麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,672/9,235
  • フォロー 1,003 フォロワー 1,509 ツイート 86,313
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2016年07月
«< 前のページ12のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2016年07月03日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月3日

「愛と欲望の毛皮」観了。毛皮の呪いで人が死ぬという単純明快なストーリーの中で展開する「サスペリアテルザ」などでも見られたパワフルなスプラッターシーンが素晴らしい。加えて音楽が流れると人が死ぬ、愛らしい動物たちなどアルジェントらしさも健在で、短いながらも配慮が行き届いた佳品である。

タグ:

posted at 22:30:28

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月3日

「デモンズ95」観了。デモンズ1~2の流れで観ると違和感のある内容ながら登場する多彩なゾンビが面白く、特にバイク少年と町長の娘のゾンビが秀逸。但し哲学的ストーリーは賛否両論分かれるところだろう。個人的にはいまいちスッキリしないのが気になったが、センス溢れる映画ではあると思う。

タグ:

posted at 22:30:40

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月3日

「ルチオ・フルチの幻想殺人」観了。夢の中で見た殺人が現実でも起きるというある意味定番とも言えるストーリーで、ミステリ的な要素を期待すると正直拍子抜け感が否めない。どちらかと言えば夢の中の光景などに見られるフルチらしい意味のわからなさ(誉め言葉)が魅力の作品である。

タグ:

posted at 22:30:52

2016年07月07日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月7日

井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」読了。聖女伝説が伝わる地方で結婚式中に発生した毒殺事件。参列した少年探偵・八ツ星による数多の推理と論理的否定の果て、突然まさかの真犯人が名乗り出て……!? そして青髪の探偵・上苙は、今度こそ「奇跡の実在」を証明できるのか?

タグ:

posted at 01:14:23

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月7日

奇跡がこの世に存在することを証明するため、全ての可能性が不成立であることを立証する探偵・上苙が活躍するシリーズの二作目。あまりに特殊な探偵役故に前作を読んだ人間であれば誰もが「二作目なんて本当に書けるのか?」という不安を抱くだろうが、作者は見事にそれを払拭してみせる。

タグ:

posted at 01:17:16

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月7日

では具体的にどうやってその難題に応えたのか。本作が秀逸なのは前作同様、多重推理形式を採用しつつも、新たに捻りまくったプロットとコンゲーム要素を盛り込んだことであり、それは第一部の唖然とするラストから第二部の展開にかけてよく現れている。

タグ:

posted at 01:17:56

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月7日

その一方でこのシリーズだからこそできる仕掛けも絶妙で、意外な展開に隠された二重三重の騙しには脱帽と言わざるを得ない。また毒殺トリックに関してもミステリ読みならニヤリとする推理を幾つか披露した後にちゃんと特殊設定を活かした真相を用意しているのは○。

タグ:

posted at 01:18:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月7日

前作で弱かった事件の演出やキャラの見せ方も本作ではかなりフォローされており、ミステリとしては勿論のこと、物語としても非常に密度の高い傑作である。

タグ:

posted at 01:19:30

2016年07月08日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月8日

十階堂一系「自称分析官ヴィルヘルムの迷推理」読了。可憐な容姿に似合わず日常のどんなものにでも首を突っ込んで分析しなければ気が済まないちょっぴり残念な女子大生・テルこと赤村崎葵子。バイト先で、ふと訪れた喫茶店で、大学の研究室で――今日もテルは日常に隠れた分析の種を見つけてくる。

タグ:

posted at 21:20:45

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月8日

日常の謎に対し、こねくりまわされるロジックを楽しむ「赤村崎葵子の分析はデタラメ」シリーズの三作目。あいにく自分は一作目しか読んでいないものの、それでも各編におけるダミーの解決→真相の二段構造や連作形式を活かした仕掛け、三編目から本番である点は一作目とほぼ変わらない。

タグ:

posted at 21:21:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月8日

但し三編目から本番とはいえ二編目までの出来は明らかに一作目の方が上だし、連作を活かした仕掛けにしても一作目を読んでいると些か物足りなさを感じてしまうのが難か。ベストは三編目で会話にさりげなく隠された手掛かりもさることながら、シリーズの設定を逆手にとった企みがうまく決まっていて○。

タグ:

posted at 21:21:18

2016年07月09日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月9日

芹沢央「許されようとは思いません」読了。かつて祖母が暮らしていた村を訪れた「私」。祖母は末期癌に冒されていた曾祖父を惨殺して村から追放されたのだ。彼女は何故、余命僅かだったはずの曾祖父を殺さねばならなかったのか? 表題作含む五編収録。

タグ:

posted at 16:10:50

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月9日

日常に潜む狂気を描いたミステリ短編集。ベストは「余命僅かな人間を何故殺害したのか?」というミステリ読みにはお馴染みのホワイダニットに挑んだ表題作で、村のシステムと祖母の人間性を徹底的に描くことで浮かび上がる異形の論理とそこに込められた切実な想いが胸を打つ本格ミステリの傑作である。

タグ:

posted at 16:11:13

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月9日

以降は「目撃者はいなかった」は倒叙風味の因果応報サスペンス、「ありがとう、ばあば」はラスト一行に脱力するブラックユーモア物、「姉のように」は思い込みを活かした二段オチが目を惹くイヤミスといった具合に必ずしも本格とは言えないが、作者の引き出しの多さを見せつけてくれる。

タグ:

posted at 16:11:33

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月9日

そして最後の「絵の中の男」で再びホワイダニット本格になるが、表題作に比べると事件の鍵を握るある人物の描き方が不充分なように感じてしまうのが少々残念。ミステリ重視でみると表題作ばかりが際立っているものの、物語としては全体的に捻りのきいた作品集である。

タグ:

posted at 16:11:49

2016年07月10日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月10日

小杉健治「裁かれる判事」読了。現職の寺沢判事が担当中の被告人の妻を殺害した容疑で逮捕された。寺沢は被害者から夫の減刑のため誘惑され、一緒にいるところを目撃されていたのだ。寺沢は犯行時間に行きずりの赤いコートの女と別のホテルにいたと語るが、その女の行方は杳として分からなかった。

タグ:

posted at 17:16:31

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月10日

アリバイの証人である「幻の女」を巡るサスペンス長編。途中まではこの手の作品にはよくある展開ながら、それも終盤の裁判パートに入ってから一変する。正直この展開には誰もが唖然とするだろうが、作者はそれだけに留まらず更にそこから二転三転してみせる。

タグ:

posted at 17:16:43

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月10日

但し最終的な真相に関しては肝心の情報が後出しになってしまっているため、いまいち釈然としないのが残念。できれば最終章で明かされる幾つかの事実をもっと早くに提示してほしかった。

タグ:

posted at 17:17:51

2016年07月13日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月13日

道尾秀介「スタフ staph」読了。移動デリで生計を立てる夏都はある誘拐事件をきっかけに中学生アイドルのカグヤに力を貸すことになる。カグヤの姉である有名女優のスキャンダルを封じるため、ある女性の携帯電話からメールを消去するという簡単なミッションのはずだったのだが……。

タグ:

posted at 01:56:15

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月13日

一応ミステリにカテゴライズされる作品。随所に小さな謎や意外な展開を入れて物語を盛り上げようとしている節は感じられるものの、謎に対する肝心の真相は肩透かし気味だし、意外な展開にしても強引な引き延ばしとしか思えず、正直うまく機能しているとは言い難い。

タグ:

posted at 01:56:26

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月13日

そのため、最後に明かされるある事実もどこか取って付けた感が否めず釈然としないものが残る。連載作のせいかもしれないが全体的に行き当たりばったりで書いているような印象で、どちらかといえば計算された構成よりもどこに辿り着くかわからないドライブ感を楽しむのが吉な作品である。

タグ:

posted at 01:57:03

2016年07月15日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月15日

霧舎巧「推理は一日二時間まで」読了。変な大人が集まる変な建物には変な事件がよく似合う。ゴスロリ誘拐事件、燃える雪うさぎの謎、人気アイドルの失踪……個室レンタルスペース「秘密基地」で巻き起こる数々の怪しいトラブルに隠された真相とは?

タグ:

posted at 11:06:40

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月15日

戦隊物の「黄色」や「勇者」「ナイト」になりきった人々が集まる建物で起きる奇妙な事件を描いた連作。設定からホームズやルパンになりきった人物が登場する赤川次郎の「第九号棟シリーズ」を彷彿とさせるが、あそこまでキャラは濃くないし何より情報量が多すぎてキャラがあまり描けていないのが難。

タグ:

posted at 11:06:50

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月15日

加えて何がやりたかったのか分からない話も多く、そのためにたまに盛り込まれるトリック(連作の仕掛けも含め)にしても滑ってしまっている感が否めない。どちらかというと本作のような作品は作者には向いてないのかもしれない。

タグ:

posted at 11:06:59

2016年07月16日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月16日

森川智喜「レミニという夢」読了。私立探偵事務所に就職した松代が夢の中で会った探偵・レミニ。彼女は松代が遭遇した不可解な火事の謎に対し「これが真相です」と赤い鳥や青い魚を出現させた後「彼女が嘘をついているのです」と謎めいた言葉を口にする……。

タグ:

posted at 01:56:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月16日

私立探偵の主人公が遭遇した日常の謎を夢の中の探偵が解く風変わりな連作ミステリ。解くと言っても真相はなぞなぞという形で主人公に示されるので、どちらかというと夢の中の探偵は探偵役ではなく主人公にヒントを与える役割と言った方がいいかもしれない。

タグ:

posted at 01:57:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月16日

本作で面白いのは最初に夢の中の探偵によって示される真相が時に絶妙なミスディレクションにもなることで、その使い方はどことなく麻耶雄嵩の某短編に通じるものがある。但し連作が進むにつれミステリとしての出来は徐々に後退していき、最終的にはただのなぞなぞと化してしまうのは非常に残念。

タグ:

posted at 01:57:24

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月16日

せっかく設定は良いのだから、できれば最後までクオリティを維持してほしかった。

タグ:

posted at 01:57:40

2016年07月18日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月18日

鳥飼否宇「ブッポウソウは忘れない」読了。大学の鳥の研究室に所属する大学生・宗像翼の周りで巻き起こる不思議な事件の数々。犯人当てならぬ犯猫当て、美女が書いたラブレターの相手、寡黙な先輩の不可解な怪我、インコの告発と犯人探し、そして翼が想いを寄せる室見春香が姿を消した理由とは?

タグ:

posted at 17:27:03

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月18日

作者が得意とする鳥をテーマにした五話構成の連作長編。ミステリではお馴染みのネタを使いつつも基本的にはたわいないオチの話が多く、どちらかといえば鳥に纏わる蘊蓄と物語の繋がりを楽しむのが趣旨の作品なのかな……と思いきや、第四話で急にガチの本格ミステリになるので油断ならない。

タグ:

posted at 17:28:18

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月18日

インコが犯人を告発するというこれまたミステリ読みにはお馴染みのネタとは裏腹にフーダニットとしてはかなり捻くれており、終盤の謎解きで明らかになる告発の意味と犯人の正体には唖然とさせられる。いかにして最後まで読者から犯人を隠し通すか、作者の苦心の跡が窺える快作と言っていいだろう。

タグ:

posted at 17:28:34

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年7月18日

また第五話における連作のオチにしても何気にミスディレクションが巧く決まっていて好印象。最後まで読むと軽い読み口の中にしっかりと本格ミステリ要素が活かされていることが分かる好編である。

タグ:

posted at 17:28:47

«< 前のページ12のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました