思う。

タグ:

posted at 01:47:48

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月19日

三津田信三「七人の鬼ごっこ」読了。それは深刻な悩み相談を扱う「生命の電話」の相談員八重が受けた一本の電話から始まった。自殺を考えているというその男は毎日知り合いに電話を掛け誰も出なかったら首を吊るつもりだと語る。だがこの時八重はそれが連続殺人のきっかけになるとは知る由もなかった。

タグ:

posted at 19:42:53

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月19日

版元が「禍家」「凶宅」などのホラー作品を出している光文社ということもあり、作品の雰囲気としてはホラー寄りだが、読み終わってみれば、きちんとしたミステリであることが分かる。ミスリードはあからさまだが、最後まで真相に気付かせない手腕はさすが刀城シリーズの作者といったところか。

タグ:

posted at 19:43:43

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年3月19日

トリックというトリックはないものの、伏線の上手さが光る作品で、真相が明らかになると共にある場面に対する印象がガラリと反転する仕掛けが素晴らしい。他にも三津田作品を読んでいるとニヤリとする要素が多数盛り込まれており、三津田ファンはもとより三津田初心者にもお勧めしやすい作品と言える。

タグ:

posted at 19:44:38

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました