麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,762/9,324
  • フォロー 1,007 フォロワー 1,517 ツイート 86,970
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
並び順 : 新→古 | 古→新

2011年05月15日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月15日

飛鳥部勝則「王国」(「異形コレクション 伯爵の血族 紅ノ章」収録)読了。吸血鬼をテーマに書き下ろされた短編だが今まで見えていた絵がある言葉と共に反転した時の驚きは正にミステリのそれ。このテーマでこのオチを持ってきたセンスはただ者ではない。作者の奇想にただただ驚かされる一編である。

タグ:

posted at 18:07:25

2011年05月16日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月16日

日向亘「世紀末大バザール 六月の雪」読了。時は1999年、世紀末の大阪。偶然知り合った二人組の紹介で「探偵」をすることになった俺の最初の仕事は家出した中学生の捜索だった。リィと名乗る美少女にしか見えないオカマと共に早速捜索を開始するが、その矢先に二つの奇妙な密室事件に遭遇する。

タグ:

posted at 21:48:51

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月16日

最初に断っておくと、本作のメインは密室事件ではない。いや、それどころかミステリですらないと言った方がいいかもしれない。というのも本作に登場する密室トリックは既存の作品からの借用であるとの宣言と共に中盤であっさり解かれてしまうからだ。言うなれば本作は本格ミステリ風の小説なのである。

タグ:

posted at 21:49:38

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月16日

本格ミステリと思って読むと間違いなく肩透かしだが端から本格ミステリ風の小説と割り切って読めばこれがかなり面白い。軽ハードボイルド的文体に乗せられてあっという間に読み終わってしまった。今のところこの作者の作品はこれ一作のみだが、一発屋として消えるにはあまりにも惜しい才能だと思う。

タグ:

posted at 21:51:28

2011年05月18日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月18日

古野まほろ「命に三つの鐘が鳴る」読了。走行中の列車で後頸部をペーパーナイフで刺されて殺された女は、若きキャリア警察官、二条実房の元恋人だった。そして犯人として逮捕された活動家の男、我妻雄人は二条の親友だった。我妻は犯行を認めるが、何故か動機については一切語ろうとはしなかった――。

タグ:

posted at 22:47:15

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月18日

一応本作は警察小説ということになるのだろうが、個人的にはこれを警察小説と呼ぶのはかなりの抵抗がある。というのも本作は全体的に軽すぎるのだ。それが例えばユーモアを売りにしている作品だったらまだいい。「迫真の警察小説」「息詰まる取り調べの攻防」と謳っておきながら正直これはないと思う。

タグ:

posted at 22:48:37

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月18日

そのおかげで書き手によっては泣けるのかもしれない真相も「ふーん」の一言で終わってしまった。「圧倒的な熱量で駆け抜ける傑作」と帯にはあるけれど、残念ながら自分には何一つ感じ入るものはなかった。これだったらまだ前作の方が良かったように思う。

タグ:

posted at 22:50:46

2011年05月19日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月19日

西澤保彦「必然という名の偶然」読了。架空の街、櫃洗市を舞台に起こった六つの事件を収録した連作ミステリ。全体的にプロットやロジックが強引、もしくはどこかで見たことがあるものばかりなのが気になるものの、連作ミステリとしては手堅くまとまっている方だと思う。

タグ:

posted at 18:56:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月19日

ベストは「突然、嵐の如く」。本作に収録されたものでは最も破綻が少ない一編であると同時に、この作者の持ち味である黒さとエロさが堪能できる作品である。とりあえず、スク水女子中学生好きにはお勧めということで(爆)。

タグ:

posted at 18:58:22

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月19日

飛鳥部勝則「辿り着けないかもしれない」(「異形コレクション 夏のグランドホテル」収録)読了。ホラーえほんという副題が付いている本作は作者製作の挿画がより強烈なイメージを喚起する怪奇幻想小説である。冒頭の何気ない話が伏線となっていることに個人的にはミステリ作家らしいセンスを感じた。

タグ:

posted at 23:58:49

2011年05月20日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月20日

梶龍雄「ぼくの好色天使たち」読了。傑作。それもただの傑作ではない。本作は本格としては言うに及ばず、青春小説、風俗小説としても高い完成度を誇っているのである。戦後の焼跡に建てられた闇市で青年、弘道と親交のあった娼婦のうち二人が殺され、一人が襲われた。果たして三つの事件の共通点は?

タグ:

posted at 19:06:17

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月20日

本作がミステリとして秀逸なのは、普通なら「よくできた犯人当て」レベルで終わるところを、事件の構図と絡めることにより「意外過ぎる犯人当て」に引き上げているところにある。動機の謎が予想もしなかったところへ話が及んだ時は、思わず声を上げて驚いてしまった程だ。

タグ:

posted at 19:07:11

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月20日

そんなアクロバティックなことをやりつつ、小説としても抜群に面白い。本作は魅力的な年上の女性に翻弄される主人公というキーワードに惹かれる本格ファンには打ってつけの作品である。あと、できれば「透明な季節」「海を見ないで陸を見よう」と併せて読むことをお勧めしたい。

タグ:

posted at 19:08:20

2011年05月22日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月22日

赤月カケヤ「キミとは致命的なズレがある」読了。十歳の時に記憶を失った克也は、度々見る少女の死体の幻覚に苦しめられていた。そんなある日、克也の許に舞い込んだ不幸の手紙。『この手紙の差出人を見つけてください。さもなくばあなたは不幸になります』――果たして、その手紙が意味するものは?

タグ:

posted at 17:55:21

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月22日

全八章から成る物語のうち、七章までの展開は極めてよくあるサイコ物。正直このまま終わったのなら凡作確定だったが、最後の最後に明かされるある仕掛けにより、そうなる寸前で踏み止まっている。ただ、この仕掛けはミステリとして見た場合、間違いなくアンフェアだろう。

タグ:

posted at 17:56:26

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月22日

書き方によってはミステリとしても面白い作品になったと思うだけに、何とも惜しい作品である。ちなみに最近出た某ラノベミステリ作品と本作にある共通点があったのが個人的にはなかなか興味深かった。

タグ:

posted at 17:57:53

2011年05月23日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月23日

稲生平太郎「アクアリウムの夜」読了。事の始まりは、親友の高橋と行った奇妙な見世物『カメラ・オブスキュラ』だった。そこである筈のない水族館の地下への階段を見て以来おかしな出来事が続発。こっくりさん、霊界ラジオ、邪強の影、精神に異常をきたした親友……そして、遂に文化祭で惨劇が起きる。

タグ:

posted at 15:50:22

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月23日

一言で言えば、青春幻想ホラー。解説でも触れられているが主人公たちと同じ年代、高校生の時に読めば色々と感じ入るものがあったのかもしれない。どこかノスタルジックな雰囲気の中、展開するミステリアスな物語。とはいえ過ぎ去ってしまった日々に思いを馳せて読んでみるというのも充分アリだと思う。

タグ:

posted at 15:52:41

2011年05月25日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月25日

斎藤肇「盗まれた死角」読了。名探偵が警察に代わり事件を捜査する、所謂『名探偵システム』が確立された世界で起こったある殺人事件。美術館の森で見付かった死体には首がなく、代わりにヴィーナス像の首が置かれていた。それからしばらくして今度はヴィーナス像の腕を持つ死体が発見される。

タグ:

posted at 17:29:45

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月25日

『名探偵システム』という設定は実にあの「思い」三部作を書いた作者らしいと思う反面、事件の方は捻くれ者の作者らしからぬこじんまりとしたものでやや物足りない感あり。書き方によってはそれなりに盛り上がる題材だと思うのだが、どうも作者的にはその辺のことはあまり興味がないように感じられる。

タグ:

posted at 17:30:42

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月25日

それは本作の終章部分にも如実に顕れており、そういった部分は個人的には結構好みではある。ミステリとしては少々肩透かしだが、「思い」三部作を読んだことがある人ならば色々深読みができる作品だと思う。

タグ:

posted at 17:32:24

2011年05月26日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月26日

石持浅海「ブック・ジャングル」読了。閉鎖された夜の図書館にそれぞれの思惑から忍び込んだ五人の男女を待ち受けていたのは、毒針が仕込まれたラジコンヘリだった。誰が、何のために彼らを襲うのか。全てが謎に包まれた中で、機転と悪意の攻防戦が始まった――。

タグ:

posted at 12:28:45

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月26日

面白かった。本作は作者の集大成的な作品である「この国。」に収録された一編「エクスプレッシング・ゲーム」の長編版とも言うべき作品である。手を変え品を変え襲ってくる敵の攻撃に対し、その場にあるモノを使っていかに対抗するか。その攻防は実にスリリングで、思わず手に汗握らずにはいられない。

タグ:

posted at 12:29:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月26日

もともとこの手の作品を得意とする作者だけに出来としては保証済み。更にそこへ近年作者が推し進めている(?)エロ要素も加わっているとあらば正に鬼に金棒。本作は一気読み必至の良質なエンターテイメント作品である。

タグ:

posted at 12:31:07

2011年05月27日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月27日

似鳥鶏「まもなく電車が出現します」読了。「理由あって冬に出る」から続く、葉山君が語り手を務めるシリーズも早いもので今回で三作目。開かずの間に突如出現した鉄道模型の謎を扱った表題作を含む五つの短編が収録された本作は、シリーズ中最もミステリ度が高い作品に仕上がっている。

タグ:

posted at 23:18:15

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月27日

これまでミステリとして見ると弱いと言われてきた作者だが、本作は見違えるようなとまでは言わないまでもこなれてきた感は少なくとも感じられる。あるプラモデルの値段を巡るロジックが面白い「嫁と竜のどちらをとるか?」も良かったが、最も秀逸なのは本作の掉尾を飾る「今日から彼氏」だろう。

タグ:

posted at 23:19:17

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月27日

葉山君に彼女ができるという内容を聞いて前作「さよならの次にくる」を読んだことがある人間ならば、ある種の予感を覚えるだろうが、それはあながち間違いではない。前作のような連作ならではの仕掛けこそないものの、そこに隠された作者の企みはなかなかのものである。

タグ:

posted at 23:20:35

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月27日

個人的には本作を読んで、前作が決してまぐれではなかったことが分かっただけでも収穫だった。

タグ:

posted at 23:21:34

2011年05月30日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月30日

柴田哲孝「冬蛾」読了。雪に閉ざされた寒村。怪しい村人たち。謎の昔語り。凄惨な連続殺人……とくれば、たいていのミステリファンがそこに本格ミステリ的な何かを期待するだろうが、その読み方は間違いである。何故なら本作は横溝的ガジェットを用いつつも本質はあくまでハードボイルド小説だからだ。

タグ:

posted at 22:36:24

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月30日

とはいえ本格としての読みどころが全くないわけでもない。個人的にはダメミス要素として欠かせない(?)「食へのこだわり」がきちんと伏線として機能していたことに感心した。ただ、やはり本格要素を期待して読むと肩透かしなのは否めないだろう。

タグ:

posted at 22:37:20

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年5月30日

むしろ本作は本格ミステリ作家以外が横溝的ガジェットを用いたらどうなるかという視点で読むと、楽しめるかもしれない。

タグ:

posted at 22:38:24

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました