麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,672/9,235
  • フォロー 1,003 フォロワー 1,509 ツイート 86,313
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2016年02月
«< 前のページ12のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2016年02月02日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月2日

大谷羊太郎「濡衣を着る男」読了。藤堂新一は倒産寸前の会社を救うために窃盗を働いた。その結果、一人の男が無実にも拘わらず逮捕された。それから十年後、事業が軌道に乗った藤堂はかつて濡衣を着せてしまった男・古沢に償いをしようと接近を計るが、そんな彼の行動が新たな事件を招くことに――。

タグ:

posted at 03:15:37

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月2日

実直すぎる男の償いを巡るサスペンス小説だったのが、終盤に至り突如アリバイ物の本格ミステリに化ける、実にテクニカルな作品。トリックそのものはよくあるものだが、それと気付かせない練り込まれたプロットと反転する構図が素晴らしい。

タグ:

posted at 03:15:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月2日

また真相が明かされて初めて分かる、もう一人の人物の償いが物語に深い余韻を与えてくれるのもいい。本作は巧みにサスペンス小説に擬態してみせたプロット本格の良作である。

タグ:

posted at 03:16:04

2016年02月07日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月7日

仁木悦子「冷えきった街」読了。学校経営者である竪岡清太郎の長男・清嗣がガス中毒で死にかけ、次男・冬樹が暴漢に襲われ、更に末娘・このみの誘拐を予告するという脅迫状までが舞い込んだ。清太郎は探偵の三影潤に事件解明の依頼をするが、予告された当日に清嗣が何者かに毒殺されてしまう。

タグ:

posted at 22:33:36

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月7日

私立探偵・三影潤が活躍するシリーズの長編。本作は一般的にはハードボイルド作品と見なされているが、確かに探偵の地道かつ体を張った捜査や不良少年との心の交流、取り戻せない過去の重み、全てが終わった後の哀愁感など作中のそこかしこにハードボイルド要素を見ることができる。

タグ:

posted at 22:33:58

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月7日

その一方で過去の事件の犯人を特定するロジックや盲点をついたアリバイトリックなどミステリとしても見るべきところが多く、しかもそれらをハードボイルドの中に違和感なく溶け込ませているのはさすがの一言。ハードボイルドならではの人間ドラマと本格ミステリを巧く融合させた秀作である。

タグ:

posted at 22:34:10

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月7日

仁木悦子「夏の終る日」読了。浮気調査の依頼人が巻き込まれた殺人事件。依頼人の無実を信じて私立探偵の三影潤は調査に乗り出すがやがて彼自身も警察から疑われる羽目になる表題作の他、赤ん坊を連れ去ろうとした犯人を父親が誤って殺してしまった事件が二転三転する「しめっぽい季節」など五編収録。

タグ:

posted at 22:34:20

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月7日

私立探偵・三影潤シリーズの短編集。収録作はいずれも何気ない小道具からの気付きが巧く、中でも表題作はその気付きの連続によって事件の様相を何度もひっくり返してみせる展開が素晴らしい。また、なんだかんだで事件に関わってしまう三影潤の人の良さも魅力の作品である。

タグ:

posted at 22:34:40

2016年02月10日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月10日

小林泰三「安楽探偵」読了。熱狂的ファンの中年男に執拗に真似される恐怖を語る人気アイドル。何者かに太る薬を盛られていると主張するダイエットマニアの女。客が持ち込んだ食材を調理する風変わりな店で消えた娘を探してくれと訴える夫婦……事務所から一歩も出ないものぐさな探偵の推理とは?

タグ:

posted at 04:19:24

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月10日

全六話からなる安楽椅子探偵物の連作ミステリ……なのだけど、収録作のほとんどがミステリよりも作者らしい黒い笑いの方が強いため、謎解きがあってもあまりミステリを読んだ感じがしないのが難。とはいえ連作としての纏めに関しては前例があるものの、ちゃんとミステリしていると言えるだろう。

タグ:

posted at 04:19:48

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月10日

ベストを挙げるなら第三話「ダイエット」で、あるミステリ的手法がオチの脱力感を際立たせているのが○。

タグ:

posted at 04:19:58

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月10日

松村涼哉「ただ、それだけでよかったんです」読了。ある中学校で一人の男子生徒Kが自殺した。『菅原拓は悪魔です』という遺書を残して。だがKは人気者の天才少年で菅原拓はスクールカースト最下層の地味な生徒だった。悪魔と呼ばれた少年がその物語を語り始める時、驚愕の真実が浮かび上がる。

タグ:

posted at 10:51:16

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月10日

第22回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。読み始めは文章に色々引っ掛かるところがあるが、物語を引っ張る力がそれを補ってくれる。内容紹介や帯の推薦文を見るといかにも構図の反転物のミステリっぽいが、事件の真相は予測の範疇に過ぎないため、ミステリを期待して読むと肩透かしを覚えるかもしれない。

タグ:

posted at 10:51:38

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月10日

とはいえ事件の構図はそれなりに考えられているし、イジメというテーマありきの物語としてはよくできている。あくまでミステリ風の青春小説として読んだ方が楽しめる作品である。

タグ:

posted at 10:51:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月10日

殊能将之「殊能将之 未発表短篇集」読了。犬恐怖症の男が隣人とその飼い犬の様子がおかしいことに気付く「犬がこわい」、凶暴な男達が繰り広げる命がけの遊戯「鬼ごっこ」、死んだ妻を甦らせようとした男とその友人が巻き込まれた不可思議な出来事「精霊もどし」など作者の没後に発見された四編収録。

タグ:

posted at 22:09:25

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月10日

作者が「ハサミ男」でデビューする前に書かれた習作三編に「ハサミ男」が出版されるまでの顛末を綴った私小説「ハサミ男の秘密の日記」を収録した短編集。正直言うと出来はあまり期待していなかったのだけど、いざ読んでみたら、これが普通に面白くて驚いた。

タグ:

posted at 22:09:36

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月10日

ユーモアと警句に彩られた収録作はいずれも殊能将之らしさ全開であり、作者のファンは元より、作者のファンでなくてもその魅力の虜になるであろう可能性を十二分に秘めている。どれも甲乙つけがたいが個人的には映画好きだった作者のセンスが最も感じられる「鬼ごっこ」が好みだった。

タグ:

posted at 22:09:53

2016年02月14日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月14日

「残穢 住んではいけない部屋」観了。思っていた以上に本格ミステリだった。特にあるシーンと繋がった時の快感が正にそれで全体的に良かったとは思うが、だからこそショボいCGとラストの蛇足感が気になった(むしろCGを一切使わない方が良かったのでは)。あと平山夢明が癒しキャラだった。←

タグ:

posted at 20:57:18

2016年02月17日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月17日

加藤元浩「Q.E.D.iff」3巻読了。三人の女がある詐欺師の殺害をそれぞれ別に計画。そして計画はパーティーの夜に実行されるが……「三人の刺客」、小学生の頃、自転車泥棒の濡れ衣を着せられた燈馬。その事件と年月を経て再び対峙することになる「自転車泥棒」の二編収録。

タグ:

posted at 09:42:00

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月17日

「三人の刺客」は倒叙物に捻りを加えた一編。三人の女の設定を活かした三者三様の殺害計画も面白いが、それらの隙を巧く突くことで皮肉な真相を提示してみせる手腕が実に見事。ユーモアたっぷりのオチも個人的には○。

タグ:

posted at 09:42:13

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月17日

一方「自転車泥棒」は過去の事件と再び対峙させてみせるノスタルジックな見せ方もさることながら、詰め込まれたアイディアの数と二転三転させる展開、苦い真相とそれでも希望ある結末のギャップが素晴らしい。一点気になるところもなくはないが、それを差し引いても、忘れ難い印象を残す秀作である。

タグ:

posted at 09:42:49

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月17日

加藤元浩「C.M.B.」31巻読了。山中の村に突如出現した大穴に纏わる不可思議な出来事「地獄穴」、亡くなった画家の愛車があり得ない場所から見付かる「ゴーストカー」、賞金がかかったマジシャンの死の謎に挑む「第27回探偵推理会議」など四編収録。

タグ:

posted at 13:22:40

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月17日

今回もバラエティに富んだ四編が収録されているが、中でも飛び抜けているのは「第27回探偵推理会議」だろう。水中脱出マジックという設定が真相の絶妙な目眩ましになっている点もさることながら、何よりも賞金のかかった犯人当て形式だからこそできた仕掛けが素晴らしい。

タグ:

posted at 13:22:58

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月17日

次点は社会派的ネタ(?)を伝説や風習でうまく隠蔽してみせた「地獄穴」だが、「ゴーストカー」の豪快なバカトリックも嫌いではない。あと宮内悠介が出てくる「動き回る死体」はアパートの住人たちが死体を押し付け合うシチュエーションは面白いが、肝心の真相がイマイチなのが残念。

タグ:

posted at 13:26:38

2016年02月22日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月22日

仁木悦子「緋の記憶」読了。依頼人が何度も見る謎めいた夢と過去に起きた殺人事件の関係を探る表題作を始め、ふらりと立ち寄った画廊で見かけた一枚の絵に纏わる殺人事件の謎を解き明かす「暗緑の時代」、犯人が自首したことで決着したと思われた老人殺しに隠された秘密「沈丁花の家」など六編収録。

タグ:

posted at 18:10:54

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月22日

私立探偵・三影潤シリーズの短編集。ミステリとしての出来で言えば前に読んだ同シリーズの短編集「夏の終る日」よりもこちらの方が上だろう。収録作は何気ない気付きからひっくり返してみせるタイプの作品が多いが、中でもとりわけ巧くひっくり返してくれるのが表題作である。

タグ:

posted at 18:11:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月22日

所謂回想の殺人を扱った本作はこのテーマならではの気付きは勿論のこと、テーマが真相の絶妙な目眩ましとして機能している点が秀逸。次点は同じく過去の殺人事件を扱った「暗緑の時代」で一枚の絵に端を発する事件の展開の仕方とどちらとも取れる結末の余韻が○。

タグ:

posted at 18:11:37

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月22日

その他「沈丁花の家」はネタの性質上、他の収録作より伏線が多く張られているため、比較的真相は分かりやすいが、その丁寧な見せ方は好印象。惜しむらくは後半の二編「蜜色の月」「美しの五月」が一段落ちる出来であることだが、それを差し引いても充分良作と言える短編集である。

タグ:

posted at 18:11:48

2016年02月23日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月23日

小森健太朗「ローウェル城の密室」読了。夏休みのある日、真っ暗な森に迷い込んだ恵と保里は不思議な老人の手で少女漫画『ローウェル城の密室』の世界に送り込まれ、漫画の登場人物であるメグとホーリーになってしまう。蛮族が跋扈し、奇怪な風習に支配されたその世界で、密室殺人事件が発生した。

タグ:

posted at 22:51:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月23日

作者が高校生の時に江戸川乱歩賞に応募し最終候補に残った作品。粗筋を見るといかにもミステリっぽいが、本題の密室殺人事件がかなり後半になってからでないと始まらないその構成は些か賛否が分かれるところかもしれない。

タグ:

posted at 22:51:47

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年2月23日

メインの密室トリックに関して言えば必ずしもこの世界でないと成立しないものではないが発想としては鯨統一郎の某作に近いものがあり、なかなか面白い。ただその反面トリック以外の部分に作り込みの甘さを感じなくはないが、それを抜きにしてもアレ系が好きな読者であれば一読の価値がある作品である。

タグ:

posted at 22:52:05

«< 前のページ12のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました