麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,762/9,324
  • フォロー 1,007 フォロワー 1,517 ツイート 86,970
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
«< 前のページ123のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2021年09月13日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

9月13日

「アクアスラッシュ」観了。何者かが仕掛けた殺人スライダーで地獄絵図と化するプールの話。殺人スライダーの発想自体は面白くバラバラ死体の山を築いていく終盤の展開は秀逸だが問題はそこに辿り着くまでの過程がダルい&つまらないのが難。折角の一発ネタなのだからもっと上手く料理してほしかった。

タグ:

posted at 23:17:22

2021年09月10日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

9月10日

あと模倣犯が本家ジグソウに比べるとどうしようもなくパッとしないので仮に続編があると言われてもあまり観る気にならないのがまたアレ。

タグ:

posted at 21:26:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

9月10日

「スパイラル:ソウ オールリセット」の何がダメかって色々あるけれど中でも酷いものを挙げろと言われたら観ている方にはバレバレなのに劇中ではなぜかバレない(あんなに杜撰なのに!)模倣犯の正体と大した伏線も張ってないくせにラストでここぞとばかりに伏線を強調する興醒めっぷりになると思う。

タグ:

posted at 21:22:52

麻里邑圭人 @mysteryEQ

9月10日

「スパイラル:ソウ オールリセット」観了。ジグソウの模倣犯による連続警官殺しの謎。ソウらしいギミックとゴア描写は○だが模倣犯の正体に関してはある程度のミステリ読みならバレバレだろう(というか鑑識でバレると思う)。一応続編が作れる終わり方をしているものの、うーん……。

タグ:

posted at 13:23:10

2021年09月08日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

9月8日

「ザ・ハント」観了。セレブの人間狩りに一人のイレギュラーが混ざったことによる痛快な番狂わせ。あらゆる方面に喧嘩を売るのはいいがそれによりテンポのいいB級展開に若干もたつきが生じている感があるのが気になる。とはいえ終盤のキャットファイトはキル・ビルVol.2の某バトルっぽさがあって○。

タグ:

posted at 23:06:11

2021年09月06日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

9月6日

「墓地裏の家」再観了。意外にも前に観た時よりも楽しめた。とはいえ引っ越した家の地下に人外の殺人鬼がいたといういたって単純な話であるにも拘わらず所々で矛盾や超展開が発生し更に結末も意味不明なのはさすがにどうかと思わなくはない(あと全盛期の他の作品に比べてこじんまりしているのも難)。

タグ:

posted at 00:30:43

2021年09月03日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

9月3日

しかしながら問題はその後で、長らく平和な世界を築けていた理由について説明されればされるほど、そんなに単純にはいかないだろうと釈然としないものを感じてしまうのが難。結果的に良いところと悪いところが際立ってしまい、何とも言えないモヤモヤ感が残る作品である。

タグ:

posted at 17:18:47

麻里邑圭人 @mysteryEQ

9月3日

ディストピアSFを思わせる世界観の長編ミステリ。本作のメインとなる謎は主に連続死事件を引き起こすものの正体とこの世界に隠された秘密であり、その二つの謎があるシンプルな一発ネタにより明かされる構造自体はいい。

タグ:

posted at 17:18:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

9月3日

周木律「楽園のアダム」読了。大厄災により人類は1%未満まで減少、地球上の殆どが不浄の土地となった。生き残った人々は僅かに残った土地で人工知能カーネにより生活を制御され殺人とは無縁の平和な世界を築いていた。だがそんな世界にあるものが持ち込まれたのを機に謎の連続死が起こり始めて――。

タグ:

posted at 17:17:23

麻里邑圭人 @mysteryEQ

9月3日

どちらかというと事件にどう湯川が関わっているかという点が見所なのだろうが、それが明かされたところで「はあ、そうですか」以上のものがないため、総じてシリーズ中最も微妙な出来と言わざるを得ない作品である。

タグ:

posted at 17:16:44

麻里邑圭人 @mysteryEQ

9月3日

物理学者の湯川学が探偵役を務めるガリレオシリーズの長編。事件自体はこれまでのシリーズの中で最もありきたりなものであり、一応捻りは入れているものの本当にちょっとした捻りであり、評価が変わるほどでもないのが難。

タグ:

posted at 17:16:28

麻里邑圭人 @mysteryEQ

9月3日

東野圭吾「透明な螺旋」読了。房総沖で男性の銃殺遺体が見つかった。失踪した恋人の行方をたどると、関係者として天才物理学者の名が浮上した。警視庁の刑事・草薙は、横須賀の両親のもとで過ごす湯川学を訪ねる。愛する人を守ることは罪なのか――ガリレオシリーズ最大の秘密が明かされる。

タグ:

posted at 17:16:11

«< 前のページ123のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました