麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,667/9,229
  • フォロー 1,003 フォロワー 1,509 ツイート 86,261
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2011年04月
«< 前のページ12のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2011年04月01日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月1日

高野和明「ジェノサイド」読了。創薬化学を専攻する大学院生・研人の許に死んだ父からのメールが届く。一方、傭兵・イエーガーは不治の病に苦しむ息子の治療費を得るため、コンゴ潜入の任務を引き受ける。二人の人生が交錯する時、人類の存亡に関わる驚愕の真実が明らかになる――。

タグ:

posted at 19:00:35

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月1日

一見、無関係と思われた二つの物語が繋がる時、驚愕のラストが……というのは割とよくある構成だが、本作の場合、そこからが本番となる。真実が明らかになった瞬間、「13階段」や「グレイヴディッガー」などで作者が得意としてきたタイムリミットサスペンス(それもスケールの大きな)が幕を開ける。

タグ:

posted at 19:03:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月1日

それまでの展開は助走だったとばかりに急加速する物語にいやがおうでも盛り上がっていく。加えて、ある意味コンゲーム的とも言える要素アリ、そして終盤にはミステリ作家らしいサプライズも用意されている本作は至れり尽くせりの傑作エンターテイメントである。

タグ:

posted at 19:05:17

2011年04月02日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月2日

田代裕彦「平井骸惚此中ニ有リ 其伍」読了。傑作。年間ベスト級と言ってもいいだろう。二つの離れた場所で発生した二件の首斬り殺人事件。それに挑む二人の探偵役。以前、自分はこの作家のことを伏線とロジックの人であると書いたが、本作はその完成形である。

タグ:

posted at 21:07:00

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月2日

二人の探偵役の口から語られる、それぞれの事件の真相。そして、その二つの事件が一つに繋がる時、読者が目にするのは論理のアクロバットとそれを支える伏線の妙だ。その構成はあたかも有栖川有栖「双頭の悪魔」を彷彿とさせる。

タグ:

posted at 21:07:39

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月2日

正直ラノベミステリでここまで完成度の高い本格ミステリに出会えるとは思わなかった。というか、これほどの作品が埋もれていることが不思議でならない。本作はシリーズの掉尾を飾るに相応しい作品であると共にラノベ本格の最高峰と言っても差し支えのない作品である。

タグ:

posted at 21:08:58

2011年04月04日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月4日

田代裕彦「赤石沢教室の実験」読了。さあ、教えてくれ。僕に教えてくれ。僕はそのために君を作ったのだ。僕に《死》を教えてくれ――本作をミステリとして見た場合そこまで高度なことをやっているわけではない。むしろこれまで作者がやってきたロジックと伏線に期待すると些か物足りないかもしれない。

タグ:

posted at 20:26:25

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月4日

しかしながら本作を狂気の物語として見た場合、評価はまた違ってくる。「平井骸惚此中ニ有リ 其伍」がミステリとして無駄のない構成だとするならば、本作は《死》に魅入られた一人の芸術家の物語として無駄のない構成なのだ。個人的には本作を読んで野崎まど「[映]アムリタ」に近いものを感じた。

タグ:

posted at 20:27:40

2011年04月07日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月7日

獅子宮敏彦「天命龍綺 大陸の魔宮殿」読了。大国によって侵略された小さな島国・朱論から辛くも脱出した巫女の宝樹らを待ち構えていたのは皇帝の座を巡る陰謀渦巻く大陸の都だった。そこでは皇太后が密室から消え失せ、動く筈のない彫刻の龍が暴君に天罰を下す。全ての答えは龍のみが知っている――。

タグ:

posted at 12:04:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月7日

講談社ノベルスで似たような作風だと他に丸山天寿がいるが、それと比べると本作は全体的に薄いと言わざるを得ない。キャラは没個性だし、ストーリーはありきたり、謎にしても「神国崩壊」の破天荒さに比べると恐ろしく物足りない。

タグ:

posted at 12:05:58

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月7日

唯一、最後に明かされる消失トリックに関してはそこそこ面白かったものの、それでも全体の評価を覆すほどのものではない。例えるならば「神国崩壊」の短編を無理やり長編に引き延ばした感じとでも言おうか。これだったらまだ短編にした方が良かったと思う。

タグ:

posted at 12:08:04

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月7日

樹林伸「クラウド」読了。社内不倫がこじれ出社拒否に陥っていたつぐみは何気なく始めたツイッターで一人(かずと)と名乗る男と出会う。一人と親しくなる一方でつぐみは元恋人のストーカー被害に悩まされるがそんな彼女にある時一人がこう告げる。「もう大丈夫だよつぐみ。長瀬はもう二度と現れない」

タグ:

posted at 16:28:39

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月7日

一言で言うならば、三秒で考えたような作品。ツイッターが舞台のミステリ、しかも書いたのが金田一少年の原作者と言うことで何かしらの仕掛けがあるのかと思って読んでみたら、仕掛けどころか内容自体があまりにもスカスカでびっくりした。

タグ:

posted at 16:30:07

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月7日

オチに関して言えばツイッターをそれなりにやってる人間であれば真っ先にその可能性に思い当たってもおかしくはないだろう。「ツイッターが舞台だからと言ってもまさかこんなオチじゃないよね」と苦笑しながら読み進めたら正にそのオチがきて呆然となること必至。本作は違う意味でやられる作品である。

タグ:

posted at 16:31:24

2011年04月08日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月8日

間宮夏生「変愛サイケデリック」読了。「ストレンジサイケデリコ」という異名を持つ千光高校きっての変人、彩家亭理子にとって最も興味があるのは人間観察であり人間考察である。そんな彼女が研究対象として目をつけたのは春になると飛び降り自殺を試みる「死にたがりの宇宙人」こと神宇知悠仁だった。

タグ:

posted at 18:30:40

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月8日

前作「月光」が直球だとするならば、本作は差し詰め変化球と言ったところだろう。前作同様、血生臭さが絡むエキセントリックな恋愛劇というのが本作に対する一般的な認識だと思うが、一方で良質なミステリ作品として読むことも可能だと自分は考える。

タグ:

posted at 18:31:45

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月8日

メインの事件の顛末もさることながら、本筋とは別に仕掛けられた幾つかのサプライズにはそこはかとないミステリセンスが感じられる。「変愛」をテーマにした物語としての完成度も高く、個人的には「変愛」ならぬ「偏愛」したい作品である。

タグ:

posted at 18:32:51

2011年04月11日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月11日

湯川薫「虚数の眼」読了。事の始まりは新橋駅付近のおもちゃ屋で起こった殺人事件だった。黒猫の縫いぐるみの中に隠された少年の死体は何故か微笑んだ顔と紅い目していた。それから数日後、警視庁の木田警視の許に「ツァラトゥストラ二世」と名乗る人物から被害者の画像付きの殺人予告メールが届く。

タグ:

posted at 00:29:13

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月11日

これは酷い。前作「ディオニシオスの耳」も多少読者を置き去りにするところはあったが、本作はそれどころの話ではない。読者を置き去りにしたまま最後まで突っ走ってしまった。しかも本作がある意味凄いのは読んでいて、ちっともミステリという感じがしないことだ。

タグ:

posted at 00:30:18

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月11日

何と言うか全体的に散漫な印象で、意図してミステリ的な展開を避けていると言うのではなく、根本的にこの作者はミステリというものが分かっていないのだと思う。その証拠に本作は四人も人が殺され、あまつさえ誘拐事件まで起こるのにびっくりする程、盛り上がらない。

タグ:

posted at 00:31:30

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月11日

故に解決編に入っても「ふーん」の一言で終わってしまう。というか正直な話、どこで驚けばいいのか全く分からなかった。本作について都筑道夫氏は「二十一世紀の虫太郎というべきか。華やかな新人の登場である」との推薦文を寄せているが、華やかな要素なんてあったかどうかは激しく疑問である。

タグ:

posted at 00:32:22

2011年04月12日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月12日

湯川薫「イフからの手紙」読了。レッカー移動が縁で親しくなった男、車大吉とデートをすることになった葵。だが、そのデートの当日に大吉は何者かに襲われ、葵の目の前で崖から突き落とされてしまう。それから暫くして気を失っていた葵が目を覚ますと、大吉の姿は煙のように消え失せていた……。

タグ:

posted at 22:46:18

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月12日

まず最初に驚いたのは本作が三作目にして初めて徹頭徹尾ミステリらしい展開をしていることだ。古くからの因習が残る村。連続する神隠し。幽霊列車に連れ去られた老人。消える沼等々その内容はまるで別人が書いたとしか思えない変わり様である。これも全ては関大ミステリー研のアドバイスの賜物だろう。

タグ:

posted at 22:47:16

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月12日

とはいえ本作で完全に化けたのかと言うと正直微妙ではある。所々雑な展開や意外性の全くない真相、トリックがまんま某古典の焼き直しに過ぎない点等々、欠点を挙げたらキリがないが少なくとも本作はこれまでと違って一度も読者を置き去りにしたりはしない。それだけでも大きく進歩したと言えるだろう。

タグ:

posted at 22:50:00

2011年04月13日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月13日

湯川薫「漂流密室」読了。三ヶ月前、五人の人間が消えたという屋久島沖に建造された人工浮島「テラ・フロート」へとやって来た湯川幸四郎一行は、何者かによってその内部に閉じ込められてしまう。そして、それを皮切りに一人、また一人と消えていく関係者たち。果たして、犯人の狙いは?

タグ:

posted at 18:12:19

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月13日

前作「イフからの手紙」もそれなりにミステリらしい作品ではあったが本作はそこにサスペンス性も加わりよりミステリらしい作品に仕上がっている。クローズドサークルと化した人工島。姿の見えない犯人による殺人予告。次々と消えていく関係者たち、とその展開は類型的ながらも着実に盛り上がっていく。

タグ:

posted at 18:13:33

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月13日

そして終盤になると「読者への挑戦」まで挿入されるといった凝りように「もしかして今回の湯川薫はやってくれるんじゃないか!」と否応なしに期待が高まる……が、いざ謎解きが始まると「やってくれた」ではなく「やっちゃった」となるのが湯川薫クオリティー(爆)。

タグ:

posted at 18:14:34

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月13日

ちなみにカバー裏の作者のコメントには「(前略)誤解されっぱなしの僕ですが、いつも『街の洋食屋さん』の昔なつかしい味つけを心がけています」とあるが、多分これに対して突っ込んだら負けなのだと思う。見た目は凄く美味しそうなのに、味付けが残念なハンバーグ定食――それが本作である。

タグ:

posted at 18:15:49

2011年04月16日(土)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月16日

一柳凪「リバース・ブラッド1」読了。とある研究所で起きた爆発事故に巻き込まれた巽は、記憶をなくした代わりに人や物の記憶を読み取る能力を手に入れていた。その一方で巷では内蔵が抜き取られたかのような奇妙な死体が相次いで見付かっていた。そんなある日、巽は一人の謎めいた少女と出会う。

タグ:

posted at 18:00:08

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月16日

あとがきで作者は王道の学園(異能)バトルものを目指したと語っているが、お世辞にもそれが成功しているとは言い難い。というのも本作には編集側の意向なのか前作にはなかったラッキースケベがふんだんに盛り込まれているが、それに頁を割きすぎて本来説明すべきものがおざなりになってしまっている。

タグ:

posted at 18:01:31

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月16日

また作者が言う「ささやかな(ミステリ的な)仕掛け」にしても「ささやか」どころか取って付けた感が否めない。正直、前作が良かっただけに、この出来には残念と言わざるを得ない。

タグ:

posted at 18:02:23

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月16日

澤木喬「いざ言問はむ都鳥」読了。沢木敬、分類学者。趣味はバイオリン。植物学科の助手を務め、学生の指導や論文執筆、フィールドワークに明け暮れる。そんな彼が遭遇した四つの日常の謎を収録した連作短編集である本作は、昨今のヌルイ日常の謎とは一線を画するような論理と飛躍に満ちている。

タグ:

posted at 18:36:10

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月16日

それが最もよく表れているのは第二話「ゆく水にかずかくよりもはかなきは」だろう。人気のない切符売り場でひたすら子供用の切符を買い続ける男の謎を扱ったこの短編の着地点を予想できる人はそうそういないに違いない。

タグ:

posted at 18:37:39

麻里邑圭人 @mysteryEQ

11年4月16日

謎と真相のとんでもない結び付きこそ自分の求める日常の謎であると固く信じて疑わない人にとって、本作は打ってつけなミステリ短編集と言えると思う。また、のんびりとした語り口とは裏腹に真相が黒いのも個人的にはポイント高し。

タグ:

posted at 18:38:34

«< 前のページ12のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました