麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 7,781/8,290
  • フォロー 959 フォロワー 1,421 ツイート 81,031
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。エアミステリ研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2020年07月25日
並び順 : 新→古 | 古→新

2020年07月25日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

7月25日

果たして作者がどんな意図で本作を書いたのかは定かではないが、少なくとも本作が読む人によって感じ方が異なる、万華鏡のような底知れない作品であるのは間違いない。

タグ:

posted at 13:54:01

麻里邑圭人 @mysteryEQ

7月25日

それは作中の比良坂さんの存在や終盤の怒涛のような多重解決からも窺うことができるが、その一方で小説という媒体における読者と作者の関係が強姦もとい一方的なディスコミュニケーションであることに対する諦観の念も感じさせる。

タグ:

posted at 13:53:33

麻里邑圭人 @mysteryEQ

7月25日

しかしながら今回再読して感じたことは、本作が思っていた以上に誠実であることだ。本作は徹頭徹尾ライトノベルの形式を借りて本格ミステリの構造について論じた小説であり、ある時は本格の現状を茶化しつつも本格ミステリとして成立させるものは何なのかその正体について真摯に描こうとしている。

タグ:

posted at 13:52:52

麻里邑圭人 @mysteryEQ

7月25日

第6回HJ文庫大賞奨励賞受賞作。怪作、奇書、アンチミステリ――恐らく本作を読了したミステリ読みはだいたいこんな感想を抱くことだろう。あるいは某ミステリ作家兼評論家の某作に対する発言のように「これは、ゴミである」と思う人もいるかもしれない。

タグ:

posted at 13:52:31

麻里邑圭人 @mysteryEQ

7月25日

米倉あきら「インテリぶる推理少女とハメたいせんせい -In terrible silly show,Jawed at hermitlike SENSEI-」再読了。とある孤島の中学校を舞台に文芸部顧問で処女専門の強姦魔(!)である「せんせい」が次々と部員に手をかけ、それを女子中学生の比良坂さんがロジックで無効化する対決の行方は?

タグ:

posted at 13:51:54

@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました