麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 9,445/10,009
  • フォロー 1,024 フォロワー 1,595 ツイート 90,026
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2022年01月14日
並び順 : 新→古 | 古→新

2022年01月14日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月14日

なお本作で読む価値があるのは『幻影城』に掲載された分のみで、近年の作品は全て精彩に欠けるばかりかデビュー作の欠点である説明不足が更にひどくなっていて正直読むのがつらいと言わざるを得ない。個人的には『幻影城』掲載分とエッセイのみで纏めた方がまだ良かったのではないかと思ってしまった。

タグ:

posted at 20:29:33

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月14日

次点は作者のデビュー作「炎の結晶」で解説でも触れられている通り無駄な要素、説明不足な点が多々目立つものの最後に明かされるホワイダニットが強烈で、それまで描かれていた男女の関係とある人物の設定が結び付くことで生まれる切実な人間ドラマが何とも忘れ難い印象を残す。

タグ:

posted at 20:28:59

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月14日

ベストを挙げるなら白川エミ物の第一話「密室のショパン」で、密室の謎に目がいきがちだがどちらかというとタイトルにもなっているショパンを巧く活かしつつ絵的に非常に映えるアリバイトリックが秀逸で、かつて鮎川哲也が褒めただけのことはある。

タグ:

posted at 20:28:38

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月14日

興味深いのはノンシリーズ物と〈女探偵 白川エミの事件簿〉シリーズでは全く作風が異なる点であり、例えるなら前者がロマン溢れる笹沢左保とするなら、後者は赤川次郎の幽霊シリーズを彷彿とさせる探偵役設定でカジタツが書いた(!)みたいな感じだろうか(故に後者のノリはかなり人を選ぶ)。

タグ:

posted at 20:28:14

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月14日

探偵小説専門誌『幻影城』でデビューした作者の初単行本。収録された14編のうちノンシリーズ物の二編と、美人女子大生が探偵役を務める〈女探偵 白川エミの事件簿〉シリーズの全12話中四話までが『幻影城』に掲載された分で、残りは全て近年になって作者が電子書籍で発表したものになる。

タグ:

posted at 20:27:55

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月14日

霜月信二郎「霜月信二郎探偵小説選」読了。殺人事件に巻き込まれ陶芸家の許に逃げ込んだ女が無実を証明しようとするも関係者が次々と殺されていく第二回〈幻影城〉新人賞佳作受賞作「炎の結晶」から新作「消えた密室」までの短編全14編の他、書き下ろしエッセイ「幻影城・影の会の思い出」を収録。

タグ:

posted at 20:27:32

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました