麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,750/9,312
  • フォロー 1,006 フォロワー 1,519 ツイート 86,874
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2014年06月16日
並び順 : 新→古 | 古→新

2014年06月16日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年6月16日

笹沢左保「十九歳の葬式」読了。ボーイフレンドと共に裕福な養父母の殺害を企てていた十九歳の女子大生・美和。ところがその美和自身が佐賀県の武雄で何者かに毒殺されてしまう。捜査は難航し、事件は迷宮入りとなるが、15年後の時効直前になって三人の刑事たちの執念が新たな事実を見付け出した。

タグ:

posted at 02:52:19

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年6月16日

これといった仕掛けがなくてもプロット次第で面白いものが書けるという見本のような作品。加えて三人の刑事たちの一人が取調室シリーズでお馴染みの水木警部補ということもあり、終盤では取調室シリーズらしい水木警部補と被疑者の攻防で魅せてくれる。

タグ:

posted at 02:52:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年6月16日

他にも時効寸前というシチュエーションや人物描写を活かした切り札などこの作者ならではの要素がそこかしこに盛り込まれているのも○。作者のストーリーテラーとしての才が存分に発揮された作品である。

タグ:

posted at 02:53:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年6月16日

柏枝真郷「貴族デザイナーの華麗な事件簿 ロンドンの魔女」読了。19世紀末のロンドン。仕立て屋を営むジェレミーと貴族でありながらデザイナーの仕事をしているエドガーはある日、17世紀のセイラムで魔女狩りにあったと主張するメイドの話を聞く。一方、巷では謎の人体発火事件が続発していた。

タグ:

posted at 23:05:38

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年6月16日

ただのミステリ風キャラ小説。本作には幾つかミステリ的ガジェットが盛り込まれているが、残念ながらどれも有機的に繋がっているとは言えず、雑な印象を受ける。それは単にミステリで最も重視しなければいけない「何故こうしなければいけなかったのか」という必然性に欠けているからだろう。

タグ:

posted at 23:06:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

14年6月16日

またキャラのエピソードとミステリパートが見事に解離している点もいただけない。あくまで本作のメインはキャラ小説であり、少なくともミステリとしては間違っても手を出すべきではない作品である。

タグ:

posted at 23:06:36

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました