麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,828/9,390
  • フォロー 1,005 フォロワー 1,532 ツイート 87,342
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2016年05月19日
並び順 : 新→古 | 古→新

2016年05月19日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月19日

ミステリとしてはお勧めしにくいが、人によっては偏愛になるかもしれないタイプの作品である。

タグ:

posted at 23:19:43

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月19日

但しこれはこれで選択としては正しいのかもしれない。正直ミステリとしてみれば、これまでの作者の作品では最も没個性的だが、メッセージ小説に切り替えたことで物語から感じられる作者の実体験がいい意味で共感となって読者の胸に(特に創作経験があるなら尚更)残りやすくなっている。

タグ:

posted at 23:19:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月19日

カルチャーセンターを舞台にした連作。全五話構成の本作は内容紹介には青春ミステリと銘打たれているものの、そう言っていいものかはかなり微妙なところだろう。というのも本作でミステリと言えるのは二編目までで、それ以降は悩める人に向けたメッセージ小説となっているからだ。

タグ:

posted at 23:19:08

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月19日

円居挽「日曜は憧れの国」読了。母親の言いつけで四谷のカルチャーセンターの講座を受けることになった内気な中学二年生・千鶴はそこで同い年だが性格も学校も違う桃・真紀・公子と出会う。多感な少女たちがカルチャーセンターで遭遇する様々な事件の謎とは?

タグ:

posted at 23:18:40

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました