麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,465/9,026
  • フォロー 994 フォロワー 1,478 ツイート 85,287
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2021年04月
«< 前のページ12のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2021年04月30日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月30日

天野明「鴨乃橋ロンの禁断推理」2巻読了。「生放送殺人事件」は毒殺トリックこそよくあるものながら被害者の操りに工夫が凝らされている点は○。また問題編のみ収録の「孤島天文台殺人事件」はこれまでにない長編らしい盛り上げ方が好印象で何となくトリックは推察されるものの解決編にも期待したい。

タグ:

posted at 15:35:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月30日

とはいえ、それを差し引いても第一の事件に関するエラリーの推理や第三の事件における矛盾点の演出など見るべきところも多く、エラリー・クイーン・ファンクラブの長編ランキングで1位に選ばれることはある傑作と言っていいだろう。

タグ:

posted at 13:43:18

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月30日

そしてそんな偽の手がかりを逆手にとったエラリーの罠とそれを踏まえたロジックが秀逸な反面、一方で「読者への挑戦」が挿入されるタイミングにはやや疑問。サプライズ的に仕方ないのかもしれないが現代の日本人には分からない知識が前提にあることを考えるともう少し後の方がフェアだったように思う。

タグ:

posted at 13:43:00

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月30日

名探偵エラリー・クイーン最初の事件を描いた国名シリーズの四作目。国名シリーズ最長の作品であるにも拘わらず構成に無駄がない点もさることながら特筆すべきは中期以降のクイーン作品を思わせる偽の手がかりを扱っている点であり、それを駆使する犯人とエラリーの攻防や幾度にも渡る多重解決が熱い。

タグ:

posted at 13:42:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月30日

エラリー・クイーン「ギリシャ棺の秘密」読了。急逝した盲目の絵画商ゲオルグ・ハルキスの遺言状が収められた鋼鉄の箱が消えた。事件に関わることになった大学卒業後まもないエラリーの推理に従いハルキスの棺が再び掘り返されるが、その棺の中にあったのはハルキスの死体と絞殺された男の死骸だった。

タグ:

posted at 13:42:30

2021年04月23日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月23日

ここぞという場面で次々と回収される伏線がとにかく圧巻で、特に終盤で分かるある人物が『ストーリー除外対象者』になった理由と最後の最後に回収される『心当たり』が秀逸の一言に尽きる。それでいて今後を予感させる結末も巧く、ラブコメを知り尽くした作者だからこそ書けた佳作と言っていいだろう。

タグ:

posted at 18:58:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月23日

しかしながらラブコメにハマりすぎたあまりラブコメに愛憎半ばの感情を抱く(文庫版あとがき参照)作者らしく、物語はやがてある不穏な展開を迎えることになる。そしてそれを回避すべく主人公が奮闘することになるのだが、そこからが伏線の狙撃手の異名を持つ作者の本領発揮である。

タグ:

posted at 18:58:16

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月23日

現実世界で深夜アニメのような物語が体験できる画期的な装置が巻き起こす騒動を描いたメタラブコメ小説。その装置のモニターとなった主人公が意中の同級生・佐藤さんとお近づきになりたいために次々と登場する美少女キャラとのフラグをへし折っていく展開はラブコメのお約束を知っていると実に痛快。

タグ:

posted at 18:57:58

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月23日

浅倉秋成「フラッガーの方程式」読了。高校生・涼一は日常をドラマに変える《フラッガーシステム》のモニターになる。意中の同級生・佐藤さんとのロマンスはどこへやら、ツンデレお嬢様の偽彼氏になったり悪の組織と対決したりと生活は激変。やがてシステムはある意味、感動的な結末へと暴走を始める。

タグ:

posted at 18:57:33

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月23日

天樹征丸/さとうふみや「金田一37歳の事件簿」9巻読了。「騒霊館殺人事件」完結。トリックこそ既存の組み合わせながら、犯人を追い詰める決め手にちょっとした工夫があるのは○。むしろ今回から始まった「綾瀬連続殺人事件」の方がこれまでのシリーズでは珍しいシリアルキラー物なので今後に期待。

タグ:

posted at 12:39:03

2021年04月22日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月22日

また作中に登場するおかず屋の憎めないキャラも○で、彼の存在が陰惨な事件の救いになっている部分も少なからずあるだろう。総じて作者のストーリーテラーぶりと、奇怪な謎に相応しい真相が堪能できる作品集である。

タグ:

posted at 20:25:16

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月22日

そして収録作中ベストを挙げるなら「トランプ台上の首」で、タイトル通りの強烈なシチュエーションもさることながら、捜査が進むにつれ謎が解けていくどころか逆に増えていく展開と、終盤で金田一が犯人の名を告げた途端、謎と思われた出来事が一転して絶妙な伏線になる点が素晴らしい。

タグ:

posted at 20:25:00

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月22日

また何気にある人物に犯人の正体を気付かせないよう、あえてあのような設定にした点も巧い。一方「鴉」は人間消失のトリックこそ他愛ないものだが、むしろドロドロの事件の背景の方に見るべきものがある。

タグ:

posted at 20:24:39

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月22日

名探偵・金田一耕助がかつて解けなかった因縁の事件を扱った表題作含む三編を収録した中編集。表題作と「鴉」は人間消失の謎が出てくる点で共通しているものの、表題作はどちらかというと陰険な毒殺トリックとそれが象徴する凶悪な犯人像の方が印象に残るだろう。

タグ:

posted at 20:24:19

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月22日

横溝正史「幽霊座」読了。かつて人気随一の若手歌舞伎俳優が芝居中に失踪した芝居小屋でまたしても惨劇が起こる表題作の他、美しい人妻を残して密室から消失した夫と逆さ吊りにされた鴉の死体の謎を扱った「鴉」と生首のみを残し胴体を隠すという犯人の不可解な行動に迫る「トランプ台上の首」を収録。

タグ:

posted at 20:24:01

2021年04月20日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月20日

✕不敵な予告をする犯人レビュー小屋
○不敵な予告をする犯人「魔女の暦」

犯人レビュー小屋ってw

タグ:

posted at 20:01:37

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月20日

むしろシチュエーションにきちんと意味があるという点では併録の「火の十字架」の方が巧くやっており、ある証拠品に隠された何気ない気付きもさることながら、詰め込まれたトリックの数々が事件の中に自然に溶け込んでいるのも○。

タグ:

posted at 19:42:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月20日

レビュー小屋で起きた二つの事件に名探偵・金田一耕助が挑む作品集。表題作は謎に包まれた犯人「魔女の暦」によって繰り広げられる吹き矢、鎖、メジューサの首などの道具立てを駆使した連続殺人劇で読ませるものの、かなりきわどいアリバイ工作と一部のシチュエーションの意味のなさがやや気になる。

タグ:

posted at 19:42:11

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月20日

横溝正史「魔女の暦」読了。浅草のレビュー小屋・紅薔薇座で出演していた三人の魔女役が次々と惨殺された。不敵な予告をする犯人レビュー小屋の狙いは何か? 表題作の他、トランクの中から発見された全裸美女と塩酸で顔を溶かされた死体という猟奇的な謎が目を牽く中編「火の十字架」を収録。

タグ:

posted at 19:41:51

2021年04月17日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月17日

一方「湖泥」は作者らしい村社会を背景にした異様な犯人像とそれに相応しい異様なロジックが秀逸。また「堕ちた天女」は乱歩を彷彿とさせる怪人が暗躍する展開を逆手に取った真相と「湖泥」とはまた違った異様な犯人像が印象深い佳編である。

タグ:

posted at 15:11:51

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月17日

名探偵・金田一耕助が活躍する三つの事件を収録した中編集。収録作はいずれも一つの小さな気付きから一気に謎が解かれるのが特徴で、表題作は作中で「生首半斬り擬装心中事件」と称される収録作中最も魅力的な謎もさることながら単純かつ盲点をついた真相と陰惨な事件とは裏腹な後味の良い結末がいい。

タグ:

posted at 15:11:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月17日

横溝正史「貸しボート十三号」読了。貸しボートの中に横たわる首を途中まで挽き切られ血まみれになった男女の惨死体、義眼が抜き取られた美女の死体を家に隠していた男、次々と若い女を殺して石膏像の中に塗り込める怪人……表題作の他、「湖泥」「堕ちた天女」の二編を収録。

タグ:

posted at 15:11:08

2021年04月16日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月16日

渡辺静「魔女に捧げるトリック」3巻読了。主人公側が使う大掛かりなトリックも面白いが前巻で謎だった敵側のトリックも蓋を明けてみればいい意味でこの時代を逆手に取った仕掛けが使われていて○。加えて終盤では更に驚きの事実が明かされてますます先が気になるのに次巻で完結なのが残念でならない。

タグ:

posted at 09:14:21

2021年04月15日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月15日

ミステリとしてみると構図こそ前例があるものの冒険活劇の中に巧みに織り込んだ伏線と人狼の特徴を活かしたロジックによる犯人の絞り込みはさすがの出来で、特に誘拐現場におけるある矛盾から展開されるロジックが秀逸。総じて手に汗握るバトルと切れ味鋭いロジックがバランスよく纏まった佳作である。

タグ:

posted at 22:48:14

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月15日

前作から約四年半ぶりのファンタジー本格ミステリシリーズ三作目。今回のテーマは人狼ということでミステリは勿論のこと、伝奇バトル部分でもその要素を活かしつつ、更に前作からの因縁ある対決なども盛り込み、シリーズ最長のエンタメ作品に仕上げている。

タグ:

posted at 22:47:45

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月15日

青崎有吾「アンデッドガール・マーダーファルス3」読了。〈牙の森〉の謎を追いドイツへ向かった〈怪物事件専門の探偵〉真打津軽たち、鳥籠使い一行が遭遇したのは、村の少女が連れ去られ次々と喰い殺される事件だった。怪物たち〈夜宴〉と保険機構〈ロイズ〉も介入し、やがて舞台は人狼の隠れ里へ――。

タグ:

posted at 22:47:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月15日

加えて登場人物たちに割り振られた能力に関して特にこれといった理由付けがあるわけでもなく前作同様あまりにも都合よく使われる点にも引っ掛かる。あくまで扱われる特殊な状況が綾香と未散の関係性を描くための演出に過ぎないと分かってはいても、何かしらの理由付けはほしいと思う。

タグ:

posted at 09:27:31

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月15日

百合要素のあるループ物の二作目。前作のループ地獄を経て主人公・綾香の心境がどう変わったのかが最大の読みどころではあるが、いかんせん前作に比べると物語のスケール及び展開に物足りなさが否めず、どうしても蛇足感が否めない。

タグ:

posted at 09:27:15

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月15日

宇佐楢春「忘れえぬ魔女の物語2」読了。理不尽な世界に幾度も抗った十月五日は過ぎ、わたしと未散が望んだ日々がようやく訪れた。未散との心地よくももどかしい関係を変えようとしていた頃、友達の深安さんから演劇部の助っ人を頼まれる。だがその依頼はこれから起こる事件の前触れで――。

タグ:

posted at 09:26:54

2021年04月14日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月14日

というのも肝心の真相が幾つか前例があるのもさることながら、それをやる必然性及び計画性にかなり疑問があり、むしろこの真相を明かさない方が良かったのではないかとすら思ってしまう。少なくとも自分は残念ながら本作に対し帯や内容紹介にある奇想も驚愕の真相も全く感じることはできなかった。

タグ:

posted at 14:04:39

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月14日

死刑が廃止された日本に生存する最後の死刑囚との奇妙なインタビューと事件を描いた長編ミステリ。タイトルにある通りミステリにおける「信頼できない語り手」を匂わせた麻倉のインタビューは謎めいた魅力があり読ませるものの、いかんせん最後の着地で失敗してしまっている。

タグ:

posted at 14:04:13

麻里邑圭人 @mysteryEQ

4月14日

太田忠司「麻倉玲一は信頼できない語り手」読了。フリーライターの熊沢は日本に生存する最後の死刑囚・麻倉に関する本を執筆するため無人島だった離島に設けられた民間経営の刑務所に向かう。インタビューで「僕は人の命をジャッジする審判なんだよ」とうそぶく麻倉。そして、遂に恐ろしい事件が……。

タグ:

posted at 14:03:37

«< 前のページ12のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました