麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,624/9,186
  • フォロー 1,000 フォロワー 1,502 ツイート 86,024
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2021年05月
«< 前のページ12のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2021年05月29日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月29日

そして同時にそれがどうしようもない残酷な人間ドラマを浮き彫りにしておりだからこそ最後の一行が実に心に刺さる。正直言うとあるトリックを使わなくなって以降の道尾作品はいまいちパッとしない印象が否めなかったが本作に限って言えばそれがなくてもここまで書けることを証明してみせた傑作である。

タグ:

posted at 17:00:55

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月29日

加えて登場人物設定に関してもよく練られており、それによって終盤の展開と共にこれしかないという真相に読者を誘導させてみせる手腕には見事に騙された。だがそれ以上に秀逸なのは前述した雷に纏わるある事実であり、これについては充分衝撃的と言っていいだろう。

タグ:

posted at 17:00:39

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月29日

本作の真相に関して内容紹介には「どんでん返しの先に待つ衝撃のラスト」「最強の破壊力」とあるがむしろ本作は真相のサプライズよりも作者のミスディレクションの巧さが際立っているタイプの作品であり、しかもそれが物語が始まった時から既に仕掛けられているのだから何とも恐れ入る。

タグ:

posted at 17:00:16

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月29日

回想の殺人テーマの長編ミステリ。因習残る村を舞台に起きる殺人事件というと横溝正史を思い出す人もいるかもしれないが、どちらかというと回想の殺人ということもあってかクリスティーっぽさを強く感じさせる。本作はタイトル通り雷が度々印象的に使われており、それが事件にも巧く反映されている。

タグ:

posted at 16:59:54

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月29日

道尾秀介「雷神」読了。埼玉で小料理屋を営む藤原幸人の許にかかってきた一本の脅迫電話が全ての始まりだった。昭和の終わり、藤原家に降りかかった母の不審死と毒殺事件の真相を解き明かすべく幸人は姉の亜沙実らと共に三十年の時を経て因習残る故郷へと潜入調査を試みるがその直後に新たな悲劇が――。

タグ:

posted at 16:59:33

2021年05月28日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月28日

バカミスっぽいといえば第3話もなかなかの出来で、収録作中最もシンプルながら、読者の思い込みを逆手に取りつつもプロ野球ファンの悲哀を巧く描いている。ちなみに本作にはこの作者には珍しいあとがき(ネタバレ込み)も付いており、そういう意味でも作者の力の入れようが窺える佳作と言えるだろう。

タグ:

posted at 21:25:01

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月28日

中でもそれが鮮やかに決まっているのが第1話と第4話で、前者は通り魔に便乗した犯人の企みを見破って幕かと思いきや意外なところからくるサプライズが秀逸。一方後者は大胆すぎる凶器のインパクトとは裏腹な細やかな気付きとそこから導き出される見立ての構図がいかにもバカミスっぽくて素晴らしい。

タグ:

posted at 21:24:28

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月28日

事件の鍵を握るのが実際にプロ野球界で起きた出来事である点もさることながら、それ以上に注目してもらいたいのが全編犯人視点の犯行シーンから始まっている点であり、単純な事件と思って高を括っているとそこに隠された作者の企みに知らず知らず足元をすくわれることになるだろう。

タグ:

posted at 21:24:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月28日

プロ野球ファンで賑わうバーに出没する謎のカープ女子が安楽椅子探偵を務める連作ミステリ。作者が熱狂的なカープファンということもあってこれまでの作品にもカープネタがちょくちょく盛り込まれていたが今回は満を持してのプロ野球ミステリであるためか、いつになく熱の入った内容に仕上がっている。

タグ:

posted at 21:23:14

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月28日

東川篤哉「野球が好きすぎて」読了。プロ野球版ボンタン狩り事件に便乗した殺人、二千本安打ツイートのアリバイ、熱狂的な阪神ファン殺し、パットン見立て殺人、コロナ禍のアリバイ……ヤクルトファンの父とコンビを組む捜査一課刑事・神宮寺つばめが持ち込む五つの事件を謎のカープ女子が解き明かす。

タグ:

posted at 21:22:29

2021年05月27日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月27日

こちらは短いながらも不可能犯罪を演出しつつ、きちんとファンタジー要素を盛り込んだシンプルな解決になっているのは○。だがその一方で、内容とタイトルがいまいち合っていないのが気になる(というか前に小説版に付いていた特典のSSと同じタイトルだったような気が)。

タグ:

posted at 15:08:27

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月27日

片里鴎/蒼一郎「異世界の名探偵」1巻読了。同名小説の漫画版。キリオのイメージが思っていたのとは違ったがストーリー展開は概ね原作に忠実で所々漫画らしい伏線描写になっている点が興味深い。因みに同時収録の原作者書き下ろしSS「パンゲアの七探偵の謎」は袋小路から消えた犯人の謎を扱っている。

タグ:

posted at 15:06:55

2021年05月26日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月26日

それでいて探偵役を超える真の名探偵の活躍も最後の最後できっちりフォローしており、メインのネタだけ見ればこれまでのシリーズ中最も出来がいい快作と言っていいだろう。

タグ:

posted at 22:08:23

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月26日

しかしながら四編目で明かされるメインの密室から消えた御神体の謎はよく練られており、今のご時世を反映しつつも神社という特性を活かし、ミステリの御約束を逆手に取った展開&真相で魅せてくれるのは○。

タグ:

posted at 22:08:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月26日

神社で巻き起こる問題の数々を参拝者の前以外では笑わない美少女巫女が解決する連作ミステリシリーズの三作目。個々の短編としてみると出来には些か不満があり、一編目は隠してないレベルでバレバレだし、続く二編目三編目では安直とも言える○○ネタ二連発でさすがにいかがなものかと思ってしまう。

タグ:

posted at 22:07:29

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月26日

天祢涼「境内ではお静かに 神盗みの事件帖」読了。源神社で働きながら巫女の雫と共に様々な事件を解決してきた壮馬は遂に雫に想いを告白することを決意する。だがその雫は突然人気アイドルのカレシを連れてきて、壮馬はショックを隠せない。更に源神社の御神体が完全密室の神棚から盗まれてしまい――。

タグ:

posted at 22:06:44

2021年05月25日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月25日

次点は白井流異世界転生物の「げろがげり、げりがげろ」で主人公が転生した先が口と肛門の役割が逆転した世界だったと言えばタイトルの意味にも納得がいくと思う。そしてこのトンデモ設定とミステリ的仕掛けを結び付けてしまう豪腕もさることながら涙ぐましい努力の跡に思わずほっこりする作品である。

タグ:

posted at 19:51:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月25日

中でも特に際立っているのが「ディティクティブ・オーバードーズ」で「そして誰もいなくなった」的展開を経てタイトル通りオーバードーズした探偵たちの妄想推理から犯人を突き止める趣向が非常に面白い。加えて収録作中唯一グロがないのでそれ系が苦手な人にも安心して勧められる一作と言えるだろう。

タグ:

posted at 19:50:52

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月25日

表紙や収録作の内容から「少女を殺す100の方法」を彷彿とさせるミステリ短編集。収録された五編はいずれも本格ミステリながらウップオエップなグロ満載で間違いなく人を選ぶものの、だからといって手に取らないのは勿体ないと思うくらい斬新な仕掛けが凝らされたものも幾つか見受けられる。

タグ:

posted at 19:50:25

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月25日

白井智之「ミステリー・オーバードーズ」読了。消えたグルメ探偵、AVの撮影現場で殺人事件に遭遇した直後の異世界転生、浚われた隣人の行方、フナムシ食い王決定戦の最中に起きた毒殺事件、麻薬を盛られた探偵たちの妄想としか思えない推理を手がかりにした犯人探し……奇想天外な設定の五編収録。

タグ:

posted at 19:50:07

2021年05月24日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月24日

しかしながら犯人探し以外の謎を次々と出して読者の興味を惹き付ける物語の展開自体は悪くはないし何よりヒロインのゾンビ設定をきちんと回収しつつ少女小説らしいキュートなシチュエーションへと繋げた点は○。あくまで少し変わったミステリ風恋愛ファンタジーとして読んだ方が楽しめる作品である。

タグ:

posted at 21:35:03

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月24日

何者かに殺された令嬢がゾンビとなって蘇り自身を殺害した犯人探しに乗り出すミステリアスファンタジー。ちなみに本作の帯には「英国風ロマンティック・ミステリー」とあるけれど正直犯人探しという趣向には全く意味はなく、それどころかミステリとして本作を読むと間違いなく肩透かしを覚えるだろう。

タグ:

posted at 21:34:45

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月24日

渡海奈穂「伯爵令嬢ですがゾンビになったので婚約破棄されました」読了。令嬢エディスは何者かに殺されたはずだった。だがなぜか生ける屍として蘇った彼女は自身を殺害した犯人を探し出そうと決意する。そんな時、エディスを見た元婚約者のウィルフレッドが「なぜお前が生きている」と告げてきて――。

タグ:

posted at 21:34:21

2021年05月21日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月21日

特に驚いたのはあるミステリ的仕掛けを凝らした世界観に関わる秘密であり今後のシリーズ化を想定した壮大な前振りとしては申し分ない。とはいえ細かく見れば描写や伏線に物足りなさを覚える部分もなくはないが良い意味で可能性を感じさせてくれる作品であり個人的には是非ともシリーズ化を期待したい。

タグ:

posted at 19:28:30

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月21日

特筆すべきは闇堕ちイベントを回避しようとする主人公の前にフーダニットやハウダニット、ホワイダニットなどの様々な謎が立ち塞がり、その都度主人公が推理して突破口を見付けるというのが基本的な流れとなっており、些か粗削りなところはあるが時に大胆な伏線を盛り込んであっと驚かせてくれる。

タグ:

posted at 19:28:06

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月21日

未来を予言する魔本を手に入れた主人公が将来人類を滅ぼすことになるヒロインの契機となった闇堕ちイベントを回避しようとするファンタジーミステリ。なお人類を滅ぼす可能性のある人物は百人近く存在し、その中から本作では二人のヒロインを取り上げているため二編の中編集のような構成となっている。

タグ:

posted at 19:27:34

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月21日

上川景「闇堕ちヒロインを幸せにする計画~魔本使いの少年と予言《首切り姫の絶望》否定~」読了。少年リオが手にしたのは未来を告げる魔本。そこに記されていたのは皇女シャルナにこれから降りかかる悲劇と悪しき《首切り姫》への変貌という絶望の未来で――予言の力を以て少女の悲劇を打破せよ!

タグ:

posted at 19:27:18

2021年05月20日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月20日

だが本作最大のサプライズは本編よりもむしろ次回予告を兼ねたNEXT MISSIONの方で、まさかあの物語の後にこうくるとは思わなかった。面白い展開のためならどんな手も辞さないという作者のスタンスをありありと見せつけられると共にフーダニット興味を煽る次の趣向にはミステリ的にも大いに期待したい。

タグ:

posted at 14:45:22

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月20日

一応今回もミステリ要素はあるものの、これまでのように策謀に直接関わってくるものではないので人によってはやや物足りなさを覚えるかもしれない。しかしながらチーム『灯』の結束力を高めるという意味では効果的であると同時に、エルナというキャラの特異性を充分際立たせている。

タグ:

posted at 14:44:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月20日

少女たちのスパイチーム『灯』の活躍を描く長編シリーズの五作目。これまでは数々の不可能ミッションにチーム『灯』が挑むというのが主な内容だったが、本作では一転『灯』のボス・クラウスを巡り養成学校の落ちこぼれチーム『灯』と優等生チーム『鳳』が対決するという割りとベタな内容となっている。

タグ:

posted at 14:44:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月20日

竹町「スパイ教室05 《愚人》のエルナ」読了。全スパイ養成学校のトップ6で編成された機関『鳳』はボス不在という問題を抱えていた。そこで目をつけたのは凄腕のスパイでチーム『灯』のボス・クラウスだった。チーム『灯』に崩壊の危機が訪れる……!

タグ:

posted at 14:43:47

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月20日

次点は倒叙ミステリの表題作で、恐ろしい運命の悪戯を描きつつもそれに抗おうとしてしまう人間の業が実に強烈。その他、避難所での将棋大会で目にした不可解な手の意味に迫る「弱い者」も将棋の対局というシチュエーションが絶妙な盲点となって、ある社会的問題を際立たせるようになっている点が○。

タグ:

posted at 00:31:55

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月20日

収録作はどれもクオリティーが高いがベストを挙げるなら詰将棋の不完全作に隠されたある法則性を探る「ミイラ」で、異形の論理で読み解く暗号物としても秀逸ながら、謎が解けることにより浮き彫りになる悲痛な思いをどう受け止めるかが小説としての一番の読みどころとなっている。

タグ:

posted at 00:31:28

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月20日

全五編の将棋ミステリ短編集。収録作はいずれも将棋を題材にしつつも将棋の対局から駒師の話までシチュエーションは様々であり、更にミステリとしてみてもホワイダニットや倒叙ミステリ、暗号物に日常の謎などバリエーションに富んだ趣向でじっくりと読ませてくれる。

タグ:

posted at 00:30:55

麻里邑圭人 @mysteryEQ

5月20日

芦沢央「神の悪手」読了。避難所での将棋大会で目にした不可解な手、追い詰められた男の将棋人生を賭けたアリバイ作り、謎めいた詰将棋の不完全作、認識障害を負った棋士が見る世界、一度は選ばれた駒が否定された理由……将棋に魅了された者たちの苛烈な運命を描いた五編を収録。

タグ:

posted at 00:30:12

«< 前のページ12のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました