麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 9,314/9,877
  • フォロー 1,014 フォロワー 1,577 ツイート 89,345
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2022年01月
«< 前のページ12のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2022年01月04日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月4日

大山誠一郎「記憶の中の誘拐」読了。未解決事件などの捜査書類を収蔵する〈赤い博物館〉館長の冴子。ある日26年前に起きた奇妙な誘拐事件について相談される表題作ほか、あの人に会いたという動機で放火を繰り返す犯人「連火」、十個の部位にバラバラにされた死体の謎「死を十で割る」など五編収録。

タグ:

posted at 21:06:26

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月4日

赤い博物館こと犯罪資料館に勤める緋色冴子が元捜査一課の寺田刑事と共に遺留品から迷宮入り事件の謎を解く連作シリーズの二作目。本作は一編目こそこの作者にしては普通すぎてやや肩透かしを覚えるものの徐々にブーストがかかってきて個人的な印象では三編目からが作者の本領発揮と言えるだろう。

タグ:

posted at 21:06:48

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月4日

その三編目「死を十で割る」は死体をバラバラにしたホワイダニットが巧く犯人当てに繋がる点もさることながら犯人の心情を浮き彫りにするある奇想が○。続く四編目「孤独な容疑者」は倒叙形式で堅実なロジックにより犯人が追い詰められる課程が見所と思いきや意外な所からくるサプライズが実に効果的。

タグ:

posted at 21:07:11

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月4日

そしてトリを飾る表題作では作者がしばしば用いる偶然が自然な形で活かされており事件の構図が明かされると共に「死を十で割る」同様浮き彫りになる犯人の心情がいい。また前作で目についたご都合主義や不自然さがだいぶ解消されているのも好印象で、前作が合わなかった人にもお勧めできる佳作である。

タグ:

posted at 21:07:51

2022年01月09日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月9日

有栖川有栖「捜査線上の夕映え」読了。大阪のマンションの一室で男が鈍器で殴り殺されトランク詰めにされた状態で発見された。容疑者が浮上するもアリバイや有り得ない指紋の謎が立ち塞がる。「俺が名探偵の役目を果たせるかどうか、今回は怪しい」火村を追い詰めた不気味なジョーカーの存在とは?

タグ:

posted at 15:37:30

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月9日

臨床犯罪学者・火村英生シリーズ誕生30年目という節目にあたる長編ミステリ。本作の冒頭で作者はまず昨今流行りの特殊設定ミステリについて触れた上で自分の好みは〈ミステリはこの世にあるものだけで書かれたファンタジー〉と語っているが確かにその主張は有栖川作品の読者であれば充分頷けるだろう。

タグ:

posted at 15:37:48

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月9日

そして本作もまた徹底したリアリティのある事件を描きつつ途中からファンタジーとまで言わないまでも小説らしい拡がりを見せる。尤もこれに関しては本作のトリックだけ抜き出すと怒り出す読者が少なからずいるため、そのトリックに説得力を与えるべく物語でフォローしたとの見方もできるかもしれない。

タグ:

posted at 15:39:01

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月9日

故にある意味本作は作者の物語構成力を活かしてかなりの力業で仕上げた作品と言えるだろう。その一方で有栖川ファンにはお馴染みのある人物の過去が事件と密接に関わっており、そういった点でもファンであれば見逃せない作品である。

タグ:

posted at 15:39:15

2022年01月10日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月10日

方丈貴恵「名探偵に甘美なる死を」読了。ゲーム会社・メガロドンソフトからVRミステリゲームのイベント監修を請け負った加茂冬馬。会場であるメガロドン荘に集ったのは八名の素人探偵。だがイベントは一転、殺戮ゲームに変貌。生き延びるためにはVR空間と現実世界で起きる殺人事件を解明するしかない!

タグ:

posted at 13:12:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月10日

問題作あるいは壮大な失敗作。本作は冒頭から昨今の冷えきったVRゲーム事情とは裏腹にやたらとVRに対し夢を見すぎな設定が開示されるのだが、この夢を見すぎというのがかなり問題で、そのせいでVR空間における事件の真相及び全体の構図が悪い意味で何でもありだなと感じてしまった。

タグ:

posted at 13:16:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月10日

個人的にはミステリは絵空事でも大いに構わないと思っているのだけれど、それにしても本作に関して言えば説得力に欠けるレベルでやり過ぎており、下手にリアリティーを取り入れようとしているのがむしろ逆効果になってしまっている感すらある。

タグ:

posted at 13:16:23

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月10日

ただでさえVRを扱ったミステリは地雷率が高い印象があるが本作もまた残念ながらその例外にはなれなかったと言わざるを得ない。とはいえ現実世界で起きる殺人事件の一部の真相や捨て推理には見るべき所もあるので、あくまでメインに関しては壮大なホラ話と割り切って読めば楽しめるかもしれない。

タグ:

posted at 13:16:58

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月10日

「降霊会―血塗られた女子寮―」観了。降霊会に参加した女子高生達を襲う惨劇。スプラッターホラーにしては何か物足りないなと思っていたらむしろ本番は真相が明らかになった後というのが珍しい。とはいえ全体的には薄味でどこがお勧めとは言いづらいのが難(あと登場する女子高生役の年齢いき過ぎ問題)

タグ:

posted at 23:47:27

2022年01月14日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月14日

霜月信二郎「霜月信二郎探偵小説選」読了。殺人事件に巻き込まれ陶芸家の許に逃げ込んだ女が無実を証明しようとするも関係者が次々と殺されていく第二回〈幻影城〉新人賞佳作受賞作「炎の結晶」から新作「消えた密室」までの短編全14編の他、書き下ろしエッセイ「幻影城・影の会の思い出」を収録。

タグ:

posted at 20:27:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月14日

探偵小説専門誌『幻影城』でデビューした作者の初単行本。収録された14編のうちノンシリーズ物の二編と、美人女子大生が探偵役を務める〈女探偵 白川エミの事件簿〉シリーズの全12話中四話までが『幻影城』に掲載された分で、残りは全て近年になって作者が電子書籍で発表したものになる。

タグ:

posted at 20:27:55

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月14日

興味深いのはノンシリーズ物と〈女探偵 白川エミの事件簿〉シリーズでは全く作風が異なる点であり、例えるなら前者がロマン溢れる笹沢左保とするなら、後者は赤川次郎の幽霊シリーズを彷彿とさせる探偵役設定でカジタツが書いた(!)みたいな感じだろうか(故に後者のノリはかなり人を選ぶ)。

タグ:

posted at 20:28:14

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月14日

ベストを挙げるなら白川エミ物の第一話「密室のショパン」で、密室の謎に目がいきがちだがどちらかというとタイトルにもなっているショパンを巧く活かしつつ絵的に非常に映えるアリバイトリックが秀逸で、かつて鮎川哲也が褒めただけのことはある。

タグ:

posted at 20:28:38

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月14日

次点は作者のデビュー作「炎の結晶」で解説でも触れられている通り無駄な要素、説明不足な点が多々目立つものの最後に明かされるホワイダニットが強烈で、それまで描かれていた男女の関係とある人物の設定が結び付くことで生まれる切実な人間ドラマが何とも忘れ難い印象を残す。

タグ:

posted at 20:28:59

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月14日

なお本作で読む価値があるのは『幻影城』に掲載された分のみで、近年の作品は全て精彩に欠けるばかりかデビュー作の欠点である説明不足が更にひどくなっていて正直読むのがつらいと言わざるを得ない。個人的には『幻影城』掲載分とエッセイのみで纏めた方がまだ良かったのではないかと思ってしまった。

タグ:

posted at 20:29:33

2022年01月18日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月18日

丸深まろやか「天使は炭酸しか飲まない」読了。顔に触れた人間の意中の相手が分かる能力を持った俺・明石伊緒はその能力を活かし告白できない人間の背中を押す天使として暗躍していた。そんなある日、俺は恋多き乙女・柚月湊の異常な惚れ癖を治すため彼女が好きになる人間の法則性を探ることになる。

タグ:

posted at 18:12:08

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月18日

主人公の持つ、顔に触れた人間の好きな相手が分かるという能力が目を惹く特殊設定青春物。そんな主人公が異常な惚れ癖に悩まされているヒロインから相談され、彼女が好きになる人間の法則性に迫っていく過程はミステリとしても楽しむことができるだろう。

タグ:

posted at 18:13:06

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月18日

そしてそれをきっかけに主人公とヒロインの隠されていた過去が明らかになっていく点、更に燻っていた火種から起こるヒロインのピンチに対し主人公のもう一つの顔を伏線として活かすことで、ちょっとしたコンゲーム風に物語を纏め上げた点は実にそつがなく炭酸を飲んだ後のような清涼感を齎してくれる。

タグ:

posted at 18:22:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月18日

強いて不満を挙げるとするなら展開にあまり意外性がないところだが、この設定ならではの青春物を提示できた時点で作品の評価はさほど揺るがないだろう。本作はミステリ要素のある、少し不思議な青春小説の快作である。

タグ:

posted at 18:22:25

2022年01月23日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月23日

「犯されたお嬢様/女子寮を襲う聖夜の殺人鬼」観了。女子寮を襲うサンタクロース姿の殺人鬼の話。内容とは全く関係ない邦題はさておき展開は正統派スラッシャーでやや冗長に感じるきらいはあるが殺人描写や死体の演出はツボを押さえてるし何よりサンタのイメージを逆手に取った二段構えの真相は○。

タグ:

posted at 23:25:12

2022年01月25日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月25日

細音啓「神は遊戯に飢えている。4」読了。世界規模の帰還困難者が多数発生している迷宮ゲーム。完全攻略のためにはラスボスの撃破が必要にも拘わらず、このダンジョンのラスボスであるはずの神は既に死んだ状態。一見、手詰まりとなった攻略の中、フェイとレーシェたちは完全攻略へと突き進む。

タグ:

posted at 04:32:57

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月25日

神々が考案した様々なゲームに挑むファンタジー頭脳戦シリーズの四作目。前作から始まった恐るべきクソゲーもといバグゲーである迷宮ゲームの攻略が今回のメインだが攻略の方向性に関してはさして意外性はなく、どちらかというとそのために設定された条件をどうクリアしていくかが読み所となっている。

タグ:

posted at 04:33:17

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月25日

とはいえ、その過程はやはりクソゲー感が否めず、いつもの頭脳戦とのギャップが逆に面白い。加えてクソゲーだからこそ新たに加わった無敗ちゃんことウロボロスの無茶苦茶なキャラが引き立っている点も○。その一方でさりげなく盛り込まれた本筋の物語に関わる重大な伏線も見逃せない巻と言えるだろう。

タグ:

posted at 04:33:49

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月25日

メグリくくる「暗殺者は黄昏に笑う 1」読了。かつて医者だった荻野知聡は異世界転生時に「暗殺者」の能力を授けられ、遺体の検視を行う傍ら復讐屋として助手の少女ミルと共に日々を過ごしていた。だがある日、知聡の許に持ち込まれた子供の変死体を機に怪事件が続発。彼もまた巻き込まれることに……。

タグ:

posted at 13:29:56

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月25日

第8回オーバーラップ文庫大賞《金賞》受賞作。本作は一応異世界転生物にカテゴライズされるもののそちらの要素は薄めで(もしかしたら今後のシリーズ展開で変わってくるのかもしれないが)、どちらかと言えば普通にダークな雰囲気のファンタジーミステリとして楽しめる内容になっている。

タグ:

posted at 13:30:15

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月25日

なお構成としては連作に近く、作中で幾つか起こる無関係と思われた事件が最終的に一つに繋がるという趣向はミステリの定番ではあるものの本作のようなファンタジー作品では割りと珍しいように思う。最終的にどう繋がるかもさることながら個々の事件では墓荒らしの話が設定の意外性もあって出色の出来。

タグ:

posted at 13:30:48

麻里邑圭人 @mysteryEQ

1月25日

ただ一方で事件の結末はダークな作品というのもあってかほとんどが後味が悪く、人によって大いに好みが分かれるところだろう。とはいえ、それを差し引いてもファンタジー設定を活かした事件の見せ方と物語の構成力は充分見るべきものがある良作である。

タグ:

posted at 13:31:02

«< 前のページ12のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました