麻里邑圭人

@mysteryEQ

  • いいね数 8,762/9,324
  • フォロー 1,007 フォロワー 1,517 ツイート 86,970
  • 現在地 涅槃
  • 自己紹介 ミステリ初心者。非実在探偵小説研究会所属。 【好きな作家】飛鳥部勝則/梶龍雄/殊能将之/早坂吝/麻耶雄嵩 【好きな作品】「カルロッツァの翼」「殉教カテリナ車輪」「竹馬男の犯罪」「翼ある闇」「魍魎の匣」 【好きな映画】「キルビルVol.1」「サスペリア」「サンタ・サングレ/聖なる血」「ダークナイト」「リベリオン」
Favolog ホーム » @mysteryEQ » 2016年05月
«< 前のページ123のページ >»
並び順 : 新→古 | 古→新

2016年05月30日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月30日

一方、大井三重子名義の童話はミステリよりも自由な発想の作品が多く、中にはSF設定のもの(「めもあある美術館」)や皮肉のきいたもの(「ふしぎな ひしゃく」)のもあってなかなか楽しめた。

タグ:

posted at 21:18:13

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月30日

作者のジュブナイルミステリなどを集めた作品集の第三弾。表題作は「仁木悦子少年小説コレクション2」に収録されている「口笛たんてい局」と大まかな内容は変わらないながらも「口笛たんてい局」以上に一筋縄ではいかない展開が随所に用意されており、一層盛り上がる構成になっている点は○。

タグ:

posted at 21:17:50

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月30日

仁木悦子「仁木悦子少年小説コレクション3 タワーの下の子どもたち」読了。担任の山北先生が謎の失踪を遂げた。先生が何らかの事件に巻き込まれたらしいことを知ったなかよし六人組はそれぞれの特徴を活かして先生の行方を追う――表題作ほか、大井三重子名義の童話や随筆を併せて収録。

タグ:

posted at 21:17:37

2016年05月29日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月29日

その他では「石岡先生、ロング・ロング・インタヴュー」で、石岡君の口から語られるコナン・ドイルの話が興味深かった。あと個人的には「伊根の龍神」事件が忘れられてなくて良かったが、それ以上に「エンゼル・フライト」事件はまだですか?←

タグ:

posted at 13:49:25

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月29日

「星籠の海」以降、海外に旅立った名探偵・御手洗潔の知られざる一面に触れる非ミステリ短編七編を収録。基本的にはファン向けの短編ばかりだがその中でも御手洗潔の父の物語を描いた「天使の名前」は壮絶な戦争小説として強烈な印象を残す(何気に「御手洗潔、その時代の幻」から繋げる構成が巧い)。

タグ:

posted at 13:49:10

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月29日

島田荘司「御手洗潔の追憶」読了。ちょっとヘルシンキへ行くので留守を頼む――そんな置き手紙を残し日本を去った御手洗潔はその後、何を考え、どこで暮らし、どんな事件に遭遇していたのか。活躍の場を世界へと広げた御手洗の足跡を辿り、追憶の中で名探偵に触れる、番外作品集。

タグ:

posted at 13:48:41

2016年05月27日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月27日

唯一評価できるとするならば選評でも語られている動機部分だが、それにしても推理できる材料が少ない上に、分かってくるのがかなり後半になってからなので、どうしても仕掛けを成立させるためのこじつけ感が否めない。どちらかと言えば深くは考えずに読んだ方が楽しめるかもしれない。

タグ:

posted at 10:29:41

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月27日

第三回島田荘司推理小説賞受賞作。本作は二つの視点で物語が進む構成となっているが、ミステリを読み慣れた人であれば早い段階で仕掛けに気付くだろうし、密室トリックの方も古典的であまり目新しさは感じられない。

タグ:

posted at 10:29:19

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月27日

胡傑「ぼくは漫画大王」読了。家出していた妻が自宅に戻ると夫が殺され、息子の健ちゃんは密室に閉じ込められていた――ライバルの太っ許と漫画大王の座を争う小学生の健ちゃんの奇数章と少年時代のトラウマで鬱々とした人生を送る男の偶数章。二つの視点から語られる物語の果てに待つ真相とは?

タグ:

posted at 10:28:52

2016年05月25日(水)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月25日

正直万人向けとは言い難いが、ここまで付き合ってきたシリーズ読者であれば間違いなく楽しめる、ただならぬ気迫に満ちた力作である。

タグ:

posted at 21:19:33

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月25日

そうして辿り着いた結末は警察小説というより山田風太郎の忍法帖か何かを読まされたような壮絶すぎるものであり読了後、思わず遠い目になってしまった。終わってみれば物語の壮絶さがミステリを大きく上回ってしまった感があるが、個人的には犯人の意外性と動機に凝らされた奇想に大いに唸らされた。

タグ:

posted at 21:19:22

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月25日

おとり捜査官・北見志穂シリーズの五作目にしてシリーズ完結編。本作は序盤の不可能犯罪の連打からも分かるようにシリーズ中最も本格ミステリ色が強い内容となっており、加えて完結編に相応しい主人公が巻き込まれる過酷な運命が圧倒的なリーダビリティとなって読者をぐいぐいと引っ張ってくれる。

タグ:

posted at 21:19:13

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月25日

山田正紀「おとり捜査官5味覚」読了。新宿駅西口地下通路で発見された女の切断死体。大勢の警官が張り込んでいる中で殺された刑事。乗り込んだバスの中でいつしか死体となってバッグに詰め込まれていた謎の女。衆人環視のトンネル内で絞殺された婦人警官……連続する事件の果てに待ち受ける結末とは?

タグ:

posted at 21:18:31

2016年05月24日(火)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月24日

本作の犯人は言うなれば「見えない人」であり、それが犯人の条件が判明した途端、ある伏線によって読者の目に見える形となって浮かび上がってくる過程が実に秀逸。他にも主人公の相棒である袴田刑事に隠された意外な過去が明らかになるなど、シリーズ読者には見逃せない快作である。

タグ:

posted at 22:58:27

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月24日

おとり捜査官・北見志穂シリーズの四作目。毎回このシリーズはサイコ・サスペンスの中に何かしらの本格ミステリ要素を盛り込んでいるが、今回の本格としての見所はフーダニットである(一方、解説の二階堂黎人はホワイダニットと言っているが、本格として見た場合これを分かれというのは無理がある)。

タグ:

posted at 22:57:53

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月24日

山田正紀「おとり捜査官4嗅覚」読了。連続放火事件の捜査現場で、全身のムダ毛を剃られ、日焼け止めクリームを隈無く塗られた女の全裸死体が発見された。傍には何故か被害者を模したユカちゃん人形が……。人形に込められた意味は何か? おとり捜査官・北見志穂が謎の人形連続殺人事件の真相に迫る。

タグ:

posted at 22:57:41

2016年05月23日(月)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月23日

また犯人が誘拐事件を起こした動機を見破るのは不可能に近く不満が残る。とはいえ主人公が真相の一部に気付いたきっかけは良かったし、何より凝りに凝った事件の構図には途中で分かってしまってもなお唸らされる。本作は異色の誘拐ミステリが読みたい人には是非お勧めしたい怪作である。

タグ:

posted at 22:06:18

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月23日

勿論これは本作の仕掛けを成立させるためには必要不可欠なものであり、そういう意味ではよく作り込まれているものの、その反面、本格ミステリと思って読んだ場合、登場人物の少なさと犯人のある行動が目立ちすぎて真相に気付きやすいのが難。

タグ:

posted at 22:05:36

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月23日

本来、誘拐ミステリというと犯人と警察のサスペンスフルな駆け引きを描くことが多いが、本作はそこに「多重人格」という要素を持ち込み、誘拐幻想ミステリとも言うべき酩酊感に満ちた独特の雰囲気を作り出しているのだ。

タグ:

posted at 22:04:39

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月23日

おとり捜査官・北見志穂シリーズの三作目。粗筋からも分かるように本作は「誘拐」をテーマとしているが、そのテーマの扱い方が何とも異様で、一読忘れ難い作品に仕上がっている。

タグ:

posted at 22:04:08

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月23日

山田正紀「おとり捜査官3聴覚」読了。おとり捜査官の北見志穂は凶暴な殺人犯を射殺したことで軽度の神経症に陥っていた。そんな時に生後二週間の新生児を誘拐する事件が発生。しかも犯人は何故か志穂を名指しで身代金の運搬役に命じる。犯人は志穂のいないはずの「双子の妹」なのか?

タグ:

posted at 22:03:39

2016年05月22日(日)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月22日

巻末の選評で選者の島田荘司も語っている通り、本作は21世紀本格の好ましい作例であると共に今年度の本格ミステリとして見逃すことはできない傑作である。

タグ:

posted at 16:08:25

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月22日

ミステリとしてはARゲームアプリ「ジウロパ」の設定を活かしたトリックもさることながら、そのトリックが解かれると同時に完全な死角から現れる犯人の正体が実に圧巻。また主人公を危機的状況に陥れるある物的証拠が絶妙な伏線によって一転、犯人を追い詰める決め手に変貌するのも素晴らしい。

タグ:

posted at 16:07:57

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月22日

そして何より特筆すべきは、よくある粗筋とは裏腹に、島田荘司が提唱する21世紀本格を体現した画期的な仕掛けを擁していることであり、その衝撃は寵物先生「虚擬街頭漂流記」や森博嗣「すべてがFになる」を初めて読んだ時のそれに近いものがある。

タグ:

posted at 16:06:34

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月22日

第8回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作にして今年度のダークホース。本作の粗筋を見て「ソードアート・オンライン」のガンゲイル・オンライン編などを思い出す人もいるかもしれないが本作は最初から本格ミステリを指向した作品であり、それは殺害現場の徹底した密室状況を見ても明らかだ。

タグ:

posted at 16:06:22

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月22日

松本英哉「僕のアバターが斬殺ったのか」読了。高校生の日向朗は仮想空間を現実に投影したARゲームアプリ「ジウロパ」上で切り倒した男が何故か現実世界の密室状況下でも斬殺されていたことを知る。犯人は自分なのか? 朗は高校生探偵・御影雫の力を借りて事件の真相を追う。

タグ:

posted at 16:06:09

2016年05月20日(金)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月20日

しかしながらこの作者ならではの昭和の漫画・アニメ史が活かされた人間ドラマは健在で、事件を通して描かれる恋愛部分には「完全恋愛」の作者らしさを見出だすこともできる。色々問題点はあるが、少なくともシリーズ最終作としての幕引きとしては申し分ない作品である。

タグ:

posted at 10:05:02

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月20日

「アリスの国の殺人」などで知られるバー『蟻巣』の面々が活躍するシリーズの最終作。シリーズの探偵役であった漫画家の那珂一兵をフューチャーし探偵自身の事件を演出している点はいいものの正直本格ミステリとしてみると目新しさは一切なくシリーズ往年の作品に比べるとかなり物足りなさが否めない。

タグ:

posted at 10:04:54

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月20日

辻真先「残照 アリスの国の墓誌」読了。新宿ゴールデン街のバー『蟻巣』。その閉店の日に話題に挙がったのは在りし日の漫画家・那珂一兵が遭遇した二つの事件だった。突如出現した墓石に潰された老婆、密室に血まみれで転がる男女の服毒死体……別れの酒の肴に語り始めた彼らが辿り着いた真相とは?

タグ:

posted at 10:04:27

2016年05月19日(木)

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月19日

ミステリとしてはお勧めしにくいが、人によっては偏愛になるかもしれないタイプの作品である。

タグ:

posted at 23:19:43

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月19日

但しこれはこれで選択としては正しいのかもしれない。正直ミステリとしてみれば、これまでの作者の作品では最も没個性的だが、メッセージ小説に切り替えたことで物語から感じられる作者の実体験がいい意味で共感となって読者の胸に(特に創作経験があるなら尚更)残りやすくなっている。

タグ:

posted at 23:19:32

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月19日

カルチャーセンターを舞台にした連作。全五話構成の本作は内容紹介には青春ミステリと銘打たれているものの、そう言っていいものかはかなり微妙なところだろう。というのも本作でミステリと言えるのは二編目までで、それ以降は悩める人に向けたメッセージ小説となっているからだ。

タグ:

posted at 23:19:08

麻里邑圭人 @mysteryEQ

16年5月19日

円居挽「日曜は憧れの国」読了。母親の言いつけで四谷のカルチャーセンターの講座を受けることになった内気な中学二年生・千鶴はそこで同い年だが性格も学校も違う桃・真紀・公子と出会う。多感な少女たちがカルチャーセンターで遭遇する様々な事件の謎とは?

タグ:

posted at 23:18:40

«< 前のページ123のページ >»
@mysteryEQホーム
スポンサーリンク
▲ページの先頭に戻る
ツイート  タグ  ユーザー

User

» More...

Tag

Recent

Archive

» More...

タグの編集

※タグはスペースで区切ってください

送信中

送信に失敗しました

タグを編集しました