麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,672/9,235
  • フォロー 1,003 フォロワー 1,509 ツイート 86,313
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2016年04月
«< 前のページ12のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2016年04月03日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月3日

仁木悦子「猫は知っていた」再読了。仁木兄妹の下宿先である箱崎医院で入院患者の平坂と院長の家族である桑田夫人が行方不明となる。やがて桑田夫人が庭にある防空壕の中から他殺体となって見付かり、警察は平坂を殺人犯として指名手配するが、一向に消息は掴めない。そんな中、新たな殺人事件が……。

タグ:

posted at 20:33:36

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月3日

第三回江戸川乱歩賞受賞作。秘密の抜け穴、不穏な動きを見せる黒猫、毒が塗られたナイフなどミステリ読みの心を擽る小道具を巧みに活かした物語作りもさることながら、何より目を惹いたのは細やかな伏線の張り方で日常の些細な出来事の数々が後に事件の重大な手掛かりとして生きていく様は実に圧巻。

タグ:

posted at 20:33:46

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月3日

また意外と大胆な仕掛けも幾つかあり、特に序盤から堂々と提示されていた犯人を特定する決め手と犯人の設定を活かした○○の隠し方には思わず唸らされた。今回久々に再読してみて思ったが、本作はある程度ミステリを読み慣れてからの方が面白さが伝わりやすい秀作である。

タグ:

posted at 20:34:13

2016年04月05日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月5日

仁木悦子「仁木悦子少年小説コレクション2 口笛探偵局」読了。幼児失踪、ボールペン盗難、山で消えた少女と秘密の洞穴――三つの事件に挑む四人の少年少女の活躍を描いた長編「口笛たんてい局」の他、短編十一編に随筆十六編を併せて収録。

タグ:

posted at 05:11:58

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月5日

作者のジュブナイルミステリを集めた作品集の第二弾。三つのエピソードで構成された表題作はミステリというより冒険活劇色が強い作品で、メインとなる四人の子供たちも天才や秀才ではなく普通の女の子と何かしらのハンデを抱えている男の子という組み合わせなのが興味深い。

タグ:

posted at 05:12:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月5日

収録作の中で最もミステリ度が高いのは中学生と小学生の兄妹が春休みにやって来た東京で殺人事件のアリバイ崩しに挑む「なぞの黒ん坊人形」で地名と絡めた某古典トリックのアレンジは今でこそ珍しくないものだが発表時期を考えると本作がその先駆けだった可能性は十分にあるだろう。

タグ:

posted at 05:12:49

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月5日

また謎でいえば幻の殺人事件が何度も繰り返される「影が死んでいた」が最も魅力的だが、肝心の真相がありきたりのものに留まってしまっているのが残念。

タグ:

posted at 05:13:15

2016年04月06日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月6日

深水黎一郎「倒叙の四季 破られたトリック」読了。縊殺、溺殺、刺殺、中毒殺……懲戒免職処分となった元警視庁の敏腕刑事が作成した〈完全犯罪完全指南〉という裏ファイルを入手し完全犯罪を目論む四人の殺人者が練りに練った偽装工作を、警視庁捜査一課の海埜警部補はどう切り崩すのか?

タグ:

posted at 23:14:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月6日

芸術探偵シリーズでお馴染みの海埜警部補が探偵役を務める倒叙形式の連作ミステリ。犯人たちが完全自殺マニュアルならぬ完全犯罪完全指南という裏ファイルを元に殺人計画を立てている点に目新しさはあるものの、基本的には倒叙の王道である「犯人がどこでミスをしたのか?」をメインに据えている。

タグ:

posted at 23:15:12

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月6日

収録作はいずれも手堅く作られているが、個人的にはやはりミステリでは定番のもので巧く盲点をついた感のある「秋」と「冬」を推したい。特に「冬」は他殺であることを示す証拠が秀逸で、最後に明かされるある趣向も実に心憎い。

タグ:

posted at 23:15:27

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月6日

そして極めつけは連作としての纏め方で、それまでの王道から一転、この作者ならではの捻った着地を見せてくれる。正直途中までは良くできていると思いつつもどこか物足りなさを覚えていたのだが最後の最後で「らしさ」を感じて非常に満足した。本作は倒叙の王道と変化球を同時に味わえる秀作である。

タグ:

posted at 23:16:08

2016年04月10日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月10日

青崎有吾「ノッキンオン・ロックドドア」読了。密室、髪の短くなった死体、開かない金庫、狙撃の手口、足跡なき殺人、日常の謎、衆人環視の毒殺……「不可能(HOW)」専門の探偵・御殿場倒理と「不可解(WHY)」専門の探偵・片無氷雨の二人が七つの奇妙な事件に挑む。

タグ:

posted at 19:47:36

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月10日

二人の探偵が「不可能(HOW)」と「不可解(WHY)」というそれぞれの得意分野を活かして謎を解く連作ミステリ。加えて本作には主人公たちと敵対するトリックメイカー的キャラまで登場、ある意味現代版探偵対怪人まで盛り込んだ意欲的な作品と言えるだろう。

タグ:

posted at 19:47:52

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月10日

収録作はどれも良くできているが、ベストは「限りなく確実な毒殺」でこの設定だからこそできる逆転の発想とも言うべき毒殺トリックが素晴らしい。次点は「九マイルは遠すぎる」に挑んだ「十円玉が少なすぎる」で、少ない手掛かりからのロジック展開と最終的な真相を踏まえたオチの付け方が実に鮮やか。

タグ:

posted at 19:48:01

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月10日

他にも表題作がハウダニットとホワイダニットの両方で光るものがあるし、構成という点では「ダイヤルWを廻せ!」に、手掛かりの出し方では「チープ・トリック」にそれぞれ見るべきところがある。願わくは次回作でもこのクオリティを維持してほしいと思う。

タグ:

posted at 19:48:29

2016年04月14日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月14日

高森真士「割れた虚像」読了。銀座に本店を持つエメロード靴店の社長・無垣の溺死体が多摩川で発見され橋から無垣を突き落とした男が目撃されたことから警察は殺人とみて捜査を始める。トップ屋の黒部はあることから銀幕のトップスター・桜木陽に疑いを持つが彼には事件当夜、鉄壁のアリバイがあった。

タグ:

posted at 21:40:05

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月14日

動機とアリバイトリックのあまりにも大胆な伏線に脱力せざるを得ない怪作。「え、あれが伏線だったの?」というのが読み終わった時の正直な感想で、これを凄いと取るか下らないと取るかでかなり評価が分かれると思う。ただ少なくとも自分は笑ってしまったので、隠れたバカミスの良作として評価したい。

タグ:

posted at 21:40:29

2016年04月15日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月15日

折原一「死仮面」読了。秋月雅代の急死した内縁の夫・十津根麻里夫は名前も身元も偽りのものだった。夫の正体は何者なのか? それを解く手がかりは夫が大学ノートに残した『マリオネット』と題された小説のみ。そこには連続少年失踪事件とマリオネットの仮面の男が住む館に纏わる物語が綴られていた。

タグ:

posted at 23:06:34

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月15日

作者が得意とする現実と虚構が入り交じる展開はそのままに、ミステリから幻想小説、果てはギロチンを使ったデスゲームへと転換していく、何とも掴み所のない風変わりな作品。本作で作者が目指したものが何なのかは作中に出てくる「ちゃかぽこ」という言葉からおおよそ察しがつくだろう。

タグ:

posted at 23:07:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月15日

ただそれ故に提示されるミステリとしての真相が些か野暮に感じられてしまうのが難だが、その真相を踏まえたエピローグの『終わらない物語』的イメージは○。真相よりもむしろ過程の酩酊感が魅力の作品である。

タグ:

posted at 23:07:18

2016年04月17日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月17日

明利英司「幽歴探偵アカイバラ」読了。幼い頃から幽霊が視える赤茨耕一は彼らの死に様に異常なほど強い関心を寄せていた。耕一は「幽歴探偵」と名乗り、コンビニや病院跡、元ホテルの廃墟などで遭遇した幽霊の来歴を探っていく。

タグ:

posted at 22:47:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月17日

幽霊が視える能力を持つ探偵役が幽歴――どのような理由で幽霊になったのかを探っていく連作ミステリ。連作としての落としどころに関しては残念ながら伏線があからさま過ぎるために早い段階で分かってしまうのが難だが、某映画のオチにもう一捻り入れようとした点は評価できるかもしれない。

タグ:

posted at 22:47:16

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月17日

個々のエピソードとしては、決まった時間に深夜のコンビニを訪れる女の幽霊の幽歴に迫る一話「真夜中に聞く」が与えられた手がかりから隠された真実を導き出す手腕が目新しさはないが収録作の中では出色の出来。また四話「古竜が棲む湖」が設定を活かしたロマンある場面を作り出していて○。

タグ:

posted at 22:47:28

2016年04月18日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月18日

北山猛邦「先生、大事なものが盗まれました」読了。愛や勇気など形のないものまで盗む伝説の怪盗・フェレス。その怪盗の仕業とされる事件が凪島のあちこちで起こったため、女子高生の雪子は探偵高校と怪盗高校に通う幼馴染み二人と共に調査に乗り出す。一体何が盗まれたのか?

タグ:

posted at 23:11:23

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月18日

探偵と怪盗の学校が存在する不思議な島を舞台に「何が盗まれたのか?」をテーマにした三つの事件を描く連作異世界ミステリ。本作は一応本格ミステリと銘打たれているが、自分の見解では残念ながら本格ミステリとは言えない。何故なら本作は悪い意味で自由度が高すぎるからだ。

タグ:

posted at 23:11:45

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月18日

基本的に異世界本格は最初にその世界のルール――何ができて何ができないのかを厳密に定めるものだが、本作はそこがもの凄く曖昧なままファンタジーとしか言いようがない真相を提示するため、いくら伏線が張ってあってもイマイチ納得できず非常にモヤモヤする。

タグ:

posted at 23:12:11

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月18日

恐らく帯の文句から察するに従来の本格ミステリではできないものを求めた結果、自由度の高い舞台設定にしたのだろうが、それで説得力がないとあっては本末転倒もいいところである。もし続編が出るのであれば、その辺のルールをもっときっちり定めてほしいと思う。

タグ:

posted at 23:12:39

2016年04月19日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月19日

山田正紀「神曲法廷」読了。29人の死傷者を出した神宮ドーム事件の公判直前、東京地裁の密室で担当弁護士と判事が殺害された。「正義は果たされなければならない」――ある日、突然神の声を聴いた検事・佐伯が事件を追う。

タグ:

posted at 22:45:29

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月19日

タイトルにある通りダンテの「神曲」をテーマにした本格ミステリにして名探偵小説。卓越した推理力を駆使する探偵役を指して「神の如き名探偵」と言うことがあるが、本作はそれを正に地でいく展開――名探偵とは神がかり的なものであるとしたところがまずもって興味深い。

タグ:

posted at 22:47:05

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月19日

ミステリとしてみるとハウダニット(どうやってやったか?)よりもむしろホワイダニット(何故そうしなければならなかったか?)に見るべきところがあり、特にドームでの事件の処理が秀逸。だがそれ以上にラストで明らかになる真相が衝撃的で、正直それが全部持っていってしまった感すらある(爆)。

タグ:

posted at 22:47:35

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年4月19日

終盤に出てくるある人物の思想についていけなかったり、トリックの一部が定番すぎたりと微妙な点もあるものの、個人的には悪魔的とも言えるラストのバカミスっぷりを評価したい力作である。

タグ:

posted at 22:47:45

«< 前のページ12のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました