麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,762/9,324
  • フォロー 1,007 フォロワー 1,517 ツイート 86,970
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
«< 前のページ123のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2011年08月26日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年8月26日

真梨幸子「パリ黙示録 1768 娼婦ジャンヌ・テスタル殺人事件」読了。フランス革命が起こる二十一年前のパリ・セーヌ河畔で娼婦ジャンヌが惨殺死体で発見された。このあまりにも残忍な殺人を犯したのは何かと醜聞の絶えないあのサド公爵なのか? 貴族の監視任務に当たるマレー警部が事件に挑む。

タグ:

posted at 22:54:29

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年8月26日

いかにもミステリらしい粗筋を見るととても真梨幸子の作品とは思えないが、いざ読み終わってみると基本的にこの作家のスタンスは変わらないことが分かる。マレー警部の地道な捜査が明らかにしていくのはジャンヌという哀れな女の一生であり、事件の構図は人間のどす黒さを浮かび上がらせる。

タグ:

posted at 22:55:39

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年8月26日

言うなれば、本作は「殺人鬼フジコの衝動」の変奏曲なのだ。ただしイヤミス色はだいぶ抑えめであり、そのせいか「フジコ」のような衝撃性はあまり感じられなかった。とはいえ、これはこれで面白かったと思うので続編の登場にも大いに期待したい。

タグ:

posted at 22:56:14

2011年08月30日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年8月30日

今邑彩「赤いべべ着せよ…」読了。鬼女の伝説が残る町に娘を連れてニ十年ぶりに帰郷した千鶴は、幼馴染みの一人の幼い娘が扼殺されて古井戸に投げ込まれたことを知る。それはニ十年前に起きた殺人事件と全く同じ状況だった。やがて、他の幼馴染みの子供たちも次々と何者かに殺されていく。

タグ:

posted at 18:55:11

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年8月30日

これといって突出したものはないが定番のネタを上手く活かした、お手本のような作品である。事件の真相に関しては作者の丁寧過ぎる伏線が災いして恐らく殆どの読者が途中で読めてしまうかもしれないが、その欠点を巧みな構成が絶妙にカバーしている。ある意味、安心感のある作品と言えるかもしれない。

タグ:

posted at 18:55:34

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年8月30日

今邑彩「『裏窓』殺人事件」再読了。三鷹にある九階建てのマンションで起きた女性の墜落死。向かいのマンションに住む少女は被害者の部屋の窓に男の姿を目撃したと証言するが、奇妙なことに部屋は密室状況にあった。それから暫くして中野で女子大生殴殺事件が発生。三鷹の事件と思わぬ繋がりを見せる。

タグ:

posted at 18:55:54

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年8月30日

シリーズ前作「i(アイ) 鏡に消えた殺人者』に引き続き「怪奇と本格推理の融合」を試みた本作だが、前作に比べるとお世辞にも上手くいっているとは言い難い。だが本格推理単体として見た場合、出来はこちらの方が上だろう。

タグ:

posted at 18:56:17

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年8月30日

本作で自分が最も評価しているのは密室の扱い方、そして密室から消えた「幻の男」の正体である。どのようにして密室を作ったのかというも直球パターンも嫌いではないが、個人的にはこういう変化球の方が断然好み。怪奇部分はオマケと割りきれば、なかなかの良作だと思う。

タグ:

posted at 18:57:25

«< 前のページ123のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました