麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,672/9,235
  • フォロー 1,003 フォロワー 1,509 ツイート 86,313
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2011年10月
«< 前のページ123のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2011年10月02日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月2日

飛鳥部勝則「読むべからず」読了。ある日怪奇ライターの僕の許に先日謎の死を遂げた友人の作家・榊原一穂の妻から文書が届く。そこには榊原の死に纏わる恐るべき事実が記されていた……。「怪奇への愛を、どうやって語ろう?」という書き出しが象徴するように、この短編には怪奇への愛が詰まっている。

タグ:

posted at 18:37:33

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月2日

想像するとイヤな気分になるシチュエーション、そしてタイトルの意味が分かると同時に何とも言えない後味を残すラスト……それは怪奇小説の定番ではあるが、その定番をなぞることはある意味、飛鳥部勝則のストレートな愛情表現と見ることができるだろう。

タグ:

posted at 18:38:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月2日

友成純一「獣神都市」読了。「聖獣都市」を始めとする三部作完結編。読み終わってまず思ったのはコレ、壮大なギャグ作品だったのねということ。荒廃した世紀末の東京を舞台に性獣「レディ」軍団、武装警察、そして本作から太平天国党という野武士集団が加わり三つ巴の戦いを繰り広げる。

タグ:

posted at 21:00:34

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月2日

ページが残り少なくなるにつれて事態は収束するどころか、ますますヒートアップするばかりで、これは友成先生お得意の投げっぱなしジャーマン炸裂か(失礼)と内心ドキドキしていたのだけれど、まさかこんなトンでもないオチが待っているとは思ってもみなかった(爆笑)。

タグ:

posted at 21:01:00

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月2日

このオチに爆笑できる人は間違いなく友成作品のいい読者となる素質があると思う。とりあえず個人的には友成先生の茶目っ気(?)が堪能できたので非常に満足。あ、そういえば氷室はどこへ行ったのだろう……。

タグ:

posted at 21:01:26

2011年10月03日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月3日

井上雅彦「ディオダティ館の夜」読了。交通事故で記憶を失った〈彼女〉の前に現れた男・芹沢。彼は〈彼女〉が自分の妻だと言い、湖畔に建つ白亜の館『ディオダティ館』へと彼女を導くが、そこで待っていたのは奇怪な儀式と恐ろしい殺人事件だった――。

タグ:

posted at 17:11:26

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月3日

霧に浮かぶハロウィーンの仮面を飾った車、不気味な病院、湖畔に建つ館、部屋を埋め尽くす時計や人形のコレクション、仮装パーティ、奇怪な儀式……あの異形の本格ミステリ「竹馬男の犯罪」と同じ世界観を舞台にした本作はガジェットにこだわったゴシック・ロマンスの系譜に位置づけられる作品である。

タグ:

posted at 17:12:11

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月3日

但し「竹馬男」と違い、本作は本格ではないものの、意外性のあるミステリに仕上がっている。運命に翻弄される〈彼女〉に感情移入すればする程、読者の驚きは大きなものになるだろう。とはいえ本作の見所はやはり美しい悪夢というべき、ガジェットにより構築された物語だと思う。

タグ:

posted at 17:12:37

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月3日

ホラー好きであれば、ジェットコースターさながらに展開する物語に翻弄されるのが楽しくなる作品である。

タグ:

posted at 17:13:14

2011年10月04日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月4日

円居挽「烏丸ルヴォワール」読了。謎の書『黄母衣内記』の所有者が不審な死を遂げたのをきっかけに二人の弟の間で所有権を賭けた私的裁判『双龍会』が開かれることになった。そんな中、瓶賀流は謎の怪人『ささめきの山月』に誘われ、龍樹家の仲間たちと『双龍会』で対決することになる。

タグ:

posted at 14:36:40

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月4日

前作を読んだ時、自分は裁判物と言うよりコンゲーム物っぽい印象を受けたものだが、本作では「裁判」パートよりもそれを有利に進めるための下準備にページが割かれているため、よりコンゲーム色が強まった感がある。

タグ:

posted at 14:37:01

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月4日

但しそうした方針転換のせいか、前作のような派手さがなくなり、どんでん返しの数もぐっと減ったのが難。また、そのどんでん返しも前作に比べて意外性のあるものが少なく、いまいちキレが悪いように感じる。これはこれで面白い部分もあったが、個人的には前作を超えているようには思えなかった。

タグ:

posted at 14:37:39

2011年10月05日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月5日

麻見和史「蟻の階段」読了。「あれは私の『作品』なんです。あなたのために、心を込めて作ったものです」――捜査一課OB・加賀見の許に電話をかけてきた人物は南品川で発見された死体をそう評した。事実、現場の状況は酷く異様だった。死体を取り囲むように、奇妙な四つの品が置かれていたのだ。

タグ:

posted at 23:11:44

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月5日

白熱しない頭脳戦と予想外を通り越したあさっての結末で読む者を脱力させた「石の繭」の続編ということで(自分含む)一部の奇特なミステリファンからその動向が注目(?)されていたが、結論から言えば、アレ過ぎた犯人と女刑事の活躍を控えめにしたことにより大分まともな内容になっていた。

タグ:

posted at 23:12:20

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月5日

とはいえ終盤の犯人が登場する場面では前作同様「あんた誰?」感が味わえるが(爆)それもダメミスになる一歩出前で辛うじて踏みとどまっている。また脱力し通しだった前作と違い、感心できる部分も幾つか見ることができたのも○。

タグ:

posted at 23:13:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月5日

特に何故犯人が捜査一課OBを通じて度々警察にヒントを与えるような真似をしたのかという理由に関してはなかなか良かったと思う。とりあえず作者が無事ダメミスの汚名返上を果たしたことを素直に喜びたい。

タグ:

posted at 23:13:57

2011年10月06日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月6日

中山七里「要介護探偵の事件簿」読了。完全密室での殺人、リハビリ施設での事件、老人ばかりを狙う通り魔、銀行強盗との攻防、毒殺された政治家……五つの事件に車椅子の老人探偵・香月玄太郎が挑む本作の最も優れている点は小説としての面白さが絶妙なミスディレクションになっていることだと思う。

タグ:

posted at 23:26:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月6日

キャラが立ちまくったリーダビリティー抜群の物語に夢中になっていると、意外な方向からミステリとしての顔が現れて、吃驚させられる。ただその一方で、密室殺人などのいかにもミステリらしい題材は、この作者には向いていないような気がする。

タグ:

posted at 23:27:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月6日

ベストは「要介護探偵の快走」だが、何気ないキャラ描写に隠された伏線が秀逸な「~生還」も個人的には捨て難い。

タグ:

posted at 23:27:43

2011年10月07日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月7日

西澤保彦「彼女はもういない」読了。資産家の両親を亡くし莫大な遺産を受け継いだ鳴沢文彦の許に母校の高校事務局から届いた一冊の同窓会名簿。そこにかつて想いを寄せていた比奈岡奏絵の連絡先が載っていなかったのを見た瞬間、彼は連続殺人鬼へと変貌した。一体何が彼をそこまで駆り立てたのか……?

タグ:

posted at 18:08:20

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月7日

最初から犯人は分かっている。どうやってやったのかも克明に描かれる。ただ一つ、分からないのは、何故やったのかということだけ――本作は犯人の視点と警察の視点が交互に展開する、ホワイダニットに主眼が置かれた本格ミステリである。

タグ:

posted at 18:08:50

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月7日

終盤にて明かされるその動機だけでも充分意外性はあるが、作者は更にその後に驚愕のある事実を用意している。それはとてつもなくグロテスクだが、同時に取り返しのつかない哀愁に満ちている。本作は暴走した愛の物語を本格ミステリという形で描いた秀作と言えるだろう。

タグ:

posted at 18:09:45

2011年10月09日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月9日

小林泰三「人造救世主 アドルフ・クローン」読了。謎の組織『MESSIAH』が生み出した超人クローンたちとの死闘を続けるヴォルフとそれに巻き込まれた女子大生・ひとみは遂に組織の研究所へと潜入する――ダーク・オベラシリーズ、堂々の完結編。

タグ:

posted at 22:29:53

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月9日

小林泰三版サイボーグ009も本作で完結。最終作らしく盛り上げつつも黒い笑いを忘れないのはさすが。ただこの作者らしからぬ後味のいい終わり方だったのは少々意外。その辺りは好みが分かれる所だが個人的には最後まで一気読みできた良いエンタメだったと思う。

タグ:

posted at 22:30:03

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月9日

芦辺拓「七人の探偵のための事件」読了。小さな田舎町で続発する、住人の不審死。不甲斐ない警察に業を煮やした町民は探偵を招聘することを決意。かくして七人の名探偵が事件の真相に迫ることになる――本作は芦辺作品ではお馴染みの探偵たちが共演するお祭り企画ミステリである。

タグ:

posted at 22:31:11

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月9日

探偵たちが各事件を分担、推理する様も楽しいが、それだけに留まらずきちんと「七人の探偵のための事件」になっている点は好印象。また所々に作者の遊び心が窺えるのも嬉しい。作者のファンであればあるほど楽しめる贅沢な作品だと思う。

タグ:

posted at 22:31:49

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月9日

あと少年探偵のアレに関して、作者が男の娘を意識して書いたのかどうかが気になってたりする……。

タグ:

posted at 22:32:35

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月9日

山田彩人「眼鏡屋は消えた」読了。何者かに殴られ八年前の高校時代に記憶が戻ってしまったあたしは、親友の実綺が謎の転落死を遂げていたという事実に衝撃を受ける。実綺が残した脚本『眼鏡屋は消えた』の上演を実現し自分の記憶を取り戻す為、あたしは元同級生の探偵に事の真相を探ることを依頼する。

タグ:

posted at 22:33:25

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月9日

第21回鮎川哲也賞受賞作。ネタ自体に新鮮味はないものの、凝ったプロットと丁寧なロジックの積み重ねがそれを上手くカバーしている。特に脚本『眼鏡屋は消えた』の基になった事件と親友の転落死を対比させ、犯人の心理を暴き出す手腕には感心した。

タグ:

posted at 22:35:08

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年10月9日

ただフェアに書きすぎたためか、最後に明かされる真相に全く意外性がなかったのが残念。もう少し見せ方に工夫をしてほしかったと思う。

タグ:

posted at 22:35:34

«< 前のページ123のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました